【写真あり】もはや漫画。27歳で亡くなった高杉晋作の生涯が恰好良すぎる【幕末】

幕末の英雄・高杉晋作。意外に知られてないその生涯をまとめてみたのですが、あまりに格好よすぎてまるでリアリティがありません。

まず高杉晋作はこんな人です。

高杉晋作の写真
イケメンですね。サッカー日本代表の本田圭佑にどことなく似ている気がします。

この人、まず決断力と行動力が尋常じゃない。

たとえば、自分は一文も持ってなかったのに、藩の後払いということで、無断で軍艦を購入したことがあります。

スケール感、ハンパない。

長州藩は、身に覚えのない数億円の請求が来たときに絶句したそうです。そんな高杉晋作の生涯をまとめてみました。



ときは幕末

高杉はかの有名な松下村塾で広く学問を修め、将来有望な逸材として、「松下村塾四天王」の一人に数えられます。

さて、この“将来有望”、というのが曲者。

師匠はといえば、「おめーらどこまで狂えるの?俺はやるよ」が信条、衝撃の狂人•吉田松陰です。
吉田松陰の肖像画

黒船来航以来、日本中がピリピリしています。
“将来有望”な高杉は、四天王久坂玄瑞や弟分の伊藤俊輔らとともに、とりあえずイギリス大使館を焼き討ちにしました

久坂玄瑞の写真 高杉晋作(中央)、伊藤博文(右)、山田顕義(左)
四天王のひとり・久坂玄瑞 中央が高杉晋作、右が弟分・伊藤俊輔。

伊藤は高杉の幼なじみで、無茶をするときはたいてい引っ張りまわされ、ひどい目によくあってます。

高杉らのこの破天荒な行動に長州藩は度肝を抜かれます。

が、当の本人はまるで意に介さず、外国をうちはらう必要を説くわけですが、藩としては「晋作待て、落ち着け。今は時期じゃない」となだめる。

すると高杉。

「わかりました、では10年暇をいただきます」と藩に休暇届を出し、勝手に頭を剃り、武士から坊さんになってしまいました

もう完全におかしい。

封建社会なのにジョブチェンジしちゃった。

ドラクエじゃないんだから。そして伝説へ、なんていってる場合じゃない。

時代を先取りしすぎてる。


さて長州藩ですが、けっきょくは「外国をうち払おう!」ということで、今でいう山口県・下関海峡を通る外国船にめったやたらに大砲を浴びせます。

 

するとどうなったか?

 

アメリカとフランスから凄まじい反撃をくらい、
威勢の良かった砲台もわずか4日で占領されました

↓占領された幕末当時の写真。

長州藩の攘夷決行後、フランス海軍に占領された前田砲台

フランス軍に占領された長州藩の砲台(ベアト撮影)

そうなんです。

外国とは圧倒的兵力差があったのです。

長州藩、開戦してみてはじめてそのことに気づきます。途方に暮れた長州藩は、俗世を離れ山ごもりするあの男を呼び寄せます。

 

 

 

高杉晋作です。

藩の危機に、中央に舞い戻った高杉。
彼は、このとき誰も考えていなかった奇想天外な案を藩主にプレゼンしました。

 

「有志の士を募り
一隊を創設し、
名づけて奇兵隊といわん。」

 

有志。

つまり志が有れば、身分に関係なく徴用する。それが武士でなく農民であっても。

奇兵隊の写真
実際の奇兵隊の写真です。服装バラバラ。

厳格な身分制がまだ日本に残っていた時代。

高杉がぶち上げたプランは、あまりに革新的なものでした。彼は23歳ながら、初代総督として奇兵たちを率います。

 

余談ですが、力士のみで構成された力士隊なんてのも出来ました。

※以下は力士隊ではないけど、幕末の力士写真。ま、イメージということで。

幕末の力士
ちなみに高杉晋作、これで少しは落ち着くかと思いきや8か月後には脱藩の罪で牢獄に入ってます。当時、脱藩って死罪すらある重罪なんですけど、この人5回は脱藩しています。(6回という説もあり)

スポンサーリンク



さて、この頃の長州藩はさらにまずい事態に陥ります。

朝廷で我が物顔をしていた長州藩は、

会津藩薩摩藩クーデターで京都追放

池田屋事件新選組に急襲され、松下村塾四天王である吉田稔麿死亡

あまりに悔しいので出禁の皇居に押し寄せて抗議デモ決行

返り討ち。四天王久坂入江など有力人物あらかた死亡

「もう長州藩潰そうぜ」ということで、15万(!)の大幕府軍に攻めよせられる(第一次長州征伐

同タイミングで「いつぞやはよくもやってくれたな」と、外国の連合艦隊にも攻めよせられる

という、電光石火のフルコンボ炸裂で、あっという間に藩滅亡の危機を迎えます。

 

気がつけば、

 
山口県
VS
日本全国・アメリカ・イギリス・フランス・オランダ


 
という、初期ファミコンでもみたことがない無理ゲー状態。完全にバグってるレベルです。しかも、迎え撃つ長州藩は有力人物がほとんど討死した後。

どうにもならなくなった長州藩は最後の望みとして、幽閉されているある男にすべてを託します。

 

 

 

高杉晋作です。

 

4か月の幽閉からとかれた松下村塾最後の四天王は、滅亡寸前の藩を救うためにふたたび立ち上がります。

高杉晋作、この時24歳。

 

高杉は、4カ国連合艦隊との講和使節として全権を任されます。引き連れるは、弟分の伊藤俊輔。伊藤は留学経験があり、通訳として同席します。

諸外国は、莫大な賠償金と日本の領土の一部拝借をもくろみ、手ぐすねをひいて高杉を待ちます。

その交渉の場に降伏の使者として現れた高杉の格好は、烏帽子直垂という威風堂々としたジャパニーズ・トラディショナル・スタイル。

そのあまりの揺るぎなさに各国代表は、「この男は本当に降伏する気があるのか?」と騒然とします。

常識破りだったのは恰好だけでなく、その交渉術も前代未聞のものでした。本題である山口県の彦島租借を要求されて、

高杉が前触れもなく始めたのは
古事記の講釈

 
「そもそも日本国なるは高天原より始まる。」ってな感じで、骨太の日本創世からはじめるもんだから、連合艦隊側は、もうぼう然。
シュールすぎてついてこれない。
ホワッツ・タカマガハラ状態。
けど、やめない。
クニノトコタチノミコトとかイザナギ、イザナミとか、もう訳の分からないことを、目の前のザンギリ頭は延々と続ける。
欧米人お得意の議論とか交渉とかぜんぜん通じない。

 

弟分の伊藤俊輔ですら、連合艦隊との講和の場で延々と古事記をそらんじる高杉に、これは気が狂ってしまったと絶句するわけです。

 

これ、いちおう高杉流の作戦で、日本は創造以来他国に土地を明け渡したことがないよという話なのですが、そういったことよりも、翻訳不可能な古事記講釈を嫌になるほど続けて、交渉自体をうやむやにしてしまおうという考えだったのではないかと。

伊藤によると、高杉は諸条件はのみましたが、彦島の件だけは絶対に引かなかったそうです。

そんな高杉の様子を、連合艦隊側の通訳アーネスト・サトウは後にこう振り返っています。

アーネスト・サトウの写真 「負けたくせに傲然と怒っていて、まるで魔王のようだった」

 

この場面、傑作大河ドラマ『花神』で再現されています。高杉役・中村雅俊と、伊藤役・尾藤イサオの掛け合いがとっても面白いのでぜひ(演説は3:25〜あたりから)



スポンサーリンク



さて、連合艦隊とはなんとか落としどころをみつけました。

次は、VS幕府。

一度は引き下がった幕府ですが、いつまた攻め寄せてくるかわからない。
長州藩内部は、幕府にひたすら恭順しようとする一派が支配。
とにかくこの藩は、藩論がオセロのようにころころ変わるわけです。
連合艦隊講和の立役者である高杉ですら命を狙われ藩外に身を隠します。

藩内では「幕府に対抗せん」という者もいるわけですが、行動を起こす前に粛清されていく。

そもそも状況を変えようにも、恭順派が握る藩兵が2,000人。
クーデターが仮に成功しても、衝突必至の幕府軍が15万人。
これではもう勝負にならない。

 

しかしある男がたったひとりで立ち上がるわけです。

 

 

高杉晋作です。

 

 

彼は、三たび、藩に舞い戻ります。

「我こそはと思う者は集え」と呼びかけ、期限を決め約束の場所でひとり待つ高杉。
ただ、こんな時に共に立ち上がってくれる松下村塾四天王は、もういない。
奇兵隊も自分の手を離れてる。

 

だれもこないかと思われたのですが、この呼びかけにこたえたものがいました。

 

 

 

いつも高杉に振り回されてきた、弟分の伊藤俊輔です。
(中央・高杉晋作、右・伊藤俊輔)
高杉晋作(中央)、伊藤博文(右)、山田顕義(左)

 

 

そして、

 

 

 

 

 

 

力士隊。
幕末の力士

 

ほか、ちらほらと集まったその数、総勢80人ほど…!

 

80人 VS 2000人。
絶望的な状況であることはなんら変わらないのですが、戦いを前に、高杉晋作はこう言い放ったといいます。

 

 

「これよりは 長州男児の腕前お目に懸け申すべく」

 

 

高杉が挙兵した功山寺には、そんな雄々しい姿が銅像となって伝えられています。
高杉晋作、功山寺挙兵の銅像

 

 

この命知らずのクーデターは成功し、高杉は長州藩を倒幕に統一。

 

幕府軍との全面戦争では、前代未聞の戦術を駆使しながらみごと勝利をおさめ、
250年以上続く徳川幕府の権威を地に堕とすことで、一気に日本近代化への扉をこじ開けました。
が、明治という新しい時代がすぐそこまでやってきてるなか、
高杉はこの戦いを最後に病により戦線を離脱。
戊辰戦争に参戦することなく、27歳でこの世を去ります。

 

高杉晋作のあまりにも有名な辞世の句です。

 

おもしろき こともなき世を おもしろく

スポンサーリンク


 

 

最後に。
高杉亡き明治における、おもしろきエピソードを紹介します。

 

高杉晋作が一文も持っていなかったのに、「これいるから」と、無断で購入した軍艦。
名は丙寅丸(へいいんまる)。
丙寅丸(長州藩軍艦)

購入後、この船は実際にどう使われたのか。

 

VS幕府軍。第2次長州征伐。
高杉晋作が海軍総督として率いていたのがまさにこの船で、常識破りの夜間奇襲により、東洋一といわれた幕府艦隊を打ち破ります。
その後、幕末の動乱が終わると、この船は「ヲテント丸」と名前を変え、軍艦ではなく定期貨客船として、明治の世においてもその役割をまっとうしました。

 

もうひとつ。

 

高杉晋作にいつも振り回されていた、幼なじみであり弟分の伊藤俊輔。
たくさんの盟友が幕末で亡くなっていくなか、彼は明治に入っても生き残り、政治家となります。

 

 

後の初代内閣総理大臣・伊藤博文です。

 

伊藤博文(初代内閣総理大臣)

 

伊藤博文は兄貴分である高杉晋作の死後、彼を評してこんな言葉を残しています。

 

動けば雷電の如く 発すれば風雨の如し、
動けば雷電のようで、言葉を発すればまるで風雨のようである。

衆目駭然、敢て正視する者なし。
多くの人はただただ驚き、あえて正視する者すらいない。

これ我が東行高杉君に非ずや
これこそわれらの高杉晋作さんなのである。

スポンサーリンク

幕末のおもしろトリビアを配信中

ブログ村 幕末ランキングへ幕末ブログランキングへ

幕末ブログ 最新記事

【あさが来た】2015年 もっとも人気だった幕末人物は? 303人中ベスト10を発表【花燃ゆ】
2015年は朝ドラと大河ドラマがともに幕末を取り上げました。日本最大の幕末サイト『幕末ガイド』に登録された303名のうち、アクセス順にベスト10を紹介します。
2015-12-31 13:42:00
2015年 幕末の人気記事ランキング! 1位は納得のあの人物
2015年の幕末記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?10位から1位までランキングで紹介します!
2015-12-20 19:47:11
【猫好き浮世絵師】天才・歌川国芳が描いたネコたちがおもしろ可愛い【猫づくし】
いまから150年以上前、江戸時代末期に活躍した歌川国芳という絵師がいました。国芳は類まれなるデザイン力とユニークな発想の持ち主で、美人画や妖怪画など幅広いジャンルの作品を数多く生み出しました。そんな彼が最も好きだったのが"猫"。猫が死んだ時は寺に葬り仏壇まで作ったそうです。そんな歌川国芳が描いた、ユーモアと愛に溢れた"猫浮世絵"の数々をご紹介します!
2015-11-08 14:29:07
【写真あり】現代に通用する明治時代の美人をランキングしてみた!【22位~1位】
いまから約100年前の明治時代。調べてみると、現代にも通用する美人さんがやっぱりいた。幕末専門ブログですが今回は番外編。メジャーな人からマイナーな人まで写真つきでランキング化!
2014-04-26 19:58:25
【写真あり】現代にも通用する幕末イケメンをランキングしてみた【33位~1位】
いまから約150年前の幕末。土方歳三や龍馬らが生きていた時代にもやっぱりイケメンはいた。メジャーどころからマイナーな人物まで写真付きで完全ランキング化!
2014-02-24 02:46:20
【これが130年前!?】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい【月岡芳年】
幕末から明治にかけて活躍した月岡芳年(読み:つきおかよしとし)。彼が晩年に描いた連作 『月百姿』。歴史の有名なシーンと月を絡めたりした作品なのですが、その構図センスと自由自在な表現力はまるで古さを感じさせません。
2013-07-02 08:18:32
【写真で比較】大河ドラマ『八重の桜』のキャストを実物と較べてみた
遂に放送開始された2013年大河ドラマ『八重の桜』。発表されているキャストが斬新だったので慌ててまとめてみました。
2013-01-06 21:11:10
【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】
波の絵で、世界でも非常に有名な葛飾北斎。日本人にとってもあまりに見慣れたあれ以外の北斎作品もまた凄い。特に老人になってからの作品は圧倒されます。あまり知られていない、“波の絵じゃない”北斎の傑作を紹介します。(年齢は数えではなく、現代一般的な満で紹介します)
2012-12-23 09:09:37
【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】
浮世絵といえば、東洲斎写楽や葛飾北斎を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、その後幕末から明治にかけて、いま見ても新しい浮世絵作品がたくさん生まれました。今回はそんなクールな浮世絵作品を紹介します。
2012-12-08 15:29:51
映画『るろうに剣心』続編のキャストを、どこよりも早く予想してみた【志々雄編/十本刀】
幕末明治映画として快進撃を続ける『るろ剣』こと『るろうに剣心』。はやくも続編の期待が高まっています。続編となれば、作中もっとも人気の高い志々雄真実と十本刀が出てくるでしょうから、いちはやくそのキャストを予想してみました。
2012-09-15 08:41:00

あわせて読みたい 戦国・江戸関連記事

【画像あり】好奇心の塊・平賀源内のフリーダム過ぎる生涯とは【発明も芸術も】
江戸関連の記事「エレキテルの人」でおなじみの平賀源内。“天才”とも”奇才”とも評される源内の意外と知られていない波乱万丈の生涯をまとめてみました。
2016/08/13 17:00:00
江戸時代には3種類のお金があった!? 今とは違う意外なお金事情とは【円にも換算】
江戸関連の記事“円”が導入される前の時代、人々はどのようなお金を使っていたのでしょうか?また、当時の食べ物や給料などを円に換算してみました。
2016/08/12 20:40:00
【画像あり】江戸時代の見世物小屋は謎の生物、巨大細工や曲芸など何でもありだった!
江戸関連の記事「見世物小屋」をご存じでしょうか?現代ではアングラなイメージのある見世物ですが、江戸時代には老若男女が楽しむ娯楽の王様でした。謎の生き物から驚きの細工ものまで、江戸時代の見世物をまとめました。
2016/08/11 21:00:00
【画像あり】世界が驚愕した屁合戦絵巻をはじめ、江戸時代の屁事情を徹底紹介【おなら代理人も】
江戸関連の記事江戸時代には、おなら身代わり人や、屁の音で歌舞伎の演目を演じきるおならパフォーマーなど訳のわからない人たちがいた。江戸時代の屁事情はいろんな意味でスゴイことになっていました。
2016/08/10 19:10:00
昔の人は虫歯になったらどうしてた?江戸時代の虫歯治療法が壮絶だった
江戸関連の記事現代では虫歯の治療、予防対策などの向上により虫歯は減少傾向にあるそうです。それでも、放置しておくと最悪の事態を招くこともあるという恐ろしい虫歯。今回は江戸時代の虫歯治療などをまとめてみました。
2016/08/09 16:30:00
義賊・鼠小僧は実在した!2億円以上盗んだ大盗賊の生涯をまとめてみた【お墓も紹介】
江戸関連の記事悪どい大名や商人の屋敷に盗みに入り、盗んだ金は貧乏人に分け与え”義賊”として庶民から喝采を浴びた大泥棒――歌舞伎や講談でおなじみの人気者・鼠小僧ですが、果たしてその正体は?
2016/08/08 19:30:00
【映画で話題】参勤交代の目的や費用とは?学校で教えてくれない参勤交代の裏側
江戸関連の記事大ヒット映画『超高速!参勤交代』の続編が公開され、浅田次郎の人気小説『一路』もNHKでドラマ化されるなど、今、「参勤交代」がちょっとしたブーム!知れば知るほど興味深い参勤交代についてまとめました。
2016/08/07 17:30:00
七夕はそもそも秋のイベント!? 江戸時代の七夕について由来や食べ物、飾りをまとめてみた
江戸関連の記事現在も定番の七夕イベントは江戸時代にもありました。現代にもつながるところもありますが、今ではあまりやらなくなったこともあります。江戸時代の七夕についてまとめました。
2016/07/05 11:10:00
江戸時代のベストセラー21作品をまとめたらカオスだった【今だと物議をかもす本も】
江戸関連の記事江戸時代の出版業界は大盛況!今も愛読される作品から現代だと物議をかもしそうな作品まで様々誕生しました。江戸時代のベストセラー&ロングセラーを21作品ご紹介します。
2016/07/03 13:00:00
2016年上半期もっとも読まれた江戸人気記事は?下着を着けない時代の生理事情など ベスト10
江戸関連の記事2016年上半期もっとも読まれた江戸記事は?10位から1位までランキングします!
2016/06/28 21:30:00
【教科書には載らない】江戸時代の名人・達人13人が道を極めすぎて格好良い 後編
江戸関連の記事江戸時代にはその道に通じた天才たちが大勢いました。卓越したテクニックと熱意で道を極めた13人の名人達人たちをご紹介。今回は後編です。
2016/06/27 20:30:00
【教科書には載らない】江戸時代の名人・達人13人が道を極めすぎて格好良い 前編
江戸関連の記事葛飾北斎、宮本武蔵、松尾芭蕉……江戸時代にはその道に通じた天才たちが大勢いました。今回は、卓越したテクニックと熱意で道を極めた13人の名人達人たちをご紹介。まずは前編です。
2016/06/26 18:00:00

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
【おすすめ】350名以上!東洲斎写楽や松尾芭蕉、徳川吉宗など江戸の人物を一挙紹介
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
★いまココ★ 幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

Warning: Creating default object from empty value in /var/www/bakumatsu/app/webroot/blog/wp-includes/comment-template.php on line 920
コメント

コメント

  1. Pingback: 事上練磨(事上磨練)すべし。 | hanesoft blog

  2. Pingback: まと速 生活・趣味

  3. なんのフィクションかと思う程度にはパンクな志士、高杉晋作。松下村塾生はだいたいみんなそういうとこあるけど。 / 【写真あり】もはや漫画。27歳で亡くなった高杉晋作の生涯が恰好良すぎる【幕末】

  4. すげえな。もはや展開がドラマティック過ぎて漫画を超えてるわ。【写真あり】もはや漫画。27歳で亡くなった高杉晋作の生涯が恰好良すぎる【幕末】 | 幕末ガイド @bakumatsu_gさんから

  5. おもしろき こともなき世に おもしろすぎる 高杉晋作とこのブログ/ 【写真あり】もはや漫画。27歳で亡くなった高杉晋作の生涯が恰好良すぎる【幕末】 | 幕末ガイド

  6. いちおう高杉流の作戦で、日本は創造以来他国に土地を明け渡したことがないよという話なのですが、そういったことよりも、翻訳不可能な古事記講釈を嫌になるほど続けて、交渉自体をうやむやにしてしまおうという考え

  7. Pingback: 風竜胆の書評

  8. Pingback: 風竜胆の書評

  9. Pingback: 晴れた休日はテラスで男子ごはんごっこー Daily Beck 5/17,18号 | Hacks for Creative Life!

  10. Pingback: 幕末の志士達!!!!!! | 宇佐見やすひとの「アホになろうよ!」

  11. Pingback: 幕末トラベーラズ 長府編 – 真の意味など釈迦ニモ解ラズ

  12. Pingback: おもしろき こともなき世を おもしろく

  13. Pingback: おもしろき こともなき世を おもしろく【Words of a Japanese great samurai】

  14. Pingback: 萩城下町を本気出して古地図で歩いてみた(4)共産党・高杉家・根来衆編 | 萩城下町探検倶楽部

  15. 今の大河で、吉田松陰とかこの人らの無茶苦茶ぶりどの程度書いてるんだろう。/旧軍の、規律を破った若者への甘さ長州藩由来なのかなと思ってる。幕末はそれが功を奏した訳だけど。

  16. Pingback: 高杉晋作の生涯が凄すぎる(数々の伝説) | The history 歴史

  17. Pingback: 新たな観光スポーツ【街中ロゲイニング】を楽しむ♪ | 楽しく安全な ジョギングのすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL