【写真あり】 衝撃!幕末の偉人・吉田松陰は相当クレイジーな人だった【教科書に載ってない】

授業で習った吉田松陰は、松下村塾を開いた聖人君子のイメージかもしれないですが、とんでもない。彼は相当クレイジーな人間だったんです。

吉田松陰はこの人。

吉田松陰の肖像画
多少厳しそうな眼差しをしつつも、偉人らしく穏やかに見えますが、この人の人生は無茶の連続でした。

たとえば、21歳の時、松陰は親友と東北旅行を計画します。しかし、自藩の長州藩に申請した通行手形がなかなかもらえず、友と約束していた旅行日に間に合いそうにありません。

スポンサーリンク


そこで彼はどうしたか?

 

しょうがないので、松陰は死罪覚悟で脱藩します。

 

いくら目的が東北の海防調査という意義深いものとはいえ…。

旅行の約束をした親友・宮部鼎蔵(みやべていぞう)も正直ドン引きしたと思います。
宮部鼎蔵の肖像画 「なにもそこまで…」
※管理人の想像
ちなみにこの方、後に池田屋事件新選組に襲われ自害します。

さて。吉田松陰 23歳の時、黒船が来航しました。

黒船来航
当時は鎖国まっただ中。武士も農民も、畏敬と好奇の目でアメリカ艦隊を遠巻きに見ています。

そんななかで松陰。

彼はこれを「先進国に外国留学するチャンス!」と捉え、黒船に乗り込み密航させてもらおうと考えました。

「外国に対抗するには、その外国文明自身を徹底的に盗んでやろう。」

吉田松陰の凄さは徹底的に実践するところ。この場合も可能かどうかを悩む時間も惜しいのか、特に周到な計画も立てずに、

 

盗んだ小舟でアメリカ艦隊に横づけし、黒船のデッキに乗り込みます

 

吉田松陰が実際に乗り込んだ黒船・ポーハタン号↓↓
黒船・ポーハタン号の写真
当然追い返されました。

追い返されたのですが、このクレイジーな出来事はペリー提督をたいへん驚かせました。

スポンサーリンク

幕末のおもしろトリビアを配信中

ブログ村 幕末ランキングへ幕末ブログランキングへ

幕末ブログ 最新記事

【あさが来た】2015年 もっとも人気だった幕末人物は? 303人中ベスト10を発表【花燃ゆ】
2015年は朝ドラと大河ドラマがともに幕末を取り上げました。日本最大の幕末サイト『幕末ガイド』に登録された303名のうち、アクセス順にベスト10を紹介します。
2015-12-31 13:42:00
2015年 幕末の人気記事ランキング! 1位は納得のあの人物
2015年の幕末記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?10位から1位までランキングで紹介します!
2015-12-20 19:47:11
【猫好き浮世絵師】天才・歌川国芳が描いたネコたちがおもしろ可愛い【猫づくし】
いまから150年以上前、江戸時代末期に活躍した歌川国芳という絵師がいました。国芳は類まれなるデザイン力とユニークな発想の持ち主で、美人画や妖怪画など幅広いジャンルの作品を数多く生み出しました。そんな彼が最も好きだったのが"猫"。猫が死んだ時は寺に葬り仏壇まで作ったそうです。そんな歌川国芳が描いた、ユーモアと愛に溢れた"猫浮世絵"の数々をご紹介します!
2015-11-08 14:29:07
【写真あり】現代に通用する明治時代の美人をランキングしてみた!【22位~1位】
いまから約100年前の明治時代。調べてみると、現代にも通用する美人さんがやっぱりいた。幕末専門ブログですが今回は番外編。メジャーな人からマイナーな人まで写真つきでランキング化!
2014-04-26 19:58:25
【写真あり】現代にも通用する幕末イケメンをランキングしてみた【33位~1位】
いまから約150年前の幕末。土方歳三や龍馬らが生きていた時代にもやっぱりイケメンはいた。メジャーどころからマイナーな人物まで写真付きで完全ランキング化!
2014-02-24 02:46:20
【これが130年前!?】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい【月岡芳年】
幕末から明治にかけて活躍した月岡芳年(読み:つきおかよしとし)。彼が晩年に描いた連作 『月百姿』。歴史の有名なシーンと月を絡めたりした作品なのですが、その構図センスと自由自在な表現力はまるで古さを感じさせません。
2013-07-02 08:18:32
【写真あり】もはや漫画。27歳で亡くなった高杉晋作の生涯が恰好良すぎる【幕末】
幕末の英雄・高杉晋作。意外に知られてないその生涯をまとめてみたのですが、あまりに格好よすぎてまるでリアリティがありません。
2013-06-09 14:54:58
【写真で比較】大河ドラマ『八重の桜』のキャストを実物と較べてみた
遂に放送開始された2013年大河ドラマ『八重の桜』。発表されているキャストが斬新だったので慌ててまとめてみました。
2013-01-06 21:11:10
【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】
波の絵で、世界でも非常に有名な葛飾北斎。日本人にとってもあまりに見慣れたあれ以外の北斎作品もまた凄い。特に老人になってからの作品は圧倒されます。あまり知られていない、“波の絵じゃない”北斎の傑作を紹介します。(年齢は数えではなく、現代一般的な満で紹介します)
2012-12-23 09:09:37
【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】
浮世絵といえば、東洲斎写楽や葛飾北斎を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、その後幕末から明治にかけて、いま見ても新しい浮世絵作品がたくさん生まれました。今回はそんなクールな浮世絵作品を紹介します。
2012-12-08 15:29:51

あわせて読みたい 戦国・江戸関連記事

【画像あり】江戸時代の妖怪絵巻がゆるカワ過ぎてほっこりする【厳選5作品】
江戸関連の記事近年の妖怪ブームで注目を集める妖怪界。妖怪をテーマにした展覧会は大人気。今回は数ある妖怪絵巻のなかでもとってもユニークでカワイイ5作品を紹介。
2016/09/17 21:30:00
子どもも喫煙OKだった! 江戸時代の驚きのタバコ事情とは【銘柄やタバコ入れも】
江戸関連の記事日本で喫煙の風習が広まった400年前。喫煙ルールや銘柄、値段は現在と全く異なっていました。そして、嫌煙家VS愛煙家のバトルは当時からあったのです!
2016/09/16 12:30:00
【画像あり】お月見は2回が正式!?江戸時代の月見が今とずいぶん違う【由来は?】
江戸関連の記事秋のイベントといえばハロウィン!ではなく、日本人なら月見も忘れちゃいけない。意外と知られていない月見の由来についてまとめてみました。
2016/09/15 12:30:00
江戸の人気記事ランキング! おなら合戦や昔のベストセラーなど【2016年7-8月】
江戸関連の記事2016年7月〜8月の江戸記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?9位から1位までランキングします!
2016/09/02 12:30:00
【画像あり】好奇心の塊・平賀源内のフリーダム過ぎる生涯とは【発明も芸術も】
江戸関連の記事「エレキテルの人」でおなじみの平賀源内。“天才”とも”奇才”とも評される源内の意外と知られていない波乱万丈の生涯をまとめてみました。
2016/08/13 17:00:00
江戸時代には3種類のお金があった!? 今とは違う意外なお金事情とは【円にも換算】
江戸関連の記事“円”が導入される前の時代、人々はどのようなお金を使っていたのでしょうか?また、当時の食べ物や給料などを円に換算してみました。
2016/08/12 20:40:00
【画像あり】江戸時代の見世物小屋は謎の生物、巨大細工や曲芸など何でもありだった!
江戸関連の記事「見世物小屋」をご存じでしょうか?現代ではアングラなイメージのある見世物ですが、江戸時代には老若男女が楽しむ娯楽の王様でした。謎の生き物から驚きの細工ものまで、江戸時代の見世物をまとめました。
2016/08/11 21:00:00
【画像あり】世界が驚愕した屁合戦絵巻をはじめ、江戸時代の屁事情を徹底紹介【おなら代理人も】
江戸関連の記事江戸時代には、おなら身代わり人や、屁の音で歌舞伎の演目を演じきるおならパフォーマーなど訳のわからない人たちがいた。江戸時代の屁事情はいろんな意味でスゴイことになっていました。
2016/08/10 19:10:00
昔の人は虫歯になったらどうしてた?江戸時代の虫歯治療法が壮絶だった
江戸関連の記事現代では虫歯の治療、予防対策などの向上により虫歯は減少傾向にあるそうです。それでも、放置しておくと最悪の事態を招くこともあるという恐ろしい虫歯。今回は江戸時代の虫歯治療などをまとめてみました。
2016/08/09 16:30:00
義賊・鼠小僧は実在した!2億円以上盗んだ大盗賊の生涯をまとめてみた【お墓も紹介】
江戸関連の記事悪どい大名や商人の屋敷に盗みに入り、盗んだ金は貧乏人に分け与え”義賊”として庶民から喝采を浴びた大泥棒――歌舞伎や講談でおなじみの人気者・鼠小僧ですが、果たしてその正体は?
2016/08/08 19:30:00
【映画で話題】参勤交代の目的や費用とは?学校で教えてくれない参勤交代の裏側
江戸関連の記事大ヒット映画『超高速!参勤交代』の続編が公開され、浅田次郎の人気小説『一路』もNHKでドラマ化されるなど、今、「参勤交代」がちょっとしたブーム!知れば知るほど興味深い参勤交代についてまとめました。
2016/08/07 17:30:00
七夕はそもそも秋のイベント!? 江戸時代の七夕について由来や食べ物、飾りをまとめてみた
江戸関連の記事現在も定番の七夕イベントは江戸時代にもありました。現代にもつながるところもありますが、今ではあまりやらなくなったこともあります。江戸時代の七夕についてまとめました。
2016/07/05 11:10:00

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
【おすすめ】350名以上!東洲斎写楽や松尾芭蕉、徳川吉宗など江戸の人物を一挙紹介
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
★いまココ★ 幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

Warning: Creating default object from empty value in /var/www/bakumatsu/app/webroot/blog/wp-includes/comment-template.php on line 920
コメント

コメント

  1. (「風雲児たち」を読んでたので)知ってた。/スピーチライターが書いたと言われる「stay hungry stay foolish」より、「諸君、狂いたまえ」のほうが直截的で、個人的には好き。

  2. 吉田松陰に関しては、「お~い!竜馬」が割と史実に近いのかもしれんね。気狂いだからこそ、当時の常識の殻を壊そうとしたという。

  3. 【写真あり】 衝撃!幕末の偉人・吉田松陰は相当クレイジーな人だった【教科書に載ってない】 | 幕末ガイド 【写真あり】 衝撃!幕末の偉人・吉田松陰は相当クレイジーな人だった【教科書に載ってない】 | 幕末ガイ

  4. 「人間は本気になった時は、大なり小なり「狂気じみてくる」ものだ」(勝部真長)。狂夫の言、西海一狂生、山形狂介…そして101匹わんちゃんと混同して百一回猛士で覚えていた私。

  5. さよう、立派なきちがい! ザ・グレート・きちがいの松蔭だけど、自分から暗殺作戦を暴露するあたり劇場(激情)型タイプとしか。目立ちたがりのこの人が60年代にタイムスリップしたら連合赤軍と共闘しそうではある

  6. この人を聖人君子だと思ってる人とは友達にならんわwww当時の人からしてみたら、マジで口封じしとかないと危なくて仕方なかっただろう。ただ自分が死んだ方がイイ影響が出るんじゃね?とか読んでた気もするがな。

  7. まぁ、アルカイーダのビン・ラディンみたいなものですわな。違うのは弟子さえどん引きしてたってことで。でも萩市民は全部承知で彼を愛してるのです。

  8. 松下村塾を開き多くの明治維新の功労者を育てた事で知られている吉田松陰は、実はスティーブ・ジョブズ並みにアレな人だった。

  9. 歴史に名を残すような人が単なる「穏やかで人が良い聖人君子」なわけがない。吉田松陰は、その時代に成すべきことを考え、実行し、本当に殺されるまで活動を続けた、とんでもない偉人だと思う

  10. ・東北の海防調査の為、死刑覚悟で脱藩 ・盗んだ小舟でアメリカ艦隊に横づけし、黒船のデッキに乗り込む ・間部詮勝暗殺を計画 ・老中暗殺計画を自ら暴露し斬首刑に処される

  11. 維新前後の人って調べれば調べるほどキチガイかゴロツキしかいないという感想になるので、稀にこの時代の人を称揚する人に会うと微妙な気分になる

  12. みんな安倍晋三の尊敬する人が吉田松陰って知っての上でニヤニヤしながらコメントしてるんだと思った。

  13. 幕末・明治乗り越えた長州人を尊敬しているのは、こんなクレイジーな人ばっかりな環境から一応安定した社会体制の中で汚職しながらも適応して生きていたから。普通無理だよ。萩の乱とか起こす人が普通なんだよ

  14. 吉田松陰 23歳の時、黒船が来航しました。彼はこれを「先進国に外国留学するチャンス!」と捉え、黒船に乗り込み密航させてもらおうと考えました。

  15. そんな松陰が愛したのが陽明学。知行合一、実践主義。
    大塩平八郎も愛読してたっていうから「反乱の学問」としての揶揄もある。
    興味のある人は一読を。

  16. ヨニウム先生の先生か。自ら狂人たらんとした男だが、この人がまともだったら幕末はもう少し平和だっただろうか / 幕末の長州人なら火吹き達磨の方が好きだな

  17. 肖像画が影響しているんでしょうが刑死したの29歳ですし。「この人いい人かも」って間部詮勝の暗殺計画(しかも妄想段階。実行段階には至ってない)を聞かれてもいないのにべらべら自白してしまうピュアな人。

  18. 【写真あり】 衝撃!幕末の偉人・吉田松陰は相当クレイジーな人だった【教科書に載ってない】 | 幕末ガイド

  19. 松蔭が普通のきちがいと違うのは、論を押し付けるのではなく戦わせることが心底好きだったこと。探究きちがい。牢屋ですら私塾に変えるコミュ力の高さ。だからこそ、この人は愛され、つながれた。

  20. 吉田松陰とか久坂玄瑞とか、才能があって尊敬された過激派が適度に間引きされたのは、爾後の維新における本朝の幸運ではあったかもと思うことはあり。

  21. ジョブズに似てる、の下りで脱力した。それは失礼じゃないか、双方に対して。/革命を志した以上、前科5犯だから聖人君子でない…という話にはならないが…。しかし確かに常軌を逸してはいるなあ。

  22. 過激とは言え松陰の教育方針は生徒を褒めまくること。そのやり方で牢獄を学校に変え、数々の偉人を育てた。体罰も絶対やらなかったらしい。

  23. いや~みんな司馬遼太郎もみなもと太郎も読んでないんだねぇw / 「風雲児たち」の松陰のデザインは本来沖田総司の為のものだったんだよね

  24. 昔から文化人が「何せうぞくすんで一期は夢よただ狂え」とか詠んでるけど、松陰の場合思想に行動が伴って狂ってるんだよね。大獄が無くても畳の上では死ねなかったんだろうな。

  25. 【写真あり】 衝撃!幕末の偉人・吉田松陰は相当クレイジーな人だった【教科書に載ってない】 | 幕末ガイド – はてなブックマーク – 人気エントリー

  26. 【写真あり】 衝撃!幕末の偉人・吉田松陰は相当クレイジーな人だった【教科書に載ってない】 | 幕末ガイド

  27. 高杉晋作なんかこの先生にしてこの弟子ありって感じだよね。そういえば龍馬伝での生瀬勝久の吉田松陰はこういう変人臭がムンムンですごく良かったw

  28. 山科けいすけ先生の幕末4コマ漫画「サカモト」だと、主人公の龍馬以外はかなり難有りなキャラばかりにw。高杉晋作>放火魔、斉藤一>コンプ丸出しの小物。近藤勇>ホモ、等々。

  29. 大河の「花神」でウルトラマンタロウこと、篠田三郎が演じてて、この記事とのギャップを感じるが。穏やかな顔して「さぁ、密航するぞ」とか、今思うとそれはそれでクレイジーww。

  30. 「適材適所で度を超えろ!」ってコトなんだろうなぁ。縛られた枠の中ではどこも越えられないから後塵を拝するしかないもんな。

  31. 松陰がジョブズと似てたら逮捕されてないと思うけど。松陰の行動に利己的なものは見受けられないからね。

  32. stay hungryはJobsの言葉っワケではなかったような。演説で彼が使ったのは事実だけど。という事を考えると色んな所に思いが及ぶけど、吉田松陰先生とは関係はないな。

  33. ジョブズと並べてみせたのは上手い。「もし,現代に生きていたら」との想像を誘い,クレイジーっぷりの認識が明瞭になる。

  34. 歴史や地域の遠くにいるクレイジーガイには「痛快さ」を感じるのだけど、例えばその人が「自分の上司」「地域のリーダー」になった時も、心穏やかでいられるかどうかはよう分からんです(笑)。

  35. 興味なくてまったく知らなかったのだけど、ウィキペディアを見たかぎりでは、松陰のクレイジーさというかパラノイドぶりを支えたのは彼が持っていた情報にあるようにも思える (飛耳長目)。

  36. みなもと太郎「風雲児たち」司馬遼太郎「世に棲む日々」が本人の事跡を描いた良書。/いわば『聖なる愚者』で、ある意味教育者向き。自分は森田まさのり「ルーキーズ」のあの監督(先生)を見て松陰を連想したっけ。

  37. 斜め上コメですが、中学・高校時代の歴史の授業がこういう内容だったら、もっと歴史というものに興味を持っていたかもしれないなあ。ひたすら年表に赤線引いて暗記させられるだけの授業でしたから……。

  38. 11歳も年上で藩主なのに松下村塾の塾生になったり、重用した毛利 敬親はもっと評価されていいと思うんだ。

  39. 【写真あり】 衝撃!幕末の偉人・吉田松陰は相当クレイジーな人だった【教科書に載ってない】

  40. 【写真あり】 衝撃!幕末の偉人・吉田松陰は相当クレイジーな人だった【教科書に載ってない】 | 幕末ガイド

  41. “【写真あり】 衝撃!幕末の偉人・吉田松陰は相当クレイジーな人だった【教科書に載ってない】 | 幕末ガイド”

  42. ジョブズと比べるとか吉田松陰に失礼だろ。
    あとお前らと↓きmすぎて頭悪すぎ死ね。

  43. クレージーだが正論で真っ正直。思い立っったら突き進む。そして結果、道が開ける。そういうものなのだろうなとよく分かる。→【写真あり】 衝撃!幕末の偉人・吉田松陰は相当クレイジーな人だった【教科書に載ってない】 | 幕末ガイド http://t.co/HxpzEqV6

  44. そうか日本でジョブズというと松陰先生になるのかw / 【写真あり】 衝撃!幕末の偉人・吉田松陰は相当クレイジーな人だった【教科書に載ってない】 | 幕末ガイド http://t.co/jlZcSrG2

  45. 吉田松陰については松下村塾を作った人だから変人説に1票w⇒http://t.co/Gxd6TEnB教えたのは僅か2年だったらしいが、松陰が塾生として何故伊藤博文らを集めたのかがすごーく気になる。当時は身分階級が酷かった時代。藩士でもない差別村出身者達はどうやって入塾できたのか。

  46. 「諸君、狂いたまえ」( ^ω^ )
    分かりやすくて印象に残るような説明だった!!→ 幕末の偉人・吉田松陰は相当クレイジーな人だった【教科書に載ってない】 | 幕末ガイド http://t.co/oDrXrztx

  47. 【写真あり】 衝撃!幕末の偉人・吉田松陰は相当クレイジーな人だった【教科書に載ってない】 | 幕末ガイド http://t.co/ZIJBTsLZ 「諸君、狂いたまえ」この人は命が幾つあっても長生きできんかったろーな、この時代じゃ

  48. 吉田松陰先生の描き方が凄いww 本物の実践主義者だったんですね!/【写真あり】 衝撃!幕末の偉人・吉田松陰は相当クレイジーな人だった【教科書に載ってない】 | 幕末ガイド

  49. Pingback: 7/20 練習報告 | 千駄ヶバレーで練習するチームのブログ

  50. 幕府の役人に取り調べを受けた時のこと。疑い自体は軽微で、何事もなく終わるはずでした。しかしそこは松陰。聞かれてもいない老中暗殺計画を自ら暴露して役人の度肝を抜きます

  51. 論語、孟子、大学と中庸を読めばわかりますが、松陰の行動は少々激しいですが、正しいと思います。同じ佐久間象山を師にもつ勝海舟と比較すればわかりますが、彼は学問に純粋すぎて政治を知らなかった。私は好きです

  52. 山口に行ったときに観光したはずなんだけど、こんなにやばい人だったとは思わんかったw「諸君、狂いたまえ」とかインパクトがありすぎる。

  53. 一般人に史実の現実は見えにくく、教科書的知識で育った自分たちには、明治維新の推進力の源泉みたいに映っていましたが、実は今の「イスラム原理主義過激派」などと同じようなモノを感じます。
    吉田松陰は基本的にはテロリストであり、次世代テロリストを育成した、優秀なアジテータと言っていいんじゃないでしょうか。

  54. 吉田松陰の松蔭は高山彦九郎の戒名『松蔭居士』から寛政の三奇人.の中でも最もエキセントリックな高山彦九郎に心酔するなんて常規を逸してる奇跡的に長州藩が生き延びたけどその後の日本の滅亡に大きく関わってるね。

  55. Pingback: 吉田松陰が乗り込んだ黒船の名前は? | ポイントサイトで毎月プラス××万円貯金

  56. Pingback: 【吉田松陰】明治維新の指導者で松下村塾を経営 | さとういちろうのへや

  57. Pingback: 日本人に眠っている大和魂を覚醒させる | リンダマンドットコム|林田真一

  58. Pingback: 拝啓 吉田松陰先生と萩商工会議所青年部の中の人 - The used key is always bright.

  59. Pingback: 幕末の奇人・吉田松陰から学ぶ「狂うことの大切さ」 - あんなことこんなこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL