【写真あり】現代に通用する明治時代の美人をランキングしてみた!【22位~1位】

いまから約100年前の明治時代。調べてみると、現代にも通用する美人さんがやっぱりいた。幕末専門ブログですが今回は番外編。メジャーな人からマイナーな人まで写真つきでランキング化!

22位:樋口一葉

樋口一葉(明治時代の美人ランキング)
まずは5,000円札の人の登場。明治を代表する女流作家。

ルックスだけでなく、生き方や作品などふくめてとても美しい人だと思う。肺結核によりわずか24歳で死去したが、『たけくらべ』や『にごりえ』を次々に発表した『奇跡の14ヶ月』はあまりに有名だ。


21位:藤蔭静樹(ふじかげせいじゅ)

藤蔭静樹(明治時代の美人ランキング)
パリでも絶賛された美しき日本舞踊家。

気軽に近づけないようなオーラを感じる。小説家永井荷風と大恋愛して、くっついたり離れたりしたことでも有名だ。

永井荷風が亡くなった後、藤蔭静樹は、彼の命日である30日にきまってカツ丼を食べるようになった。カツ丼は、永井荷風の最期の食事だったからだそうだ。(´;ω;`)



20位:夕涼みをする女性

夕涼みをする女性(絵葉書、明治時代の美人ランキング)
いまから約110年前、明治39年の絵はがきだ。明治時代になると、和装で髪をおろした写真がけっこう出てくる。着物が百合文様なのもハイカラで見逃せないポイント。

なんか、この時代は洗い髪ブームが起きていたのか、こんなのもある。

アルバムを見る女性(明治時代の美人ランキング)
ちなみに、これは屋内で撮影されたもので、奥は書き割りらしい。


19位:鍋島栄子(なべしまながこ)

鍋島栄子(明治時代の美人ランキング)
佐賀藩最後の藩主・鍋島直大(なべしまなおひろ)の妻。

ローマで結婚式を挙げ、イタリア社交界で活躍。帰国後は鹿鳴館の華として注目された。ちょっと垂れ目で優しげな顔立ちは、目の肥えたイタリア男にもウケが良かったはずだ。


18位:男装の女性

半纏を着た女性(日下部金兵衛撮影、明治時代の美人ランキング)
職人の若者風コスプレ。丸顔の可愛らしい顔とのギャップがなんだか魅力的。顔立ちとしては女子校のソフトボール部にいそうだ(謎)


17位:絵葉書の女性

絵葉書の女性(明治43年消印、明治時代の美人ランキング)
切れ長の涼しげな目元が美しいすっきり系美人。縞の着物も粋な感じで「姐さん!」とつい呼びたくなる。


16位:末広ヒロ子

末広ヒロ子(明治のミスコン出場者、明治時代の美人ランキング)
明治時代に行なわれた、素人さん参加のミスコンで堂々一位になったのがこのヒロコさんだ。時代性を感じる大きなリボンと、あどけなさを残す可憐な表情がいいね。


15位:田沢稲舟(たざわいなぶね)

田澤稲舟(明治時代の美人ランキング)
23歳の若さで病により他界した薄幸の美人作家。まさに「美人薄命」。小説家山田美妙と結婚するも3ヶ月で破局、病で冒されてしまい帰らぬ人となった

スポンサーリンク

幕末ブログ 関連記事

幕末ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・江戸時代の記事

“【写真あり】現代に通用する明治時代の美人をランキングしてみた!【22位~1位】” への 3 件のフィードバック

  1. Johnc345 says: 2014年9月26日

    I usually do not drop a comment, but I read a few keefaafkkeaa

  2. […] 傘が手元にない時は「てぬぐい」で急場をしのぎました。今でもハンカチやタオルを傘代わりにしますがそれと同じ。数百年前もやることは変わりません。 また、女性の場合は「御高祖頭巾(おこそずきん)」と呼ばれる四角い布で頭部をゆったり包む頭巾も雨よけとして利用されました。 豪雨の外出には完全防備で。画像右と中央の女性は傘にプラスして御高祖頭巾をかぶっています。画像左の男性はてぬぐいをプラス(『絵本四季花』より/喜多川歌麿 画) 以前、明治時代の美人特集で紹介しましたが、御高祖頭巾をかぶった女性はこんな感じです。 […]

コメントは受け付けていません。