ガチで美人過ぎる幕末女性 ベスト17(写真あり)

幕末というと、やけに昔のことで、女性はお歯黒で引眉(眉を剃る)でなんか怖いってイメージがありませんか?髪型も化粧も現代とはぜんぜん違う。確かにそうなんです。
でも、現代でもガチで通用する美人さんは確かにいた。そんなガチ美人の写真を集めてみました。

17位:縦縞の着物姿の女性

17位:縦縞の着物姿の女性の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
この方は写真だけが残されていて詳細不明です。ちょっときつめな目ですが、そこがいい。こんな目で見つめられたらドキドキしてしまいますね。


 

 


 

16位:おうの

おうの(高杉晋作の妾)の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
幕末を代表する志士・高杉晋作の愛人。正妻の雅子さんと比べるとちょっと
ぼんやりした美人さん。でも、そんなところがよかったのかも。


 

 


↓高杉晋作はこのお方。
高杉晋作の肖像画

↓左が正妻の高杉雅子。並べてみました。雅子は晩年の写真しかないだけで、16歳で高杉と結婚しています。おうのとは2つ違い。ちなみにおうのの存在はオープンなもので、高杉の死後もこの二人は連絡を取り合っていたそうです。なんかすげえ。
高杉雅子(高杉晋作の正妻)の写真おうの(高杉晋作の愛妾)の写真

スポンサーリンク



15位:かささん

15位:日本人婦人かささん(ベアト撮影/1963年9月)の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
イギリスの写真家ベアトが撮影。写真には『日本人婦人かささん 63年9月』とだけ記されています。現代でも十分に通用する顔立ちですねー。


 

 


 

14位:中野竹子

14位:中野竹子(娘子軍)の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
会津戦争に「娘子軍」といわれる女子部隊として参戦し散った烈女。
きりっとした目元がとにかく凛々しいです。なんか、ちょっと怒られたいです。
会津藩でもその美貌は有名だったらしいのですが、それも納得。


 

 


 

13位:唐人お吉

13位:唐人お吉の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
伊豆下田No.1の人気芸者だった斎藤きち。
徳川幕府の依頼で、アメリカ総領事ハリスの妾となったことからついた渾名が「唐人お吉(とうじんおきち)」。実際に情事があったかは不明。ちなみに、ハリスは体調が悪くって看護士を求めたのに、なんか話が間違って伝わったらしい…。
あどけなさと色気が入り交じった不思議な魅力を持った人ですね。

↓ちなみにタウンゼント・ハリスはこの人。当時、53歳。お吉以外の妾がいたそうなので、精力は衰えずだったようです。
タウンゼント・ハリスの写真


 

 


 

12位:南部郁子

12位:南部郁子(盛岡藩主・南部利剛の娘/1868年撮影)の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
盛岡藩主・南部利剛の娘。まるでお雛様みたいじゃありませんか!
いかにも「お姫様〜」といった感じの美人。


 

 


 

11位:島津暐姫(しまづてるひめ) ※写真中央

11位:島津暐姫(島津斉彬の三女、島津忠義の正室)の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
島津藩主・島津斉彬の三女。薩摩藩最後の藩主・島津忠義の正室です。
線の細いはかなげな美女ですな。
見た目どおり丈夫ではなかったようで、出産後、わずか18歳で死去…。
美人薄命を地でいく人だったんだね。ちなみに左右の子も島津斉彬の娘さんです。みなさん美人さん。

↓お父さんの島津斉彬はこの方。
薩摩藩主・島津斉彬の肖像画

↓篤姫(天璋院)も養女ですが、島津斉彬の娘ですね。
天璋院(篤姫)の写真

↓旦那さんの島津忠義はこの方。ニヤってしてます。
薩摩藩最後の藩主・島津忠義の写真



 

 

 

10位:木戸松子(幾松)

10位:幾松(木戸松子/桂小五郎の妻)の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
木戸孝允の妻。幕末を代表する美男美女カップルでしょう!
きれいなだけじゃなく、行動力もあるし、健気だし…
個人的には恋人にしたいナンバーワンに推したい。

↓旦那さんの木戸さん(桂小五郎)の写真はこれ。凛々しいですなあ。
桂小五郎(木戸孝允)の写真

スポンサーリンク



 

 

 

9位:江良加代

9位:江良加代(祇園の芸妓)の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
京都祇園の芸妓。どうですか?かわいいですよねー。癒し系です。
幕末の偉人たちもメロメロになったそうで、それもうなづける。

↓ちなみにメロメロになった代表的な二人。桂小五郎(木戸孝允)さんと伊藤俊輔(伊藤博文)さん。桂さんまた出てきました。
桂小五郎の写真伊藤博文(伊藤俊輔)の写真



 

 

 

8位:和宮

8位:皇女和宮(徳川家茂の正室)の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
十四代将軍・家茂の正室。公家のお姫様という感じの実に品のあるお美しさじゃありませんか。
まぁ、付き合いたいかといわれたらちょっと大変そうだけど…。
非常に小柄で華奢だったみたいね。

↓徳川家茂はこのお方。ま、この絵じゃよくわかりませんよね。
第14代将軍・徳川家茂の肖像画



 

 

 

7位:茶屋の娘

7位:茶屋の娘の写真(幕末/詳細不明)(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
このあどけない感じでお茶を持って来られたら、二度見する自信があります。



 

 

 

6位:伊達佳子

6位:伊達佳子(宇和島藩主・伊達宗徳の妻)の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
久保田藩主・佐竹義厚の娘で、宇和島藩主・伊達宗徳の妻。パッチリとした目が印象的。
しかし、武家のお嬢様というのは全体的な印象がなんとなく似てるなぁ。

さて、ベスト5。ここらへんから、だいぶガチ度が高まってきます。

5位:志ん

5位:志ん(大屋斧次郎の妾)の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
館林藩士・大屋斧次郎の妾。
ザ・日陰の女、という雰囲気がそこはかとなく色っぽいでしょう〜。
あと、女優の仲間由紀恵に似てません?

スポンサーリンク



 

 

 

4位:長崎の市井の女性 ※一列目の右

長崎の女性たち(1865〜1868年頃撮影)の写真

長崎の女性たち(拡大) 長崎の女性たち(1865〜1868年頃撮影)
市井にもやっぱりいるんですよね。こんな美しい人が。
あとどうでもいい話ですが、なんで中央の二人の顔を削ってるんでしょう、なんか怖い。



 

 

 

3位:一条美賀子

3位:一条美賀子(徳川慶喜 正室)の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
続きまして第3位は…最後の将軍・徳川慶喜の正室。
いやぁ、慶喜にこんな美人の奥さんがいたとは知ってました?
このちょっと拗ねたような表情がまたいいね。でも、慶喜との夫婦生活は
あんまり幸せとはいえなかったみたい。慶喜ひどいなぁ。

↓ひどい人・徳川慶喜公です。
徳川慶喜の写真



 

 

 

2位:楢崎龍

2位:お龍(坂本龍馬の妻)の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
そして第2位はこの人!そうです。
龍馬の妻・おりょうさん。いかにも気が強そうなスラっとした美女。
背筋がスッと伸びていて実に美しい。女優の大塚寧々をもっときつくした感じ?
まぁ、この人も龍馬の死後はあんまり幸せではなかったみたいだけど。
なんというか美人には不幸せな人が多い気がするなぁ。

↓載せなくてもみんなご存知。夫・坂本龍馬です。
坂本龍馬の写真

ちなみに龍馬の死後、お龍は土佐の坂本家に身を寄せるのですが、そりが合わず3ヶ月ほどで立ち去っているそうです。そりが合わなかった相手は龍馬の姉・乙女とも兄・権平ともいわれてますが、真偽は不明です。まあ、龍馬が死んでるわけだから、肩身も狭く息が詰まったのは確かでしょうし、仕方ないですよね…。

↓乙女姉さん(写真左)と権平兄さん
坂本乙女(坂本龍馬の姉)の写真坂本権平(坂本龍馬の兄)の写真


 

 


 

 


そして、幕末のガチ美人ランキング1位は…


 

 

 

 

 

 

1位:楠本高子(楠本イネの娘)

1位:楠本高子(楠本イネの娘、シーボルトの孫)の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
この方、そうとう可愛いですよね!?現代にいてもガチで美人だと思います。
楠本イネの娘、つまりシーボルトの孫にあたります。いろいろと複雑な人生を歩んだ方なのですが、それが少し寂しげな表情に表れているようです。
ちなみに、漫画家・松本零士が『銀河鉄道999』のメーテルを描く際にモデルしたのが、この楠本高子さんだったそうです。

↓お母さんの楠本イネ。日本人女性初の産科医!
楠本イネの写真

↓最後はおじいちゃんのシーボルトでおしまい。
シーボルトの写真

美人さんたちや幕末の人物たちの情報は総合サイト側にまとまっています。

明治時代の美人をまとめた『【写真あり】現代にも通用する明治時代の美人をランキングしてみた【22位~1位】』もどうぞ

江戸時代の美人をまとめた『江戸時代における美人の条件とは?有名美人画でわかる265年の移り変わり』もどうぞ

幕末イケメンをまとめた『【写真あり】現代にも通用する幕末イケメンをランキングしてみた【33位~1位】』もどうぞ

スポンサーリンク

幕末のおもしろトリビアを配信中

ブログ村 幕末ランキングへ幕末ブログランキングへ

幕末ブログ 最新記事

【あさが来た】2015年 もっとも人気だった幕末人物は? 303人中ベスト10を発表【花燃ゆ】
2015年は朝ドラと大河ドラマがともに幕末を取り上げました。日本最大の幕末サイト『幕末ガイド』に登録された303名のうち、アクセス順にベスト10を紹介します。
2015-12-31 13:42:00
2015年 幕末の人気記事ランキング! 1位は納得のあの人物
2015年の幕末記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?10位から1位までランキングで紹介します!
2015-12-20 19:47:11
【猫好き浮世絵師】天才・歌川国芳が描いたネコたちがおもしろ可愛い【猫づくし】
いまから150年以上前、江戸時代末期に活躍した歌川国芳という絵師がいました。国芳は類まれなるデザイン力とユニークな発想の持ち主で、美人画や妖怪画など幅広いジャンルの作品を数多く生み出しました。そんな彼が最も好きだったのが"猫"。猫が死んだ時は寺に葬り仏壇まで作ったそうです。そんな歌川国芳が描いた、ユーモアと愛に溢れた"猫浮世絵"の数々をご紹介します!
2015-11-08 14:29:07
【写真あり】現代に通用する明治時代の美人をランキングしてみた!【22位~1位】
いまから約100年前の明治時代。調べてみると、現代にも通用する美人さんがやっぱりいた。幕末専門ブログですが今回は番外編。メジャーな人からマイナーな人まで写真つきでランキング化!
2014-04-26 19:58:25
【写真あり】現代にも通用する幕末イケメンをランキングしてみた【33位~1位】
いまから約150年前の幕末。土方歳三や龍馬らが生きていた時代にもやっぱりイケメンはいた。メジャーどころからマイナーな人物まで写真付きで完全ランキング化!
2014-02-24 02:46:20
【これが130年前!?】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい【月岡芳年】
幕末から明治にかけて活躍した月岡芳年(読み:つきおかよしとし)。彼が晩年に描いた連作 『月百姿』。歴史の有名なシーンと月を絡めたりした作品なのですが、その構図センスと自由自在な表現力はまるで古さを感じさせません。
2013-07-02 08:18:32
【写真あり】もはや漫画。27歳で亡くなった高杉晋作の生涯が恰好良すぎる【幕末】
幕末の英雄・高杉晋作。意外に知られてないその生涯をまとめてみたのですが、あまりに格好よすぎてまるでリアリティがありません。
2013-06-09 14:54:58
【写真で比較】大河ドラマ『八重の桜』のキャストを実物と較べてみた
遂に放送開始された2013年大河ドラマ『八重の桜』。発表されているキャストが斬新だったので慌ててまとめてみました。
2013-01-06 21:11:10
【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】
波の絵で、世界でも非常に有名な葛飾北斎。日本人にとってもあまりに見慣れたあれ以外の北斎作品もまた凄い。特に老人になってからの作品は圧倒されます。あまり知られていない、“波の絵じゃない”北斎の傑作を紹介します。(年齢は数えではなく、現代一般的な満で紹介します)
2012-12-23 09:09:37
【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】
浮世絵といえば、東洲斎写楽や葛飾北斎を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、その後幕末から明治にかけて、いま見ても新しい浮世絵作品がたくさん生まれました。今回はそんなクールな浮世絵作品を紹介します。
2012-12-08 15:29:51

あわせて読みたい 戦国・江戸関連記事

七夕はそもそも秋のイベント!? 江戸時代の七夕について由来や食べ物、飾りをまとめてみた
江戸関連の記事現在も定番の七夕イベントは江戸時代にもありました。現代にもつながるところもありますが、今ではあまりやらなくなったこともあります。江戸時代の七夕についてまとめました。
2016/07/05 11:10:00
江戸時代のベストセラー21作品をまとめたらカオスだった【今だと物議をかもす本も】
江戸関連の記事江戸時代の出版業界は大盛況!今も愛読される作品から現代だと物議をかもしそうな作品まで様々誕生しました。江戸時代のベストセラー&ロングセラーを21作品ご紹介します。
2016/07/03 13:00:00
2016年上半期もっとも読まれた江戸人気記事は?下着を着けない時代の生理事情など ベスト10
江戸関連の記事2016年上半期もっとも読まれた江戸記事は?10位から1位までランキングします!
2016/06/28 21:30:00
【教科書には載らない】江戸時代の名人・達人13人が道を極めすぎて格好良い 後編
江戸関連の記事江戸時代にはその道に通じた天才たちが大勢いました。卓越したテクニックと熱意で道を極めた13人の名人達人たちをご紹介。今回は後編です。
2016/06/27 20:30:00
【教科書には載らない】江戸時代の名人・達人13人が道を極めすぎて格好良い 前編
江戸関連の記事葛飾北斎、宮本武蔵、松尾芭蕉……江戸時代にはその道に通じた天才たちが大勢いました。今回は、卓越したテクニックと熱意で道を極めた13人の名人達人たちをご紹介。まずは前編です。
2016/06/26 18:00:00
安い傘で5,000円!? 現代と違う江戸時代の雨具を画像つきでまとめてみた
江戸関連の記事雨具といえば、最近ではオシャレで機能的なレインコートやレインシューズなどもたくさんありますが、江戸時代にはどんな雨具があったのでしょうか。現代にも続くグッズや、今ではみないものなど、数百年前の雨の日対策を紹介します。
2016/06/22 21:10:00
【画像あり】遊女の1日が ちっとも華やかでなかった【万年寝不足】
江戸関連の記事老若男女問わず多くの人々を魅了し、観光スポットともなっていた幕府公認の遊郭・吉原。そこで働く遊女たちは華やかで美しく、まさに雲の上の存在だと思われがち。そんな遊女たちの意外に華やかでない1日を紹介します
2016/06/21 19:20:00
【厳選25枚】江戸時代の幽霊画がめちゃくちゃ怖い【夜見ちゃダメ】
江戸関連の記事夏といえば幽霊。ということで、恨み、つらみ、未練の末にさまよいでた幽霊を描いた傑作幽霊画をご紹介。江戸時代の絵柄だからこそかえって怖い傑作25枚。
2016/06/20 11:30:00
エアコンなくてもこんなに涼しい! 江戸時代の夏の過ごし方がアイデア満載で参考になる
江戸関連の記事エアコンのない江戸時代。暑い夏を人々はどのように過ごしていたのでしょうか?服装、食べ物、涼を楽しむ娯楽など江戸っ子流夏の過ごし方をご紹介します。
2016/06/19 14:00:00
【画像あり】江戸時代のおもしろ珍商売をまとめてみた
江戸関連の記事“宵越しの金を持たない”のを身上にしていた江戸っ子。とはいえ、お金がなければ食べていけない。でもマジメに働くのもしゃらくさい。そこで考え出されたアイデアと愛嬌たっぷりな珍商売の数々をご紹介。
2016/06/17 21:30:00
あの北斎も真似た!200年前の絵師・北尾政美の作品がゆるカワ過ぎて癒される
江戸関連の記事江戸時代の絵師・北尾政美(きたおまさよし)が残したゆるカワ、脱力系作品の数々が200年後のいま再び脚光を浴びています。なんだか癒されるユニークな北尾政美の名作たちをご紹介します。
2016/06/16 8:00:00
【教科書には載らない】江戸時代に実際にあった珍事件・怪奇事件の数々【13の事件簿】
江戸関連の記事江戸を震撼させた連続放火の意外な犯人とは?トップセキュリティを誇った江戸城がたった二人の盗賊に侵入された?今回は、教科書には載らない江戸時代の怪奇事件、猟奇事件、珍事件を紹介します
2016/06/14 8:00:00

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
【おすすめ】350名以上!東洲斎写楽や松尾芭蕉、徳川吉宗など江戸の人物を一挙紹介
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
★いまココ★ 幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

Warning: Creating default object from empty value in /var/www/bakumatsu/app/webroot/blog/wp-includes/comment-template.php on line 920
コメント

コメント

  1. 何がどう「ガチで」なんでしょうか。とんでもないガセですな。羊頭狗肉もいいところ。「幕末の美女写真17選」なら良いんだけど「ガチで美人過ぎる」みたいなアフィリエイト脳におかされた人間は醜い。

  2. "漫画家・松本零士が『銀河鉄道999』のメーテルを描く際にモデルしたのが、この楠本高子さんだったそうです"ふーん

  3. イケメン(男)ランキングに対して、女性はそのまま現代にいたら違和感が強い感じ。化粧などによる部分が大きいから時代の違いが見た目の違いに反映されやすいのかな

  4. Pingback: 日本史上の美男・美女たち | girls

  5. 4位の写真ですが、昔は、亡くなった方と生きてる方が一緒に写っている写真に「亡くなった者が寂しくて生きてる者をあの世に連れていっちゃう」という迷信がありました。なのでその迷信を信じている人が、誰かわからないように生きている方の顔を隠す事があったんですよ。迷信ですので信じてるのは女性が多く、この写真もそんな感じかと思われます。

    ついでに4位の写真は美女揃いですね。左下の方も右上の方もかなり美人だと思います(^ ^)

  6. Pingback: 浮世絵でたどる江戸時代「美人」の移り変わり | 江戸ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL