【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】

波の絵で、世界でも非常に有名な葛飾北斎。日本人にとってもあまりに見慣れたあれ以外の北斎作品もまた凄い。特に老人になってからの作品は圧倒されます。あまり知られていない、“波の絵じゃない”北斎の傑作を紹介します。(年齢は数えではなく、現代一般的な満で紹介します)

色彩感覚ずば抜けてる

八方睨大鳳凰図(葛飾北斎の画)八方睨み鳳凰図 下絵(1848年) 葛飾北斎 87歳ごろ
長野県にある岩松院の天井に描かれた天井画。そのサイズはなんと畳21枚分。この大作を86歳から87歳までの1年かけて仕上げたというからすごい。とにかく迫力が半端ない!ビビッドな色味、鳳凰の目力も尋常じゃない。まさに魂が込められているような力強さがびしびしと伝わってくる。ちなみに天井画は今も当時の色彩と光沢を保っているという。


海外が驚愕した“北斎ブルー”

甲州石班沢(葛飾北斎の画)甲州石班沢(1831〜35年/『冨嶽三十六景』より) 葛飾北斎 70歳〜74歳ごろ
藍摺絵(藍色の濃淡のみで仕上げた画)の傑作。「いろんな表情の富士山を描くよ!」というコンセプトシリーズ『冨嶽三十六景』のひとつ。ベロ藍(プルシャンブルー)とよばれる色がなんとも美しい。当時、海外の芸術家たちを驚愕させたこの色使いは、“Hokusai and Blue Revolution(青の革命)”とも呼ばれているそうで。
ちなみにこれ構図も面白くて、岩と猟師の持っている網で富士山と同じ三角形を描いています。



星の下で舞う鬼

文昌星図(葛飾北斎の画)文昌星図(1843年) 葛飾北斎 82歳ごろ
筆を持った鬼は、もしかして北斎自身だったのかもしれません。


田植えが幻想的にみえる不思議

田植図(葛飾北斎の画)田植図(1843年) 葛飾北斎 82歳ごろ
北斎晩年の作品。田植えをする人々のかぶる笠の白い丸が印象的。西洋画的な雰囲気も感じられます。


晩年に描いた虎

雪中虎図(葛飾北斎の画)雪中虎図(1849年) 葛飾北斎 88歳ごろ
満88歳で没した北斎が死の数ヶ月前に描いたという作品。虎の質感や肢体が独特の雰囲気で見る者をひきつけます。なんか普通じゃない感じを受けますね。


斬新すぎる滝の描き方

木曽路ノ奥阿弥陀ケ滝(葛飾北斎の画)木曽路ノ奥阿弥陀ケ滝(1833年/諸国滝廻り』より) 葛飾北斎 72歳ごろ
こちらは全国で有名な滝を描いたシリーズの1枚。流れ落ちる水の表情をどう描くかに主眼が置かれているそう。その企み通りすごい描き方です。流れ落ちる直前の水と落ちていく水がまったく別物のよう。こんな発想、どこからくるんでしょうか。


妙に格好いい「端午の節句の縁起もの」

鍾馗騎獅図(葛飾北斎の画)鍾馗騎獅図(1844年) 葛飾北斎 83歳ごろ
魔を追い払う神「鍾馗(しょうき)」が、魔除けの動物獅子に乗ってるんだから、その効果は半端ないです。北斎自らの長命・厄払いの願いを込めたなんて話も。しかし、魔除けというよりも、積極的に打ち払いにいかんとするこの迫力。80歳を超えて、なおこの画が描けるのが凄い。


動きのある美人画

手踊図(葛飾北斎の画)手踊図(1818~29年) 葛飾北斎 57〜68歳ごろ
一瞬を切り取る名人・北斎の真骨頂。美人画も普通じゃありません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を友達にシェアしよう!

投稿日: 投稿日:カテゴリ:カテゴリー 浮世絵, 芸術

幕末ブログ 関連記事

幕末ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・江戸時代の記事

“【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】” への 18 件のフィードバック

  1. […] 【【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】 | 幕末ガイド】 […]

  2. TODAY'S says: 2013年11月26日

    北斎ブルー

    甲州石班沢(1831〜35年/『冨嶽三十六景』より) 葛飾北斎 70歳〜74歳ごろ 海外が驚愕した“北斎ブルー” 藍摺絵(藍色の濃淡のみで仕上げた画)の傑作。 「いろんな表情の富士山を描く…

  3. elm says: 2014年7月6日

    先日 浮世絵展で北斎の作品を見てきました。
    写楽も歌麿も広重もすごいと思いましたが、個人的には「北斎が最強!」という感想を持ちました。
    デッサン力、構図の妙、対象への思いの強さ・・・もう、本当に凄いです。
    本物を観る機会があって、幸せでした。

    すごく興味深いブログで素晴らしい♪
    南方熊楠も取り上げてください。非常に傑出した日本人ですもの♪きっと皆さん気に入りますよ~。

  4. sksys says: 2014年11月4日

    浮世絵展見てきました。
    とても素晴らしいレポートですね。
    とても勉強になりました。
    ありがとうございます。

  5. […] 参考:葛飾北斎/Wikipedia 幕末ガイド 葛飾応為/Wikipedia […]

  6. […] Katsushika Hokusai’s works […]

  7. […] bakumatsu.org […]

  8. […] 江戸時代どころか日本を代表する絵師。代表作の「凱風快晴」(通称、赤富士)「神奈川沖浪裏」をはじめとする『冨嶽三十六景』や『北斎漫画』は、絵に興味のない人でもなんらかの […]

  9. […] 江戸時代のトイレ。用を足す武士。 トイレの外では3人の家来が待っているが、めちゃくちゃ臭そうな顔で鼻をつまんでいます。これは長屋のトイレでしょうか。トイレのドアは下半分しかなく、ひと目で利用している人がいるかわかるようになっています。 面白いのはトイレの壁。 相合傘の落書きがあります。 この絵は約200年前ですが、人のやることというのは時代が変わっても同じなのですねぇ。(『北斎漫画』より/葛飾北斎 画) […]

  10. […] 長生きできたそうです。たとえば、天才絵師として世界にその名を知られる葛飾北斎は90歳(満88歳)で没するまで現役でバリバリ傑作を描いていましたし、『南総里見八犬伝』の著者と […]

  11. […] 【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】 […]

  12. […] 【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】 […]

  13. […] 一方、江戸時代の絵のお手本集(絵手本)として有名なのが葛飾北斎による『北斎漫画』。 『北斎漫画』(葛飾北斎 画) […]

  14. […] その人物とは、 葛飾北斎。 1817年(文化14年)、尾張の見世物のメッカ・大須。 […]

  15. […] 節分でやることといったら外せないのが「豆まき」。節分にまく豆は「打ち豆」とか「鬼豆」とか呼ばれました。現代だと「福豆」呼びが一般的。 江戸時代の人々も江戸城大奥から庶民まで、都市や地方のかかわりなくみんな節分には豆まきをしていました。 葛飾北斎によるダイナミック豆まき。いかつい男性が投げつける豆は相当イタイようで、背を丸める鬼がちょっと哀れになります(『北斎漫画』(四巻)より) さて、江戸時代の節分を見ていく前に“そもそも”の歴史をふり返ってみましょう。 時は平安時代。場所は宮中。 奈良時代に古代中国より日本に伝わった「追儺(ついな)」という行事が大晦日の夜に行われていました。新年を迎えるにあたって、年内の病疫を鬼に見立て追い払う、という行事です。 一方、「追儺」の儀式とは別に、平安貴族たちには「節分」に災害よけと長寿を願い読経をするという風習がありました。 さらにいつの頃からか、「節分」に豆を使って邪気を祓う「豆打ち」という儀式が登場します。 昔の日本人は季節の変わり目、年の変わり目には邪気が入り込みやすいと考えており、さまざまな邪気祓いの儀式を行っていたんです。 そして時代が流れていくなかでこれらがゴチャ混ぜになり、室町時代には現代と同じように「鬼は外、福は内」と唱えながら豆をまくことが節分に行われるようになったそうです。 もともと別物だった「追儺」と「節分」も江戸時代にはすっかり一体化し、「節分=邪気を追い祓うために豆をまく」というのが下々にまで浸透していました。また、「追儺」の儀式も神社などで行われていたようです。 『東都歳事記』より これは藤の花で有名な亀戸天神の「追儺」の儀式。「おにやらい」と呼んでいたもよう。 節分の夜、やってきた邪気の象徴である青鬼と赤鬼を神主が問答で負かし退散するというイベントで、画像中央の黒い衣装の人物が神主さん、その前に立ちはだかるのが2匹の鬼さんです。 なお、亀戸天神の「追儺」の儀式は、現代でも節分の夜に行われており、ありがたい福豆をゲットするため多くの氏子が訪れるそうな。 ところで、なんでまくのは大豆なのか? 金太郎も豆まき。背後には立派な鏡餅も見えます(歌川国芳 画) 古来、穀物には邪気を祓うパワーがあるとされていました。あんな小さいのに芽が出て実りをもたらしますからね。生命力の塊です。 かつては大豆ではなく、米や麦、粟(あわ)などを使うこともあったそうですが、大豆が主流になった背景には次のような理由があるとか。 […]

コメントは受け付けていません。