【これが130年前!?】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい【月岡芳年】

幕末から明治にかけて活躍した月岡芳年(読み:つきおかよしとし)。彼が晩年に描いた連作 『月百姿』。歴史の有名なシーンと月を絡めたりした作品なのですが、その構図センスと自由自在な表現力はまるで古さを感じさせません。

圧倒的な浮遊感!牛若丸@五条橋。

『五条橋の月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『五条橋の月』(1888年) 月岡芳年

独特のポーズで軽やかに舞う牛若丸こと源義経。その背後で光る月。場所は五条橋。弁慶との出会いの場所です。

 



孫悟空と月のウサギ

『玉兎 孫悟空』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『玉兎 孫悟空』(1886年) 月岡芳年

月の宮殿から逃げ出した妖魔と孫悟空の戦い。怪物化していた妖魔を孫悟空は見事撃退。元の月のウサギに戻され、逃げ帰っているところです。

 



風に舞う手紙

『月のものくるひ 文ひろけ』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『月のものくるひ 文ひろけ』(1889年) 月岡芳年

豊臣秀吉の女中・おちよ。ある日受け取った手紙で恋人の死を知ります。おちよは悲しみのあまり気が触れてしまい、その手紙を身体に巻き付けたりしながら、死ぬまで城のまわりなどを徘徊したそうです。

 



漆黒の波の迫力がもの凄い

『大物海上月 弁慶』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『大物海上月 弁慶』(1886年) 月岡芳年

能楽『船弁慶』の有名なシーン。波に立ち向かっているのは武蔵坊弁慶。源頼朝の追っ手から逃げる弁慶たちの行く手を阻むのは、月をも飲み込まんとする漆黒の大波。かつての敵・平家の怨霊の仕業ですが、弁慶の必死の祈りにより嵐はおさまります。

スポンサーリンク


 



月といえばかぐや姫。

『月宮迎 竹とり』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『月宮迎 竹とり』(1888年) 月岡芳年

おとぎ噺であまりに有名な『竹取物語』。月に帰ってしまうかぐや姫を、名残惜しく見ている翁。背中から哀しみが伝わります。

 



夜桜、舞い散る花びら

『忍岡月 玉淵斎』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『忍岡月 玉淵斎』(1889年) 月岡芳年

上野に夜桜見物にきた若侍・玉淵斎(ぎょくえんさい)。桜や着物を吹き飛ばすような妖しい風から身を守っているシーン。なんとも雰囲気のある絵です。

 



躍動感と静かな満月の対比。

『朝野河晴雪月 孝女ちか子』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『朝野河晴雪月 孝女ちか子』(1885年) 月岡芳年

江戸時代の商人・銭屋五兵衛は、干拓・開発工事で毒薬を用いたと疑われ、投獄されてしまう。孫娘のちか子は祖父の無罪を訴え、若き身を川に投じてしまいました。この着物のふんわり感、芳年得意の独特のポージング。それと対照的な満月や水面の静けさ。『月百姿』シリーズのなかでも屈指の作品です。

 



若き秀吉の出世戦

『稲葉山の月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『稲葉山の月』(1885年) 月岡芳年

一夜城のエピソードで有名な稲葉山城の戦い。月光る夜半、若き豊臣秀吉は僅か7名ほどを引き連れ、崖をのぼり稲葉山城に裏から潜入。火を放ち敵を大混乱に陥れるという有名なシーンです。構図がすばらしい!

 



行司が金太郎。

『金時山の月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『金時山の月』(1890年) 月岡芳年

足柄山で猿と兔の相撲をみているのは、いわゆる金太郎。のちの坂田金時。チェックの腹掛けがオシャレです。

スポンサーリンク


 



ポージングが凄まじく格好いい。

『雪後の暁月 小林平八郎』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『雪後の暁月 小林平八郎』(1889年) 月岡芳年

小林平八郎は『忠臣蔵』で討ち取られた吉良上野介の家臣。名を馳せた剣技を奮い、四十七士を苦しめます。ポーズが最高に決まってます。

 



コーナーに潜む鬼婆が怖い。

『孤家月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『孤家月』(1890年) 月岡芳年

日本に古くから伝わる、恐ろしすぎる鬼婆伝説。『一つ家の鬼婆(浅茅ヶ原の鬼婆)』の1シーン。うっかり泊まってしまった旅人の寝込みを襲おうとする、まさにその時です。目が怖いよ。

 



色鮮やかに甦る、伝説の大盗賊。

『朧夜月 熊坂』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『朧夜月 熊坂』(1887年) 月岡芳年

奥州に下る源義経一行を襲ったといわれる伝説の大盗賊・熊坂長範。その大胆な行動は、現在でも歌舞伎の演目となり人気があります。迫力のある絵がなんとも格好いい。

 



明智光秀、襲われる5秒前。

『山城小栗棲月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『山城小栗棲月』(1886年) 月岡芳年

本能寺の変後、敗走する明智光秀は最後百姓に討たれ、天下を掴み損ねます。これはそれを農民の側から描いたもの。まさに光秀を討つ直前、百姓が月を見上げ決意を固めます。

 



火消しの迫力と幻想的な月。

『煙中月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『煙中月』(1886年) 月岡芳年

大火事で辺り一面が煙るなか、火消し2人が必死の作業にあたります。その煙の向こうには満月がうっすらと見える、というダイナミックな対比。よくまあこんな発想、構図が出てくるものです。

スポンサーリンク


 



なんともいえない表情の意味は…

『舵楼の月 平清経』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『舵楼の月 平清経』(1847年ごろ) 月岡芳年

笛の名手である平家・平清経。隆盛を誇ったのも今は昔。源氏にいよいよ追い詰められ、世を儚んだ清経は、月光る夜に船上で笛を吹いた後、入水自殺します。この絵は、まさに命を捨てる直前ということになります。ちなみに、このエピソードをもとに世阿弥が能『清経』を書き上げ、現在でも上演されています。

 



独特のポージングで、悲恋を哀しむ女性。

『法輪寺乃月 横笛』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『法輪寺乃月 横笛』(1890年) 月岡芳年

身分違いの恋が叶わず、涙にくれる女性。平家物語の有名なエピソード『横笛』の主人公です。お相手の斉藤時頼も横笛を好いていたのですが、時頼自身の身分の高さから成就は難しいと悟り、彼は未練を断切るために出家してしまいます(!)。月岡芳年の真骨頂である独特のポージングに目を奪われます。

 



あまりに儚げすぎるタッチ。

『破窓月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『源氏夕顔巻』(1886年) 月岡芳年

『源氏物語』で、主人公・光源氏の愛人であった夕顔。逢い引きをしていたら、恨み言をぶつけてくる女性の霊に出くわして、ほどなくして夕顔は息を引き取ってしまいます。この絵は、霊となってしまった夕顔が、花の夕顔と重なるように、月夜に現れています。月岡芳年はさまざまなタッチを自在に使い分けます。

 



物の怪VS勇女

『吉野山夜半月 伊賀局』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『吉野山夜半月 伊賀局』(1886年) 月岡芳年

後醍醐天皇の寵妃を守るために命を落とした藤原基任という者が、「いまだにちゃんと弔ってもらえてないんだけど、どういうこと?」と抗議に現れます。伊賀局はなんの関係もないのですが、「ふんふん」と話を聞いてやり供養を約束することで、物の怪を安心させたという話です。

 



波間に光る月が印象的

『はかなしや波の下にも入ぬへし つきの都の人や見るとて 有子』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『はかなしや波の下にも入ぬへし つきの都の人や見るとて 有子』(1886年) 月岡芳年

描かれている有子さんは、琵琶が得意な厳島の巫女なのですが、都から参詣に来た偉い人に恋をしてしまいます。しかし所詮は報われぬ恋。悲しみに暮れた有子さんは、琵琶を携えながら入水自殺してしまいます。画題「はかなしや〜」は有子さんが詠んだ辞世の句です。

スポンサーリンク


 



こんな絵も描ける最後の浮世絵師。

『悟道の月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『悟道の月』(1888年) 月岡芳年

大きな袋とでっぷりした体躯でおなじみ、七福神のひとり・布袋です。葛飾北斎や歌川国芳も描いた伝説の仏僧。儚げな女性を描いたタッチとの振り幅が凄いです。

 



楽しげな市井の人々。

『盆の月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『盆の月』(1887年) 月岡芳年

満月のもと、盆踊りに興じる市井の人びとです。最後の浮世絵師は、庶民の生活も切り取って絵にしました。

 



偶然の産物。

『都幾乃発明 宝蔵院』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『都幾乃発明 宝蔵院』(1891年) 月岡芳年

伝説的槍の名手である宝蔵院胤栄(読み:ほうぞういんいんえい)。猿沢池に映る月影を相手に修行に励んでいましたが、ふと水面を見ると、三日月と槍がクロスしています。偶然の産物にインスピレーションを受けた胤榮は、宝蔵院流槍術の代名詞である十文字槍を思いついたとか。ちなみに弟子の胤舜は、宮本武蔵のライバルとしてよく物語で描かれますね。

 



ひたすら座禅を組む達磨大師。

『破窓月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『破窓月』(1886年) 月岡芳年

禅宗の開祖。何年も座禅を組みつづけ、しまいには周りの壁がボロボロになってるのですが、まったくおかまいなし。何かの創始者になるというのは、これほどの執念がいるということでしょうか。

スポンサーリンク


 



仇討ちへ、静かに覚悟を固める

『雨後の山月 時致』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『雨後の山月 時致』(1885年) 月岡芳年

日本の三代仇討ちのひとつ『曾我兄弟の仇討ち』がテーマになっています。これは弟の曾我時致。父の仇をまさに討ちに行く直前、ふと月を見上げ静かに覚悟を決めているようです。

 



月と富士と信玄

『きよみかた空にも関のあるならば月をとゝめて三保の松原』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『きよみかた空にも関のあるならば月をとゝめて三保の松原』(1886年ごろ) 月岡芳年

世界遺産に登録された三保の松原から富士山を見つめる武田信玄。何を思っているのでしょうか?

 



姥捨てを哀しく照らす月

『姥捨月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『姥捨月』(1847年ごろ) 月岡芳年

年老いた母を背負い、山に分けいる男。黙って背負われるままでいる母。哀しい別れを月が照らしています。

スポンサーリンク



 

 

個人的に特にぐっときた作品を紹介しました。以下は、『100枚の月』の残りすべてをご紹介します!
どれも、ぜんぜん古くなくて素晴らしいです。

 
『月下乃斥候 斉藤利三』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『月下乃斥候 斉藤利三』

『南屏山昇月 曹操』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『南屏山昇月 曹操』

『花山寺の月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『花山寺の月』

『史家村月夜 九紋竜』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『史家村月夜 九紋竜』

『原野月 保昌』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『原野月 保昌』

『鳶巣山暁月 戸田半平重之』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『鳶巣山暁月 戸田半平重之』

『田毎ある中にもつらき辻君のかほさらしなや運の月かけ 一と勢』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『田毎ある中にもつらき辻君のかほさらしなや運の月かけ 一と勢』

『堅田浦乃月 斎藤内蔵介』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『堅田浦乃月 斎藤内蔵介』

『ほとゝきすなをも雲ゐに上くる哉 頼政とりあへす 弓張月のいるにまかせて』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『ほとゝきすなをも雲ゐに上くる哉 頼政とりあへす 弓張月のいるにまかせて』

『きぬたの月 夕霧』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『きぬたの月 夕霧』

『千代能かいたゝく桶の底ぬけてミつたまらねハ月もやとらす』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『千代能かいたゝく桶の底ぬけてミつたまらねハ月もやとらす』

『世尊寺乃月 少将義孝』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『世尊寺乃月 少将義孝』

『読書の月 子路』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『読書の月 子路』

『住よしの名月 定家卿』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『住よしの名月 定家卿』

『南海月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『南海月』

『霜満軍営秋気清 数行過雁月三更 謙信』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『霜満軍営秋気清 数行過雁月三更 謙信』

『赤壁月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『赤壁月』

『宮路山の月 師長』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『宮路山の月 師長』

『雨中月 児島高徳』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『雨中月 児島高徳』

『かしかまし野もせにすたく虫の音よ 我たになかくものをこそおもへ月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『かしかまし野もせにすたく虫の音よ 我たになかくものをこそおもへ』

『から衣うつ音きけは月きよみまたねぬ人を空にしるかな 経信』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『から衣うつ音きけは月きよみまたねぬ人を空にしるかな 経信』

『王昌齢 西宮夜静百花香 欲捲珠簾春恨長 斜抱雲和深見月 朧々樹色隠照陽』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『王昌齢 西宮夜静百花香 欲捲珠簾春恨長 斜抱雲和深見月 朧々樹色隠照陽』

『淮水月 伍子胥』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『淮水月 伍子胥』

『五節の命婦』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『五節の命婦』

『あまの原ふりさけミれハ春日なる三笠の山に出し月かも』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『あまの原ふりさけミれハ春日なる三笠の山に出し月かも』

『石山月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『石山月』

『稲むらか崎の明ほのゝ月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『稲むらか崎の明ほのゝ月』

『北山月 豊原統秋』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『北山月 豊原統秋』

『しはゐまちの暁月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『しはゐまちの暁月』

『神事残月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『神事残月』

『しらしらとしらけたる夜の月かけに雪かきわけて梅の花折る 公任』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『しらしらとしらけたる夜の月かけに雪かきわけて梅の花折る 公任』

『卒都婆の月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『卒都婆の月』

『垣間見の月 かほよ』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『垣間見の月 かほよ』

『つきのかつら 呉剛』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『つきのかつら 呉剛』

『高倉月 長谷部信連』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『高倉月 長谷部信連』

『銀河月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『銀河月』

『廓の月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『廓の月』

『鶏鳴山の月 子房』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『鶏鳴山の月 子房』

『いつくしまの月 室遊女』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『いつくしまの月 室遊女』

『竹生島月 経正』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『竹生島月 経正』

『雨後の山月 時致』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『雨後の山月 時致』

『悟道の月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『悟道の月』

『朱雀門の月 博雅三位』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『朱雀門の月 博雅三位』

『吼』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『吼』

『心観月 平友梅』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『心観月 平友梅』

『祇園まち』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『祇園まち』

『志津か嶽月 秀吉』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『志津か嶽月 秀吉』

『音羽山月 田村明神』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『音羽山月 田村明神』

『常よりそ曇もいとへ今宵そとおもふは月の光なりけり 玄以』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『常よりそ曇もいとへ今宵そとおもふは月の光なりけり 玄以』

『信仰の三日月 幸盛』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『信仰の三日月 幸盛』

『名月や畳の上に松の影 其角』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『名月や畳の上に松の影 其角』

『四条納涼』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『四条納涼』

『山木館の月 景広』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『山木館の月 景広』

『やすらハで寐なましものを小夜ふけてかたふく迄の月を見しかな』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『やすらハで寐なましものを小夜ふけてかたふく迄の月を見しかな』

『たのしみは夕貌たなのゆふ涼 男はてゝら女はふたのして』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『たのしみは夕貌たなのゆふ涼 男はてゝら女はふたのして』

『賊巣乃月 小碓皇子』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『賊巣乃月 小碓皇子』

『月明林下美人来』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『月明林下美人来』

『桜さくすみたの川にこくふねもくれて関屋に月をこそ見れ 水木辰の助』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『桜さくすみたの川にこくふねもくれて関屋に月をこそ見れ 水木辰の助』

『調布里の月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『調布里の月』

『足柄山月 義光』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『足柄山月 義光』

『三日月の頃より待し今宵哉 翁』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『三日月の頃より待し今宵哉 翁』

『月の四の緒 蝉丸』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『月の四の緒 蝉丸』

『弓取の数に入るさの身となれはおしまさりけり夏夜月 明石儀太夫』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『弓取の数に入るさの身となれはおしまさりけり夏夜月 明石儀太夫』

『孝子乃月 小野篁』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『孝子乃月 小野篁』

『おもひきや雲ゐの秋のそらならて竹あむ窓の月を見んとは 秀次』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『おもひきや雲ゐの秋のそらならて竹あむ窓の月を見んとは 秀次』

『嵯峨野乃月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『嵯峨野乃月』

『梵僧月夜受桂子』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『梵僧月夜受桂子』

『むさしのゝ月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『むさしのゝ月』

『いてしほ乃月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『いてしほ乃月』

『猿楽月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『猿楽月』

『たか雄 君は今駒かたあたりほとゝきす』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『たか雄 君は今駒かたあたりほとゝきす』

『貞観殿月 源経基』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『貞観殿月 源経基』

『嫦娥奔月』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『嫦娥奔月』

『名月や来て見よかしのひたい際 深見自休』(『月百姿』シリーズ、作・月岡芳年)

『名月や来て見よかしのひたい際 深見自休』

スポンサーリンク

幕末のおもしろトリビアを配信中

ブログ村 幕末ランキングへ幕末ブログランキングへ

幕末ブログ 最新記事

【あさが来た】2015年 もっとも人気だった幕末人物は? 303人中ベスト10を発表【花燃ゆ】
2015年は朝ドラと大河ドラマがともに幕末を取り上げました。日本最大の幕末サイト『幕末ガイド』に登録された303名のうち、アクセス順にベスト10を紹介します。
2015-12-31 13:42:00
2015年 幕末の人気記事ランキング! 1位は納得のあの人物
2015年の幕末記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?10位から1位までランキングで紹介します!
2015-12-20 19:47:11
【猫好き浮世絵師】天才・歌川国芳が描いたネコたちがおもしろ可愛い【猫づくし】
いまから150年以上前、江戸時代末期に活躍した歌川国芳という絵師がいました。国芳は類まれなるデザイン力とユニークな発想の持ち主で、美人画や妖怪画など幅広いジャンルの作品を数多く生み出しました。そんな彼が最も好きだったのが"猫"。猫が死んだ時は寺に葬り仏壇まで作ったそうです。そんな歌川国芳が描いた、ユーモアと愛に溢れた"猫浮世絵"の数々をご紹介します!
2015-11-08 14:29:07
【写真あり】現代に通用する明治時代の美人をランキングしてみた!【22位~1位】
いまから約100年前の明治時代。調べてみると、現代にも通用する美人さんがやっぱりいた。幕末専門ブログですが今回は番外編。メジャーな人からマイナーな人まで写真つきでランキング化!
2014-04-26 19:58:25
【写真あり】現代にも通用する幕末イケメンをランキングしてみた【33位~1位】
いまから約150年前の幕末。土方歳三や龍馬らが生きていた時代にもやっぱりイケメンはいた。メジャーどころからマイナーな人物まで写真付きで完全ランキング化!
2014-02-24 02:46:20
【写真あり】もはや漫画。27歳で亡くなった高杉晋作の生涯が恰好良すぎる【幕末】
幕末の英雄・高杉晋作。意外に知られてないその生涯をまとめてみたのですが、あまりに格好よすぎてまるでリアリティがありません。
2013-06-09 14:54:58
【写真で比較】大河ドラマ『八重の桜』のキャストを実物と較べてみた
遂に放送開始された2013年大河ドラマ『八重の桜』。発表されているキャストが斬新だったので慌ててまとめてみました。
2013-01-06 21:11:10
【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】
波の絵で、世界でも非常に有名な葛飾北斎。日本人にとってもあまりに見慣れたあれ以外の北斎作品もまた凄い。特に老人になってからの作品は圧倒されます。あまり知られていない、“波の絵じゃない”北斎の傑作を紹介します。(年齢は数えではなく、現代一般的な満で紹介します)
2012-12-23 09:09:37
【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】
浮世絵といえば、東洲斎写楽や葛飾北斎を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、その後幕末から明治にかけて、いま見ても新しい浮世絵作品がたくさん生まれました。今回はそんなクールな浮世絵作品を紹介します。
2012-12-08 15:29:51
映画『るろうに剣心』続編のキャストを、どこよりも早く予想してみた【志々雄編/十本刀】
幕末明治映画として快進撃を続ける『るろ剣』こと『るろうに剣心』。はやくも続編の期待が高まっています。続編となれば、作中もっとも人気の高い志々雄真実と十本刀が出てくるでしょうから、いちはやくそのキャストを予想してみました。
2012-09-15 08:41:00

あわせて読みたい 戦国・江戸関連記事

七夕はそもそも秋のイベント!? 江戸時代の七夕について由来や食べ物、飾りをまとめてみた
江戸関連の記事現在も定番の七夕イベントは江戸時代にもありました。現代にもつながるところもありますが、今ではあまりやらなくなったこともあります。江戸時代の七夕についてまとめました。
2016/07/05 11:10:00
江戸時代のベストセラー21作品をまとめたらカオスだった【今だと物議をかもす本も】
江戸関連の記事江戸時代の出版業界は大盛況!今も愛読される作品から現代だと物議をかもしそうな作品まで様々誕生しました。江戸時代のベストセラー&ロングセラーを21作品ご紹介します。
2016/07/03 13:00:00
2016年上半期もっとも読まれた江戸人気記事は?下着を着けない時代の生理事情など ベスト10
江戸関連の記事2016年上半期もっとも読まれた江戸記事は?10位から1位までランキングします!
2016/06/28 21:30:00
【教科書には載らない】江戸時代の名人・達人13人が道を極めすぎて格好良い 後編
江戸関連の記事江戸時代にはその道に通じた天才たちが大勢いました。卓越したテクニックと熱意で道を極めた13人の名人達人たちをご紹介。今回は後編です。
2016/06/27 20:30:00
【教科書には載らない】江戸時代の名人・達人13人が道を極めすぎて格好良い 前編
江戸関連の記事葛飾北斎、宮本武蔵、松尾芭蕉……江戸時代にはその道に通じた天才たちが大勢いました。今回は、卓越したテクニックと熱意で道を極めた13人の名人達人たちをご紹介。まずは前編です。
2016/06/26 18:00:00
安い傘で5,000円!? 現代と違う江戸時代の雨具を画像つきでまとめてみた
江戸関連の記事雨具といえば、最近ではオシャレで機能的なレインコートやレインシューズなどもたくさんありますが、江戸時代にはどんな雨具があったのでしょうか。現代にも続くグッズや、今ではみないものなど、数百年前の雨の日対策を紹介します。
2016/06/22 21:10:00
【画像あり】遊女の1日が ちっとも華やかでなかった【万年寝不足】
江戸関連の記事老若男女問わず多くの人々を魅了し、観光スポットともなっていた幕府公認の遊郭・吉原。そこで働く遊女たちは華やかで美しく、まさに雲の上の存在だと思われがち。そんな遊女たちの意外に華やかでない1日を紹介します
2016/06/21 19:20:00
【厳選25枚】江戸時代の幽霊画がめちゃくちゃ怖い【夜見ちゃダメ】
江戸関連の記事夏といえば幽霊。ということで、恨み、つらみ、未練の末にさまよいでた幽霊を描いた傑作幽霊画をご紹介。江戸時代の絵柄だからこそかえって怖い傑作25枚。
2016/06/20 11:30:00
エアコンなくてもこんなに涼しい! 江戸時代の夏の過ごし方がアイデア満載で参考になる
江戸関連の記事エアコンのない江戸時代。暑い夏を人々はどのように過ごしていたのでしょうか?服装、食べ物、涼を楽しむ娯楽など江戸っ子流夏の過ごし方をご紹介します。
2016/06/19 14:00:00
【画像あり】江戸時代のおもしろ珍商売をまとめてみた
江戸関連の記事“宵越しの金を持たない”のを身上にしていた江戸っ子。とはいえ、お金がなければ食べていけない。でもマジメに働くのもしゃらくさい。そこで考え出されたアイデアと愛嬌たっぷりな珍商売の数々をご紹介。
2016/06/17 21:30:00
あの北斎も真似た!200年前の絵師・北尾政美の作品がゆるカワ過ぎて癒される
江戸関連の記事江戸時代の絵師・北尾政美(きたおまさよし)が残したゆるカワ、脱力系作品の数々が200年後のいま再び脚光を浴びています。なんだか癒されるユニークな北尾政美の名作たちをご紹介します。
2016/06/16 8:00:00
【教科書には載らない】江戸時代に実際にあった珍事件・怪奇事件の数々【13の事件簿】
江戸関連の記事江戸を震撼させた連続放火の意外な犯人とは?トップセキュリティを誇った江戸城がたった二人の盗賊に侵入された?今回は、教科書には載らない江戸時代の怪奇事件、猟奇事件、珍事件を紹介します
2016/06/14 8:00:00

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
【おすすめ】350名以上!東洲斎写楽や松尾芭蕉、徳川吉宗など江戸の人物を一挙紹介
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
★いまココ★ 幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

Warning: Creating default object from empty value in /var/www/bakumatsu/app/webroot/blog/wp-includes/comment-template.php on line 920
コメント

コメント

  1. どっかで聞いたことあると思ったら、伊藤晴雨が感化を受けた「血まみれ芳年」か! 残酷絵よりぜんぜんこっちのほうがいいじゃん。洋画構図と浮世絵技法の折衷性がすばらしぃ。

  2. 構図の素晴らしさは新旧に依るものではないのでタイトルもにょるわ。絵はとても素晴らしい。模写したい。

  3. 【これが130年前!?】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい【月岡芳年】 | 幕末ガイド

  4. 照明が月を暗くした。/【これが130年前!?】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい【月岡芳年】 | 幕末ガイド

  5. Read Item By GoogleReader – 【これが130年前!?】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい【月岡芳年】 | 幕末ガイド

  6. しゅごいなー。 ▶ 【これが130年前!?】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい【月岡芳年】 | 幕末ガイド

  7. やっぱ画面構成が巧いよね。どっちかというと好きなタイプのタッチではないんだけど。

  8. 昔、月岡芳年の月100選?見に行ったなぁ…素晴らしかった ”【これが130年前!?】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい【月岡芳年】 | 幕末ガイド"

  9. まさにこれだよ!『月百姿』! RT @toshikaz55 昔、月岡芳年の月100選?見に行ったなぁ…素晴らしかった ”【これが130年前!?】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい【月岡芳年】 | 幕末ガイド"

  10. 「枠線の外に絵の一部がはみ出す」という技法が使われてることに驚き。これって漫画の発明じゃなかったのね。

  11. Read: 【これが130年前!?】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい【月岡芳年】 | 幕末ガイド –

  12. 以前シリーズの殆どを網羅したコレクションが『何でも鑑定団』に出てきたが高評価だった記憶がある.かっけーなあ

  13. 「歴史の有名なシーンと月を絡めたりした作品なのですが、その構図センスと自由自在な表現力はまるで古さを感じさせません。」

  14. Pingback: 星を飲むような巨大な3Dの裏庭 — BliBlo

  15. Pingback: 壺中山紫庵

  16. 相当な枚数があるのに全部見てしまった。:【これが130年前!?】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい【月岡芳年】 | 幕末ガイド

  17. Pingback: 【これが130年前!?】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい【月岡芳年】 | 幕末ガイド http://bakumatsu.org/blog/2013/07/tsukioka_yoshitoshi.html … フツーに今のイラストとか

  18. “幕末から明治にかけて活躍した月岡芳年(読み:つきおかよしとし)。彼が晩年に描いた連作 『月百姿』。歴史の有名なシーンと月を絡めたりした作品なのですが、その構図センスと自由自在な表現力はまるで古さを感じさ

  19. Sherri I’m looking for a strategy to consider pictures offmy new iphone 4 picture vault make all of them about mymy i pad2 photograph burial container aid I actually did not remember the security password and had been wondering if there had been anyhow to be able to reset the item of course, if I can put in ceiling protection questions in the event it happens yet again I no longer would like to reduce our images within it therefore please assist me to ASAP thank you Yet another thing I’ve truly discovered is usually which for some, crooked credit score is a response to situations further than their very own handle. As an example they could actually are saddled having an illness in order that they have too much expenses gonna series. It will be due to a profession damage or not able to function. Sometimes breakup or maybe splitting up could truly give the actual economic situations inside unwanted direction. Cheers spreading your opinions on this website.

  20. Pingback: 關於浮世繪,你可能不知道的20件事 | tsunagu Japan

  21. Pingback: 浮世絵だけじゃない!江戸時代の傑作絵画が想像以上で驚がくする|厳選42枚 | 江戸ガイド

  22. http://www.pls173.com 剑灵美服代练(BNS)客户评价:我作为PLS173的客户已经有近三年。三年来我见到PLS173的代练服务越来越快、越来越好!现在已经近乎神的水平!而且,PLS173的代练员从来不乱动帐号上的有价值物品,品德崇高,值得信赖。

  23. Pingback: 【教科書には載らない】江戸時代に実際にあった珍事件・怪奇事件の数々【13の事件簿】 | 江戸ガイド

  24. Pingback: 七夕はそもそも秋のイベント!? 江戸時代の七夕について由来や食べ物、飾りをまとめてみた | 江戸ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL