• 更新日:2019年3月3日
  • 公開日:2012年12月23日


鮭さんも逃げてっ!

鮭と鼠(葛飾北斎の画)鮭と鼠(1833~1839年ごろ/『肉筆画帖』より) 葛飾北斎 72〜78歳ごろ
今度は鮭。シリーズ『肉筆画帖』のうちの一枚。


いまだ世界を魅了するグレートウェーブ

神奈川沖浪裏(葛飾北斎の画)神奈川沖浪裏(1831〜35年/『冨嶽三十六景』より) 葛飾北斎 70〜74歳ごろ
おそらく歴史上もっとも有名な日本画。海外では「グレートウェーブ」という名称で愛されています。葛飾北斎が遺した数多くの傑作のひとつです。



北斎「イベントやるから来てね!」

大達磨揮毫の予告黒摺引き札(葛飾北斎の画)大達磨揮毫の予告黒摺引き札(1817年) 葛飾北斎 56歳ごろ
1817年、北斎は名古屋に滞在中、本願寺別院で120畳敷きの巨大な紙に即興で達磨を描き名古屋の人の度肝を抜きました。これはそのイベントを予告するチラシ。ちなみに巨大達磨の絵そのものは残念ながら戦災でなくなってしまい、今ではこのチラシだけが残っています。北斎という人はエンターティナーでもあったようです。


あいかわらず鳳凰の迫力がすごい

鳳凰図屏風(葛飾北斎の画)
鳳凰図屏風 全体(葛飾北斎の画)鳳凰図屏風(1835年) 葛飾北斎 74歳ごろ
天井絵とは別の画ですが、こちらも圧倒的な迫力。これが180年近い前の作品ということに言葉が出ません。ぜひ拡大してみてください。(上の画像をクリック)


ただのスイカなのに妙に妖しい

西瓜図(葛飾北斎の画)西瓜図(1839年) 葛飾北斎 78歳ごろ
スイカのしっとりかつ赤々とした断面と、らせん状の剥かれた皮。じっとみていると、ただのスイカなのですが様々想像力がかき立てられます。


なんともオシャレ

中版花鳥図 鶺鴒と藤(葛飾北斎の画)中版花鳥図 鶺鴒と藤(1834年) 葛飾北斎 73歳ごろ
鋭い観察眼を持つ北斎は花鳥図も得意としており海外での評価も非常に高いです。この「鶺鴒と藤」もいいですね~。なんかシャレてます。お菓子のパッケージとかにも使えそうです。


空海VS疫神

弘法大師修法図(葛飾北斎の画)弘法大師修法図(1844〜47年ごろ) 葛飾北斎 83〜86歳ごろ
弘法大師と真言宗の開祖・空海が疫神を調伏しています。とんでもない迫力。西新井大師の寺宝です。


月と虎

月みる虎図(葛飾北斎の画)月みる虎図(1844年ごろ) 葛飾北斎 83歳ごろ
月を見上げる虎の表情がなんともいえません。うっとりしてるようでもあり、何かを寂しく想っているようでもあります。

幕末ブログ 関連記事

幕末ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・江戸時代の記事

“【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】” への 18 件のフィードバック

  1. […] 【【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】 | 幕末ガイド】 […]

  2. TODAY'S says: 2013年11月26日

    北斎ブルー

    甲州石班沢(1831〜35年/『冨嶽三十六景』より) 葛飾北斎 70歳〜74歳ごろ 海外が驚愕した“北斎ブルー” 藍摺絵(藍色の濃淡のみで仕上げた画)の傑作。 「いろんな表情の富士山を描く…

  3. elm says: 2014年7月6日

    先日 浮世絵展で北斎の作品を見てきました。
    写楽も歌麿も広重もすごいと思いましたが、個人的には「北斎が最強!」という感想を持ちました。
    デッサン力、構図の妙、対象への思いの強さ・・・もう、本当に凄いです。
    本物を観る機会があって、幸せでした。

    すごく興味深いブログで素晴らしい♪
    南方熊楠も取り上げてください。非常に傑出した日本人ですもの♪きっと皆さん気に入りますよ~。

  4. sksys says: 2014年11月4日

    浮世絵展見てきました。
    とても素晴らしいレポートですね。
    とても勉強になりました。
    ありがとうございます。

  5. […] 参考:葛飾北斎/Wikipedia 幕末ガイド 葛飾応為/Wikipedia […]

  6. […] Katsushika Hokusai’s works […]

  7. […] bakumatsu.org […]

  8. […] 江戸時代どころか日本を代表する絵師。代表作の「凱風快晴」(通称、赤富士)「神奈川沖浪裏」をはじめとする『冨嶽三十六景』や『北斎漫画』は、絵に興味のない人でもなんらかの […]

  9. […] 江戸時代のトイレ。用を足す武士。 トイレの外では3人の家来が待っているが、めちゃくちゃ臭そうな顔で鼻をつまんでいます。これは長屋のトイレでしょうか。トイレのドアは下半分しかなく、ひと目で利用している人がいるかわかるようになっています。 面白いのはトイレの壁。 相合傘の落書きがあります。 この絵は約200年前ですが、人のやることというのは時代が変わっても同じなのですねぇ。(『北斎漫画』より/葛飾北斎 画) […]

  10. […] 長生きできたそうです。たとえば、天才絵師として世界にその名を知られる葛飾北斎は90歳(満88歳)で没するまで現役でバリバリ傑作を描いていましたし、『南総里見八犬伝』の著者と […]

コメントは受け付けていません。