【写真あり】徳川幕府最後の将軍が、意外と余生をエンジョイしていた【教科書に載ってない】

徳川慶喜は大正2年、いまから99年前まで生きていました。実は明治維新後の人生の方が長かった徳川慶喜の、“その後”は意外なものなんです。

徳川幕府最後の将軍といえば、徳川慶喜

徳川慶喜の写真
りりしいです。

在位わずか一年で幕府が崩壊。死罪必至でしたが、勝海舟らの交渉でなんとか免れました。さて、その後、慶喜明治大正時代にどんな人生を送っていたのか?

 

最後の将軍は趣味に生きました。

 

本当に多彩な趣味を持っていたのですが、たとえば、写真撮影

カメラを持って、よく屋外に撮影に出かけたそうです。実際に徳川慶喜が撮影した写真は現代にも残っています。たとえばこれ↓

徳川慶喜の撮影した写真(安倍川鉄橋上り列車進行中之図)
けっこう熱心で、当時人気だった写真雑誌『華影』にもたびたび投稿していましたが、なかなか採用されなかったそうです。

スポンサーリンク



そして、油絵慶喜の腕前はこちら。

徳川慶喜の油絵
結構上手いように見えるが、どうなんでしょう!?

 

そして、ちょっと変わった趣味では、慶喜はなんでも顕微鏡で観察するのが好きでした。

ある日、彼は大好物のきな粉を拡大してみました。

きな粉

すると、保存状態が悪かったのか、拡大したきな粉には虫がいっぱい。

きな粉に虫
それ以来慶喜は、大好物のきな粉を口にすることは出来なくなったそうです。

最後の将軍さん、何してんですか…。

 

アウトドアも大好きだったようです。

毎日やってたのが弓道

徳川慶喜の弓道写真

鉄砲携えての狩猟

徳川慶喜 狩猟写真
イギリス紳士っぽいですね。(謎

そして、サイクリング。当時まだ珍しい自転車を乗り回していました。

徳川慶喜公、静岡で初めて「自転車」に乗るの図
ダルマ型自転車(オーディナリー型自転車)に乗る最後の将軍。

狩猟のときと同じ帽子ですね。お気に入りでしょうか?運動のために、しょっちゅう市中を乗り回していたそうです。(明治20年2月5日付『静岡大務新聞』より)

相当ハイカラです。

サイクリング中に美人に気を取られ看板に激突した、なんてエピソードも残っています。

 

手裏剣
十字手裏剣
棒手裏剣
名人の域だったそうです。たぶん使用していたのは右の棒手裏剣だと思います。

スポンサーリンク



ほかにも、釣り、手芸、碁、将棋、能楽、放鷹、打毬、飯盒(はんごう)による飯炊きなども好んでやっていたらしい。

また、女性が好きで正室に加え側室2人と一緒に住んでいました(!)

一条美賀子(徳川慶喜の正室)
正室の一条美賀子
中根幸(徳川慶喜の側室)
側室の中根幸
新村信(徳川慶喜の側室)
側室の新村信

女性関係も奔放でエンジョイしていたようです。(明治維新前はさらに側室や妾がいました)

子供にも恵まれ、10男11女を授かっています。

 

自由気ままに生きる最後の将軍。

そんな徳川慶喜の生き方を快く思わない人たちもいました。

幕臣として箱館戦争に参戦し、新政府軍に最後まで抵抗した老中板倉勝静

老中・板倉勝静の写真
彼は明治に入りこんなことを言っています。

「慶喜と行動を共にしたことを後悔している」

 
ただ、一方でこんなエピソードも。

日本資本主義の父といわれる慶喜の家臣・渋沢栄一

渋沢栄一の写真
彼は2年間のヨーロッパ留学から帰国すると、慶喜が隠居している静岡藩から“官”として仕えるよう命令を受けました。

渋沢には、ヨーロッパで得た知識を“民”として自由に生かしたい思いがあり、この命令を断ります。

部下からのつれない返事。でも、慶喜はこんな言葉を掛けて送り出したそうです。

 

「これからはお前の道を行きなさい」

 

もしかしたら、自らがそれを実践して家臣の気持ちを楽にしていた、のかもしれません。

 

最後に、徳川慶喜の子孫の話を。

慶喜のひ孫、徳川慶朝(とくがわよしとも)さん。

徳川慶朝さん(徳川慶喜の子孫)
母方を通じて会津藩主・松平容保のひ孫でもあります。

徳川慶朝さんはプロのカメラマンとして、慶喜が大好きだけど上達しなかった写真の世界で活躍しています。

そして、ライフワークとして徳川家伝来の遺跡や歴史的建造物を撮影したり、慶喜が撮影した写真を書籍化して紹介したりしています。



スポンサーリンク

幕末のおもしろトリビアを配信中

ブログ村 幕末ランキングへ幕末ブログランキングへ

幕末ブログ 最新記事

【あさが来た】2015年 もっとも人気だった幕末人物は? 303人中ベスト10を発表【花燃ゆ】
2015年は朝ドラと大河ドラマがともに幕末を取り上げました。日本最大の幕末サイト『幕末ガイド』に登録された303名のうち、アクセス順にベスト10を紹介します。
2015-12-31 13:42:00
2015年 幕末の人気記事ランキング! 1位は納得のあの人物
2015年の幕末記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?10位から1位までランキングで紹介します!
2015-12-20 19:47:11
【猫好き浮世絵師】天才・歌川国芳が描いたネコたちがおもしろ可愛い【猫づくし】
いまから150年以上前、江戸時代末期に活躍した歌川国芳という絵師がいました。国芳は類まれなるデザイン力とユニークな発想の持ち主で、美人画や妖怪画など幅広いジャンルの作品を数多く生み出しました。そんな彼が最も好きだったのが"猫"。猫が死んだ時は寺に葬り仏壇まで作ったそうです。そんな歌川国芳が描いた、ユーモアと愛に溢れた"猫浮世絵"の数々をご紹介します!
2015-11-08 14:29:07
【写真あり】現代に通用する明治時代の美人をランキングしてみた!【22位~1位】
いまから約100年前の明治時代。調べてみると、現代にも通用する美人さんがやっぱりいた。幕末専門ブログですが今回は番外編。メジャーな人からマイナーな人まで写真つきでランキング化!
2014-04-26 19:58:25
【写真あり】現代にも通用する幕末イケメンをランキングしてみた【33位~1位】
いまから約150年前の幕末。土方歳三や龍馬らが生きていた時代にもやっぱりイケメンはいた。メジャーどころからマイナーな人物まで写真付きで完全ランキング化!
2014-02-24 02:46:20
【これが130年前!?】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい【月岡芳年】
幕末から明治にかけて活躍した月岡芳年(読み:つきおかよしとし)。彼が晩年に描いた連作 『月百姿』。歴史の有名なシーンと月を絡めたりした作品なのですが、その構図センスと自由自在な表現力はまるで古さを感じさせません。
2013-07-02 08:18:32
【写真あり】もはや漫画。27歳で亡くなった高杉晋作の生涯が恰好良すぎる【幕末】
幕末の英雄・高杉晋作。意外に知られてないその生涯をまとめてみたのですが、あまりに格好よすぎてまるでリアリティがありません。
2013-06-09 14:54:58
【写真で比較】大河ドラマ『八重の桜』のキャストを実物と較べてみた
遂に放送開始された2013年大河ドラマ『八重の桜』。発表されているキャストが斬新だったので慌ててまとめてみました。
2013-01-06 21:11:10
【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】
波の絵で、世界でも非常に有名な葛飾北斎。日本人にとってもあまりに見慣れたあれ以外の北斎作品もまた凄い。特に老人になってからの作品は圧倒されます。あまり知られていない、“波の絵じゃない”北斎の傑作を紹介します。(年齢は数えではなく、現代一般的な満で紹介します)
2012-12-23 09:09:37
【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】
浮世絵といえば、東洲斎写楽や葛飾北斎を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、その後幕末から明治にかけて、いま見ても新しい浮世絵作品がたくさん生まれました。今回はそんなクールな浮世絵作品を紹介します。
2012-12-08 15:29:51

あわせて読みたい 戦国・江戸関連記事

【画像あり】江戸時代にもクリスマス!? 日本初のサンタは侍の格好だった!
江戸関連の記事クリスマスって戦後ぐらいに日本でも広まった?と思いきや、意外にその歴史は長かった。キリスト教が弾圧された江戸時代に、どうやってクリスマスを祝われていたのでしょうか?
2016/12/06 11:00:00
ゆるカワ地獄が面白い 200年前の奇才絵師・耳鳥斎の厳選32作品を紹介
江戸関連の記事近頃、江戸時代の“ゆるカワ”作品がアツい注目を集めています。以前ご紹介した北尾政美(きたおまさよし)もそのひとり。そして、今回ご紹介する耳鳥斎(読み:にちょうさい)も江戸時代が生んだ“ゆるカワ”絵師として展覧会や図録がジワジワ人気を集めています。そんな耳鳥斎の楽しい作品をご紹介。
2016/11/22 14:40:00
宝くじのルーツ、江戸時代の禁止ギャンブル「富くじ」とは【1等いくら?】
江戸関連の記事ギャンブルをやらない人でも身近な賭博が宝くじ。億万長者を夢見て宝くじを買ったことのある人も多いのでは? ということで今回は宝くじのルーツ、江戸時代の富くじをご紹介。
2016/11/18 15:45:00
桜吹雪の刺青や名裁きは作り話?それでも遠山の金さんのモデルがヒーローだった理由
江戸関連の記事決め台詞「この桜吹雪に見覚えがねぇとは言わせねぇぜ!」で悪役たちに啖呵をきるシーンでおなじみ、時代劇ドラマのヒーロー「遠山の金さん」。大岡越前とともに“江戸時代を代表する名奉行”として知られる金さんの嘘と真実をまとめました。
2016/11/19 10:00:00
ペットショップに飼育書、ペットのお墓まで!?江戸時代のペット事情が現代と変わらない
江戸関連の記事犬に猫、金魚や小鳥に爬虫類まで――さまざまなペットを飼っている家庭が増え、ペットはもはや家族の一員となっています。ペットブームが起きたのは近年になってからと思いきや、じつは江戸時代にもペットは大人気。今回は江戸のペット事情をまとめました。
2016/11/14 15:00:00
松尾芭蕉の相手は13歳年下のイケメン?江戸時代の有名人たちの恋愛事情をまとめた
江戸関連の記事松尾芭蕉や小林一茶など江戸時代の有名文化人というと、色恋には無関心な“ストイックな人”というイメージがありますが、彼らとて人の子。恋をして、愛する人を想い涙することもありました。今回は有名文化人たちの恋模様をご紹介します。
2016/11/05 19:30:00
【画像多数】 富士山を描いた江戸時代の絵画が絶景すぎる【31作品】
江戸関連の記事古来、日本を象徴する霊峰として有名な富士山。江戸時代にも多くの芸術家たちが富士山の姿を描きましたが、今回はそのなかから厳選した31枚をご紹介します。
2016/11/03 19:40:00
【女性用ふんどしも!?】江戸時代の下着「ふんどし」が興味深い【戦前までは現役】
江戸関連の記事「ふんどし」というと“男性用の伝統的下着”というイメージがありますが、じつは戦前までは現役バリバリ。そして、女性用のふんどしもあった!? 江戸っ子たちの下半身を包んだふんどしについてまとめました。
2016/11/02 19:30:00
暴れん坊将軍 吉宗のライバル・徳川宗春の生き方がド派手すぎる
江戸関連の記事時代劇ドラマのヒーローであり、“幕府中興の祖”として有名な8代将軍・徳川吉宗。その吉宗の最大である尾張名古屋の愛すべきド派手お殿様、徳川宗春についてまとめました。
2016/11/01 14:35:00
【画像あり】江戸時代の妖怪絵巻がゆるカワ過ぎてほっこりする【厳選5作品】
江戸関連の記事近年の妖怪ブームで注目を集める妖怪界。妖怪をテーマにした展覧会は大人気。今回は数ある妖怪絵巻のなかでもとってもユニークでカワイイ5作品を紹介。
2016/09/17 21:30:00
子どもも喫煙OKだった! 江戸時代の驚きのタバコ事情とは【銘柄やタバコ入れも】
江戸関連の記事日本で喫煙の風習が広まった400年前。喫煙ルールや銘柄、値段は現在と全く異なっていました。そして、嫌煙家VS愛煙家のバトルは当時からあったのです!
2016/09/16 12:30:00
【画像あり】お月見は2回が正式!?江戸時代の月見が今とずいぶん違う【由来は?】
江戸関連の記事秋のイベントといえばハロウィン!ではなく、日本人なら月見も忘れちゃいけない。意外と知られていない月見の由来についてまとめてみました。
2016/09/15 12:30:00

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
【おすすめ】350名以上!東洲斎写楽や松尾芭蕉、徳川吉宗など江戸の人物を一挙紹介
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
★いまココ★ 幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

Warning: Creating default object from empty value in /var/www/bakumatsu/app/webroot/blog/wp-includes/comment-template.php on line 920
コメント

コメント

  1. まあ、大奥切って他の維持費とか除けばこれぐらいやって遊べるくらいの金はたんまり持ってたってことか。

  2. "革命"が起こっても前の国家元首がすぐ首をちょん切られるわけじゃないどころか悠々自適の老後を送るのが良くも悪くもこの国を表してるような希ガス 日本と中/仏 どうして差がついたのか 慢心、環境の違い…

  3. 下手にマジメだと幕府再興の御輿になりかねないわけで、一部の元幕臣が憤慨していたのもそれはそれで狙い通りだったんでは。それが自分の命を守るためか、新政府への期待か、雌伏が目的かはわからないけど。

  4. 【写真あり】徳川幕府最後の将軍が、意外と余生をエンジョイしていた【教科書に載ってない】 | 幕末ガイド

  5. 日本ではじめて自転車事故起こした人なんだっけかw それにしても写真の構図も絵も多趣味の中の一つにしてはすごく上手いように見えるんだけど…ご本人のセンスはもとより教養が半端なかったんだろうなあ

  6. 幕末期の尾張藩の藩主も写真で有名だな。一橋家は尾張藩とも縁が深いので、その辺の繋がりもあったのかな。

  7. あまり質実剛健に真面目に暮らしていると、政権転覆を企んでるとか難癖つけらるから、趣味にうつつを抜かすフリをしてたとかw ≫ 【写真あり】徳川幕府最後の将軍が、意外と余生をエンジョイしていた【教科書に載っ

  8. いろいろ大変な人生だったんだろうな。趣味が多い事は素敵な事だけど、本当にやりたいことは別の事だったかも知れんよな。

  9. この手の華族のその後の話は、古くは近衛文麿、新しきは細川護煕、鳩山由紀夫と言ったメンツで正直良いイメージは無いんだよなあ。毒にも薬にもならずに、大人しく隠居しててくれれば、どれだけ有り難い事か…

  10. まぁWW1のヴィルヘルム2世とかカール1世、WW2のウンベルト2世なども別に首チョンパされた訳でも無いけど、その手の旧支配者としては比較的若かったので人生をエンジョイする時間も長かったのね。

  11. 東照公以来の逸材とは趣味という意味だったのかね。家康も狩猟や女性好きだったし、洋物好きでもあったらしいし。

  12. 隠居というのは元々後継者争いを避ける知恵だったが、一歩進めて体制転換の時に争いを避けることを選んだ結果がこれなのだろう。

  13. 慶喜はなんでも顕微鏡で観察するのが好きでした。 ある日、彼は大好物のきな粉を拡大してみました。   すると、保存状態が悪かったのか、拡大したきな粉には虫がいっぱい。 それ以来慶喜は、大好物のきな粉を口にする

  14. こう言う歴史の脇道みたいなのは大好きです。こう言う失脚した殿様みたいな人たちが大正文化とかに関わってたんじゃ無いかなとか根拠なしに思う。

  15. 写真が好きというのは知ってたが、予想以上に多趣味。この人が最後の将軍だったってのは、意義深いな。 #fb

  16. 【写真あり】徳川幕府最後の将軍が、意外と余生をエンジョイしていた【教科書に載ってない】 | 幕末ガイド 徳川慶喜は大正2年、いまから99年前まで生きていました。実は明治維新後の人生の方が長かった徳川慶喜の、“

  17. 【写真あり】徳川幕府最後の将軍が、意外と余生をエンジョイしていた【教科書に載ってない】 | 幕末ガイド

  18. 敗軍の長ではあるけど華族だしね。水戸学(天皇家崇拝)なんで野心も起きないだろうし。|板倉勝静の言葉は、鳥羽・伏見の戦いで戦争前に逃げ帰られた恨みもあるのかなと。

  19. 勝海舟が妻妾同居だったのとか福沢諭吉が180㎝の大男で適塾(西洋医術)に行ったのに医者にならなかったとか不思議がいっぱい!/子ども向け伝記でも勝海舟と福沢諭吉を読むと太平洋横断の節が随分違っていて面白い。

  20. 生まれから来る余裕ゆえに、下々の者への理解が薄いのは仕方ないかな…。でもこの方の英断のお陰で、日本は内戦に次ぐ内戦を回避できた点は評価したい(蝦夷と水戸藩の内ゲバから目をそらしながら)

  21. 『「これからはお前の道を行きなさい」 もしかしたら、自らがそれを実践して家臣の気持ちを楽にしていた、のかもしれません。』

  22. 【写真あり】徳川幕府最後の将軍が、意外と余生をエンジョイしていた【教科書に載ってない】 | 幕末ガイド

  23. 飯盒炊爨が楽しくてたまらず、でもアルミの飯盒は健康にどうかな・・・そう思った慶喜は銀の塊を造兵工廠に送り専用の純銀の飯盒を作らせ日々それでご飯を自分で喜んで炊いて食べていたとか。かわいいじゃん。

  24. この話の真相は勝海舟の本『氷川清話』に。勝海舟が慶喜に表舞台から消えるようアドバイスしたから。反体制派の旗頭に担がれ国が二分されることを防ぐためのもの。|徳川幕府最後の将軍が、意外と余生をエンジョイしていた【教科書に載ってない】 http://t.co/eiNTdMw9

  25. そりゃこんなことばっかりやってりゃ教科書には載らんわなぁw。【幕末ガイド】【写真あり】徳川幕府最後の将軍が、意外と余生をエンジョイしていた【教科書に載ってない】 http://t.co/SBpUYvyq

  26. 【写真あり】徳川幕府最後の将軍が、意外と余生をエンジョイしていた【教科書に載ってない】 | 幕末ガイド http://t.co/LndoEhtz キャワイーよしくんキャワイー きな粉たべれなくなったよしくんキャワイー

  27. @4YoGun 俺の祖先の「征夷大将軍」は、こういう趣味だったそうだ http://t.co/Wj1Cunt6 。そういえば明治天皇の撮影をした内田九一(俺の戸籍上の親の片方も内田)もカメラマン。明治天皇の若い時の写真は顎が徳川慶喜似る。俺は顎が太い明治天皇似。

  28. Pingback: 読書と手芸と文芸と。

  29. @purple35ran ふふふ、あんまり知りすぎるとどんなに好きでも嫌いになることもあるって話です。 つ【http://t.co/HeMQOdZm】

  30. Pingback: 男性の平均身長が155cmだった江戸時代。坂本龍馬など有名人の身長は?【22人】 | 江戸ガイド

  31. Pingback: 最後の将軍慶喜さんは趣味に生きました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL