【写真あり】徳川幕府最後の将軍が、意外と余生をエンジョイしていた【教科書に載ってない】

徳川慶喜は大正2年、いまから99年前まで生きていました。実は明治維新後の人生の方が長かった徳川慶喜の、“その後”は意外なものなんです。

徳川幕府最後の将軍といえば、徳川慶喜

徳川慶喜の写真
りりしいです。

在位わずか一年で幕府が崩壊。死罪必至でしたが、勝海舟らの交渉でなんとか免れました。さて、その後、慶喜明治大正時代にどんな人生を送っていたのか?

 

最後の将軍は趣味に生きました。

 

本当に多彩な趣味を持っていたのですが、たとえば、写真撮影

カメラを持って、よく屋外に撮影に出かけたそうです。実際に徳川慶喜が撮影した写真は現代にも残っています。たとえばこれ↓

徳川慶喜の撮影した写真(安倍川鉄橋上り列車進行中之図)
けっこう熱心で、当時人気だった写真雑誌『華影』にもたびたび投稿していましたが、なかなか採用されなかったそうです。

スポンサーリンク



そして、油絵慶喜の腕前はこちら。

徳川慶喜の油絵
結構上手いように見えるが、どうなんでしょう!?

 

そして、ちょっと変わった趣味では、慶喜はなんでも顕微鏡で観察するのが好きでした。

ある日、彼は大好物のきな粉を拡大してみました。

きな粉

すると、保存状態が悪かったのか、拡大したきな粉には虫がいっぱい。

きな粉に虫
それ以来慶喜は、大好物のきな粉を口にすることは出来なくなったそうです。

最後の将軍さん、何してんですか…。

 

アウトドアも大好きだったようです。

毎日やってたのが弓道

徳川慶喜の弓道写真

鉄砲携えての狩猟

徳川慶喜 狩猟写真
イギリス紳士っぽいですね。(謎

そして、サイクリング。当時まだ珍しい自転車を乗り回していました。

徳川慶喜公、静岡で初めて「自転車」に乗るの図
ダルマ型自転車(オーディナリー型自転車)に乗る最後の将軍。

狩猟のときと同じ帽子ですね。お気に入りでしょうか?運動のために、しょっちゅう市中を乗り回していたそうです。(明治20年2月5日付『静岡大務新聞』より)

相当ハイカラです。

サイクリング中に美人に気を取られ看板に激突した、なんてエピソードも残っています。

 

手裏剣
十字手裏剣
棒手裏剣
名人の域だったそうです。たぶん使用していたのは右の棒手裏剣だと思います。

スポンサーリンク



ほかにも、釣り、手芸、碁、将棋、能楽、放鷹、打毬、飯盒(はんごう)による飯炊きなども好んでやっていたらしい。

また、女性が好きで正室に加え側室2人と一緒に住んでいました(!)

一条美賀子(徳川慶喜の正室)
正室の一条美賀子
中根幸(徳川慶喜の側室)
側室の中根幸
新村信(徳川慶喜の側室)
側室の新村信

女性関係も奔放でエンジョイしていたようです。(明治維新前はさらに側室や妾がいました)

子供にも恵まれ、10男11女を授かっています。

 

自由気ままに生きる最後の将軍。

そんな徳川慶喜の生き方を快く思わない人たちもいました。

幕臣として箱館戦争に参戦し、新政府軍に最後まで抵抗した老中板倉勝静

老中・板倉勝静の写真
彼は明治に入りこんなことを言っています。

「慶喜と行動を共にしたことを後悔している」

 
ただ、一方でこんなエピソードも。

日本資本主義の父といわれる慶喜の家臣・渋沢栄一

渋沢栄一の写真
彼は2年間のヨーロッパ留学から帰国すると、慶喜が隠居している静岡藩から“官”として仕えるよう命令を受けました。

渋沢には、ヨーロッパで得た知識を“民”として自由に生かしたい思いがあり、この命令を断ります。

部下からのつれない返事。でも、慶喜はこんな言葉を掛けて送り出したそうです。

 

「これからはお前の道を行きなさい」

 

もしかしたら、自らがそれを実践して家臣の気持ちを楽にしていた、のかもしれません。

 

最後に、徳川慶喜の子孫の話を。

慶喜のひ孫、徳川慶朝(とくがわよしとも)さん。

徳川慶朝さん(徳川慶喜の子孫)
母方を通じて会津藩主・松平容保のひ孫でもあります。

徳川慶朝さんはプロのカメラマンとして、慶喜が大好きだけど上達しなかった写真の世界で活躍しています。

そして、ライフワークとして徳川家伝来の遺跡や歴史的建造物を撮影したり、慶喜が撮影した写真を書籍化して紹介したりしています。



スポンサーリンク