• 更新日:2017年6月25日
  • 公開日:2012年4月20日


幕府の重鎮でもう一人。小栗上野介

小栗上野介の写真
その能力は敵方の新政府軍すら認めた幕末のS級人物。彼の残した「幕府の運命には限りがあっても日本の運命に限りはない」は、屈指の名言だと思います。

そんな小栗の玄孫(やしゃご、ひ孫の子)が、

 

 

花さか天使テンテンくん
わかるかなー、「花さか天使テンテンくん」

昔、週刊少年ジャンプで連載してた漫画。作者の小栗かずまたさんが子孫になります。…いま何してるんでしょうか?

ちなみに、相当薄ーい関係ですが、この人とも繋がりがあります。

 

 

武蔵の写真
K-1ファイター武蔵です。

小栗の親戚筋にあたります。最近K-1の運営会社が潰れましたが、「K-1の運命に限りはあっても、日本格闘技の運命に限りはない」といったところでしょうか。

並べてみましょう。

小栗上野介の肖像画
花さか天使テンテンくん
武蔵(ファイティングポーズ)

余談ですが、昔、TBSの『ギミア・ぶれいく』というTV番組で、徳川埋蔵金を発掘しようという企画が人気を呼びました。中心人物が糸井重里。

ギミア・ぶれいく『徳川埋蔵金』 糸井重里の写真ギミア・ぶれいく『徳川埋蔵金』 発掘
この徳川埋蔵金を埋めたといわれていたのが、徳川幕府の勘定奉行・小栗上野介その人だったんです。

ちなみに埋蔵金が眠るといわれた群馬県の赤城山は、最終的にこんな感じにされました。

ギミア・ぶれいく『徳川埋蔵金』全容

子孫ネタに戻ります。

会津藩家老・西郷頼母(さいごうたのも)

西郷頼母の写真

福島で展開された会津戦争のキーマンです。日本テレビ年末時代劇スペシャル「白虎隊」里見浩太朗が演じましたが、とても良かった。

さて、この西郷頼母の息子(養子)が、柔道家・西郷四郎嘉納治五郎に育てられた講道館四天王のひとりであり小説や映画で有名な姿三四郎のモデルです。

西郷四郎(姿三四郎)の写真
こんな話があります。

西郷頼母会津藩に代々伝わる格闘術「大東流合気柔術」を2人の男に直伝した。一人は息子・柔道家・西郷四郎。その後、四郎が編み出した技が伝説の投げ技「山嵐」。

もうひとりは武田惣角。彼は大東流合気柔術を全国に広めた。彼に教わった植芝盛平という人が、とある武道を作りあげた。それが現在、世界中に伝わる『合気道』である。

夢があっていいですね。このへんを書いた夢枕獏の小説『東天の獅子』はめちゃくちゃ面白いです。

 

維新の三傑をみてきましょう。明治維新の最大の功労者たちです。左から桂小五郎(木戸孝允)西郷隆盛大久保利通

桂小五郎(木戸孝允)の写真
西郷隆盛の肖像画
大久保利通の写真

彼らの子孫はそれぞれどんな生き方をしてるのか?

まずは木戸孝允

なかなか子供に恵まれなかったのですが、養子をしっかりと育てました。そんな彼の子孫もいろいろやっています。

お孫さんに木戸幸一

木戸幸一の写真
政治家になり初代厚生大臣や内大臣を歴任。東京裁判にてA級戦犯となり無期懲役の判決を受けてしまいました。

来孫(ひ孫の孫)の木戸寛孝さんは、元電通。現・コンセプトデザイナー

木戸寛孝の写真
NPO法人 世界連邦21世紀フォーラム理事長としても、世界平和のためにワールドワイドな活動をしています。

並べてみましょう。

桂小五郎(木戸孝允)の写真
木戸幸一の写真
木戸寛孝の写真

幕末ブログ 関連記事

幕末ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・江戸時代の記事

“【写真あり】幕末の偉人たちの子孫が意外過ぎる人生を送っている” への 2 件のフィードバック

  1. 条件付け | あっ、そっか。 says: 2015年3月23日

    […] 【写真あり】幕末の偉人たちの子孫が意外過ぎる人生を送っている […]

コメントは受け付けていません。