【五月病の人へ】120秒でやる気・元気が出る幕末の名言集

GWが明けてやる気の出ない方。新しい環境にまだ馴染めず萎縮している方。そんな方々のやる気・元気が復活するような幕末の名言をピックアップしました。

「その人がどれだけの人かは、人生に日が当たってない時にどのように過ごしているかで図れる。日が当たっている時は、何をやってもうまくいく」

勝海舟の写真
勝海舟
溢れる才能を戦略と戦術の両面で活かした幕臣の最重要人物。


「悔いるよりも、今日直ちに決意して、仕事を始め技術をためすべきである。何も着手に年齢の早い晩い(おそい)は問題にならない」

吉田松陰の肖像画
吉田松陰
明治維新の精神的指導者。人材育成の面で、優れた教育者でもある。



「失敗するから成功がある」

佐久間象山の写真
佐久間象山
思想家および教育者として、勝海舟や吉田松陰に大きな影響を与えた。 また、藩主の命令により洋学研究。兵学を皮切りに、日本初の指示電信機による電信、ガラスの製造や地震予知器の開発まで成功させる。


「何でも思い切ってやってみることですよ。どっちに転んだって人間、野辺の石ころ同様、骨となって一生を終えるのだから」

坂本龍馬の写真
坂本龍馬
明治維新に大きな影響を与えた志士。


「人間、窮地におちいるのはよい。意外な方角に活路が見出せるからだ。しかし、死地におちいれば、それでおしまいだ。だから、おれは困ったの一言は吐かない」

高杉晋作の肖像画
高杉晋作
伊藤博文が高杉を評して「動けば雷電の如く発すれば風雨の如し」。その行動力と独創的なひらめきからくる戦術の才能は、幕末の志士の中でも随一。


「やるだけのことはやって、後のことは心の中でそっと心配しておれば良いではないか。どうせなるようにしかならないよ」

勝海舟の写真
勝海舟
溢れる才能を戦略と戦術の両面で活かした幕臣の最重要人物。


「急速は事を破り、寧耐は事を成す」

西郷隆盛の肖像画
西郷隆盛
維新の三傑の一人であり、明治維新最大の功労者。維新後は、軍隊の最高責任者であり政治家となる。


「道が窮(きわま)ったかのようで他に道があるのは世の常である。時のある限り、人のある限り、道が窮るという理由はないのである」

大隈重信の写真
大隈重信
東京専門学校(現早稲田大学)の創立者。


「何でもよい、ひとつ上手であればよいものだ」

河井継之助の写真
河井継之助
戊辰戦争において、小藩ながら軍事力を背景に武装中立を目指した長岡藩重臣。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を友達にシェアしよう!

投稿日: 投稿日:カテゴリ:カテゴリー 名言

幕末ブログ 関連記事

幕末ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・江戸時代の記事