ガチで美人過ぎる幕末女性 ベスト17(写真あり)

幕末というと、やけに昔のことで、女性はお歯黒で引眉(眉を剃る)でなんか怖いってイメージがありませんか?髪型も化粧も現代とはぜんぜん違う。確かにそうなんです。でも、現代でもガチで通用する美人さんは確かにいた。そんなガチ美人の写真を集めてみました。

17位:縦縞の着物姿の女性

17位:縦縞の着物姿の女性の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
この方は写真だけが残されていて詳細不明です。ちょっときつめな目ですが、そこがいい。こんな目で見つめられたらドキドキしてしまいますね。


16位:おうの

おうの(高杉晋作の妾)の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
幕末を代表する志士・高杉晋作の愛人。

正妻の雅子さんと比べるとちょっとぼんやりした美人さん。でも、そんなところがよかったのかも。

高杉晋作はこのお方。
高杉晋作の肖像画

↓左が正妻の高杉雅子。並べてみました。雅子は晩年の写真しかないだけで、16歳で高杉と結婚しています。おうのとは2つ違い。

ちなみにおうのの存在はオープンなもので、高杉の死後もこの二人は連絡を取り合っていたそうです。なんかすごい。

高杉雅子(高杉晋作の正妻)の写真
おうの(高杉晋作の愛妾)の写真

スポンサーリンク



15位:かささん

15位:日本人婦人かささん(ベアト撮影/1963年9月)の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
イギリスの写真家ベアトが撮影。写真には『日本人婦人かささん 63年9月』とだけ記されています。現代でも十分に通用する顔立ちですねー。


14位:中野竹子

14位:中野竹子(娘子軍)の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
会津戦争に「娘子軍」といわれる女子部隊として参戦し散った烈女。

きりっとした目元がとにかく凛々しいです。なんか、ちょっと怒られたいです。会津藩でもその美貌は有名だったらしいのですが、それも納得。


13位:唐人お吉

13位:唐人お吉の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング)
伊豆下田No.1の人気芸者だった斎藤きち

徳川幕府の依頼で、アメリカ総領事ハリスの妾となったことからついた渾名が「唐人お吉(とうじんおきち)」。実際に情事があったかは不明。ちなみに、ハリスは体調が悪くって看護士を求めたのに、なんか話が間違って伝わったらしい…。

この女性は唐人お吉ではないとも言われてますが、いずれにしろあどけなさと色気が入り交じった不思議な魅力を持った人ですね。

↓ちなみにタウンゼント・ハリスはこの人。当時、53歳。お吉以外の妾がいたそうなので、精力は衰えずだったようです。

タウンゼント・ハリスの写真

スポンサーリンク