上目づかいがキュート

『はずかしさう 明治年間むすめの風俗』(『風俗三十二相』より、月岡芳年 画)
『はずかしさう 明治年間むすめの風俗』(1888年/明治21年)
袖をちょっと噛み、身をくねらせ、上目づかいでこちらを伺う若い女の子。お嬢さん、なにをそんなに恥ずかしがっているのか? 女の子が着ている着物は「黄八丈(きはちじょう)」と呼ばれるもので、江戸時代後期に若い女性の間で爆発的人気を誇りました。

赤が淫靡

『ねむさう 明治年間娼妓の風俗』(『風俗三十二相』より、月岡芳年 画)
『ねむさう 明治年間娼妓の風俗』(1888年/明治21年)
事後のようで、遊女布団の上でウトウトしています。赤い布団と赤い着物、赤い唇ーーなんというかものすごくアダルティです。


つかまえた❤︎

『うれしさう 明治稔間当今芸妓之婦宇曽久』(『風俗三十二相』より、月岡芳年 画)
『うれしさう 明治稔間当今芸妓之婦宇曽久』(1888年/明治21年)
透け感のある着物が色っぽい美人芸者さん。なにをしているのかというと、をその手にキャッチしたところ。揺れる袂(たもと)となびく乱れ髪が「動」ならば、夜空を舞う蛍の光は「静」。そのコントラストが見事です。団扇を口にくわえているのが、無邪気カワイイ。個人的にかなりオススメの一作です。


さあ、いよいよラスト。

シリーズ唯一の洋装

『遊歩がしたさう 明治年間妻君之風俗』(『風俗三十二相』より、月岡芳年 画)
『遊歩がしたさう 明治年間妻君之風俗』(1888年/明治21年)
シリーズ32枚のうち9枚が明治時代の女性を描いたものですが、意外にも洋装はこの一点のみ。ヘアスタイルも洋風で、真っ赤なリボンまでつけています。花のついたオシャレな帽子、ウエストのしまったドレス、手にした洋傘ーーどれをとっても最新ファッションです。そんな新しい時代を生きる若奥さま、咲き誇る花菖蒲にも負けぬほど美しく着飾ってお出かけのようです。

以上で、月岡芳年晩年の傑作美人画『風俗三十二相』はおしまいです。

月岡芳年は、大きく移り変わる時代のなかで生きた32人の女性たちをそれぞれの立場や年齢ごとに繊細に描き分けました。江戸時代の美人画というと画一的な表情の女性像をイメージするかもしれませんが、芳年の美人画は本当に表情豊かで、1枚1枚の絵からドラマを感じます。

別の記事でも月岡芳年の作品を紹介しています。あわせてどうぞ!
【これが130年前!?】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい【月岡芳年】
妖怪画の傑作!最後の浮世絵師が遺した36枚の絵は幻想と怪奇のごった煮だ
130年前の絵師・月岡芳年の武者絵が格好よすぎて身ぶるいする【全32枚を紹介】

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を友達にシェアしよう!

投稿日: 投稿日:カテゴリ:カテゴリー 浮世絵, 美人・イケメン, 芸術

幕末ブログ 関連記事

幕末ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・江戸時代の記事

コメントは受け付けていません。