光と闇のコントラスト

『つめたさう 文化年間めかけの風俗』(『風俗三十二相』より、月岡芳年 画)
『つめたさう 文化年間めかけの風俗』(1888年/明治21年)
派手な着物にゴージャスな髪飾りが目を引く彼女はお妾さん。夜の庭に出て手を洗っています。その手元を照らすのは行灯の光。行灯から漏れる光の筋によって夜の闇が二分割され、画面の背景に大胆な動きを与えています。


魅惑の背中

『あつさう 文政年間内室の風俗』(『風俗三十二相』より、月岡芳年 画)
『あつさう 文政年間内室の風俗』(1888年/明治21年)
奥さん「お灸なう」の図。むきだされた雪のように白い背中がエロティック。背中から首、顔までのラインがすばらしい。

鈴を転がすような笑い声が聞こえそう

『おもしろさう 文政年間奥女中の風俗』(『風俗三十二相』より、月岡芳年 画)
『おもしろさう 文政年間奥女中の風俗』(1888年/明治21年)
これまた一般人じゃなさそうな女性。こちらは江戸城大奥や武家の奥向きなどに勤める「奥女中」。シックながら華やかなファッションがステキです。視線の先にあるのはなんでしょう。とても楽しそう。

控えめにいっても天女

『しなやかさう 天保年間傾城之風俗』(『風俗三十二相』より、月岡芳年 画)
『しなやかさう 天保年間傾城之風俗』(1888年/明治21年)
まるで後光のような頭上の簪(かんざし)、目にも鮮やかな大胆なデザインの着物ーー数多くの遊女たちのトップに君臨する花魁の堂々たる存在感に圧倒されます。

雪に乱れる美女

『さむさう 天保年間深川仲町芸者風俗』(『風俗三十二相』より、月岡芳年 画)
『さむさう 天保年間深川仲町芸者風俗』(1888年/明治21年)
深川の芸者(美人)が傘をさし雪のなかを歩いています。かなり風も強いのか、傘の柄を持つ手に力が入っています。乱れる帯、崩れる着物、くねる肢体ーーなんという色気。黒い傘に積もる雪の質感もすばらしい。

額ににじむ汗を感じる

『おもたさう 天保年間深川かるこの風ぞく』(『風俗三十二相』より、月岡芳年 画)
『おもたさう 天保年間深川かるこの風ぞく』(1888年/明治21年)
おいしそうなお刺身が乗った台はタイトルの通り重たそう。それを運ぶ料亭の仲居さん(軽子)の半開きになった口からは「ハァ重た」というつぶやきが聞こえてきそうです。こめかみに貼りつく一筋の髪の毛からも女性の体温と疲労感を感じます。

視線の先には…?

『みたさう 天保年間御小性之風俗』(『風俗三十二相』より、月岡芳年 画)
『みたさう 天保年間御小性之風俗』(1888年/明治21年)
武家の奥方や姫君にお仕えする小姓の少女。恥じらいながらも目を奪われるその視線の先には一体なにがあるんでしょうか。昼顔をデザインした着物が可憐です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を友達にシェアしよう!

投稿日: 投稿日:カテゴリ:カテゴリー 浮世絵, 美人・イケメン, 芸術

幕末ブログ 関連記事

幕末ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・江戸時代の記事

コメントは受け付けていません。