【写真あり】現代に通用する明治時代の美人をランキングしてみた!【22位~1位】

いまから約100年前の明治時代。調べてみると、現代にも通用する美人さんがやっぱりいた。幕末専門ブログですが今回は番外編。メジャーな人からマイナーな人まで写真つきでランキング化!

22位:樋口一葉

樋口一葉(明治時代の美人ランキング)
まずは5,000円札の人の登場。明治を代表する女流作家。

ルックスだけでなく、生き方や作品などふくめてとても美しい人だと思う。肺結核によりわずか24歳で死去したが、『たけくらべ』や『にごりえ』を次々に発表した『奇跡の14ヶ月』はあまりに有名だ。

21位:藤蔭静樹(ふじかげせいじゅ)

藤蔭静樹(明治時代の美人ランキング)
パリでも絶賛された美しき日本舞踊家。

気軽に近づけないようなオーラを感じる。小説家・永井荷風と大恋愛して、くっついたり離れたりしたことでも有名だ。

永井荷風が亡くなった後、藤蔭静樹は、彼の命日である30日にきまってカツ丼を食べるようになった。カツ丼は、永井荷風の最期の食事だったからだそうだ。(´;ω;`)

20位:夕涼みをする女性

夕涼みをする女性(絵葉書、明治時代の美人ランキング)
いまから約110年前、明治39年の絵はがきだ。明治時代になると、和装で髪をおろした写真がけっこう出てくる。着物が百合文様なのもハイカラで見逃せないポイント。

なんか、この時代は洗い髪ブームが起きていたのか、こんなのもある。

アルバムを見る女性(明治時代の美人ランキング)
ちなみに、これは屋内で撮影されたもので、奥は書き割りらしい。


19位:鍋島栄子(なべしまながこ)

鍋島栄子(明治時代の美人ランキング)
佐賀藩最後の藩主・鍋島直大(なべしまなおひろ)の妻。

ローマで結婚式を挙げ、イタリア社交界で活躍。帰国後は鹿鳴館の華として注目された。ちょっと垂れ目で優しげな顔立ちは、目の肥えたイタリア男にもウケが良かったはずだ。

18位:男装の女性

半纏を着た女性(日下部金兵衛撮影、明治時代の美人ランキング)
職人の若者風コスプレ。丸顔の可愛らしい顔とのギャップがなんだか魅力的。顔立ちとしては女子校のソフトボール部にいそうだ(謎)

17位:絵葉書の女性

絵葉書の女性(明治43年消印、明治時代の美人ランキング)
切れ長の涼しげな目元が美しいすっきり系美人。縞の着物も粋な感じで「姐さん!」とつい呼びたくなる。

16位:末広ヒロ子

末広ヒロ子(明治のミスコン出場者、明治時代の美人ランキング)
明治時代に行なわれた、素人さん参加のミスコンで堂々一位になったのがこのヒロコさんだ。時代性を感じる大きなリボンと、あどけなさを残す可憐な表情がいいね。

15位:田沢稲舟(たざわいなぶね)

田澤稲舟(明治時代の美人ランキング)
23歳の若さで病により他界した薄幸の美人作家。まさに「美人薄命」。小説家山田美妙と結婚するも3ヶ月で破局、病で冒されてしまい帰らぬ人となった

スポンサーリンク


14位:萬龍(まんりゅう)

萬龍(明治時代の美人ランキング)
二重まぶたに柔らかそうなほっぺ。明治41年、雑誌『文芸倶楽部』が主催した美人コンテスト(全国百美人)で読者投票1位を獲得し、「日本一の美人」といわれた芸妓さんだ。

三越のポスターに起用されたり、「酒は正宗、芸者は萬龍」といわれるほど全国区の人気を誇った。ちょっと垢抜けない感じがするのもむしろ魅力的。

13位:青井テイコ

青井テイ子(明治のミスコン出場者、明治時代の美人ランキング)
こちらも、明治時代のミスコン出場者からだ。愛知県一等。一瞬、時代劇に出演することになった石原さとみかと思った。これは文句なく可愛い!

12位:西村志可子

西村志可子(明治のミスコン出場者、明治時代の美人ランキング)
続けて、こちらもミスコン出場者だ。「は?なに見てんの?」と言わんばかりの、冷めた目が印象的なクールビューティー。滋賀県の一等さんだ。

11位:お鯉(安藤照子)

お鯉、安藤照子(明治時代の美人ランキング)
お鯉は芸妓さんだ。時の総理大臣(桂太郎)にその美貌を見初められたというエピソードも納得の美貌。

お祭りの若衆姿のコスプレ(といっていいのか?)をしているこの写真はなんだか倒錯的な美しさを感じる。

スポンサーリンク



さあ、10位から1位を一挙紹介します!!

10位:朝吹磯子

朝吹磯子(明治時代の美人ランキング)
ちょっと武井咲に似てる気がする。

はっきりした顔立ちで、自信にあふれている感じ。それもそのはず。この人、まず英語堪能、歌人として歌集も出す、テニスをすれば全日本テニス選手権女子ダブルスで優勝とハイパー才色兼備な人だ。

ひ孫は、「きことわ」で芥川賞を受賞した朝吹真理子。あれだね、与える人には天は何物だって与えるんだね。

16歳の頃の朝吹磯子さん。

朝吹磯子(16歳頃、アール・ヌーヴォースタイルのドレス、明治時代の美人ランキング)
旦那さんの朝吹常吉氏とともに。これも16歳の頃なんですが、まあなんとも大人びた雰囲気。

朝吹常吉と妻・朝吹磯子(当時16歳)

7位〜9位:徳川茂承の三姉妹(上から長女・久子、二女・孝子、三女・保子)

徳川久子(徳川美人三姉妹の長女、明治時代の美人ランキング)徳川孝子(徳川美人三姉妹の二女、明治時代の美人ランキング)徳川保子(徳川美人三姉妹の三女、明治時代の美人ランキング)
御三家である紀州徳川家。その最後の藩主である徳川茂承(とくがわもちつぐ)の三姉妹。

ごくごく自然にただよう気品と美しさこそ、超絶サラブレッドの証か。茂承パパも自慢の娘たちだったろうなあ。

6位:御高祖頭巾の女性

お高祖頭巾の女性(日下部金兵衛撮影、明治時代の美人ランキング)
明治時代、女性に大流行した御高祖頭巾(おこそずきん)を被る女性。すごい美人さんだぞ、このひと。

ちなみに、御高祖頭巾は主に防寒用に使ってたらしくて、目元だけ出したりもしてる。これはこれで想像力がかき立てられるなあ。

お高祖頭巾、目元のみ露出する女性(明治時代の美人ランキング)

5位:ベールの女性

ベールの女性(明治時代の美人ランキング)
パッと見、もはや外人さんだ。彫りの深い顔立ちが当時の日本人離れしていて、化粧品の外国人モデルといわれても納得してしまう。

スポンサーリンク


4位:林玉子

林玉子(明治のミスコン出場者、明治時代の美人ランキング)
日本人形のような美少女。この人もミスコンの出場者だ。ちなみに石川県の代表。

切りそろえた前髪とか、どことなく大正時代っぽい雰囲気。少女漫画だったらどんくさい主人公の美しい友達って役が似合いそう。

 
さあ、いよいよ明治時代の美人ランキング、ベスト3の発表!

第3位はこの方だ!

3位:芸者(詳細不明)

芸者(明治時代の美人ランキング)
これは文句なく綺麗でしょう!

くっきり二重の大きく美しい目元が印象的。すこし微笑んでいるようにも見える口元も魅力的だ。芸者さんということだけで、詳細不明なのが惜しい。まあ、さぞ人気があったろうなー。

 
第2位はこの方だ!

 

2位:鼓を打つ女性

鼓を打つ芸奴(玉村康三郎撮影、明治時代の美人ランキング)
可愛らしさと美しさを併せ持ち、小悪魔的な雰囲気もあるとっても魅力的な美人!

ちょっと生意気そうなところもいいね。伝説の写真家・玉村康三郎が撮影した写真。

 
さて、それでは1位を発表。

1位はこの方!

 

1位:陸奥亮子(むつりょうこ)

陸奥亮子(外務大臣・睦奥宗光の妻、明治時代の美人ランキング)
カミソリ大臣とよばれた睦奥宗光の妻、陸奥亮子が1位!

まあ、しょうがない、明治時代の美人といえばこの人でしょう。「社交界の華」とよばれたのも大いに頷ける圧倒的美貌!なんなんだろう、この彫りの深さ。鼻の高さ。

ちなみに旦那さんの睦奥宗光坂本龍馬の戦友であり、幕末では海援隊の中心人物だったのだが、この人もまた美形で渋い。

そんな陸奥夫婦プラス息子で写っている写真がこれだ。

外務大臣の睦奥宗光、妻・亮子、長男・廣吉
(左・亮子、右・睦奥宗光、座っている人・長男の廣吉)

予想を遥かに超えた、すがすがしいまでの日本人離れ。いやいや、これ、ちょっと離れすぎてないか?陸奥家、こわい。

以上、明治時代の美人をランキングしました!以下もあわせてどうぞ!

幕末の美人をまとめた『ガチで美人過ぎる幕末女性 ベスト17(写真あり)』

江戸時代の美人をまとめた『江戸時代における美人の条件とは?有名美人画でわかる265年の移り変わり』もどうぞ


幕末のイケメンをまとめた『【写真あり】現代にも通用する幕末イケメンをランキングしてみた【33位~1位】』

スポンサーリンク

幕末のおもしろトリビアを配信中

ブログ村 幕末ランキングへ幕末ブログランキングへ

幕末ブログ 最新記事

【あさが来た】2015年 もっとも人気だった幕末人物は? 303人中ベスト10を発表【花燃ゆ】
2015年は朝ドラと大河ドラマがともに幕末を取り上げました。日本最大の幕末サイト『幕末ガイド』に登録された303名のうち、アクセス順にベスト10を紹介します。
2015-12-31 13:42:00
2015年 幕末の人気記事ランキング! 1位は納得のあの人物
2015年の幕末記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?10位から1位までランキングで紹介します!
2015-12-20 19:47:11
【猫好き浮世絵師】天才・歌川国芳が描いたネコたちがおもしろ可愛い【猫づくし】
いまから150年以上前、江戸時代末期に活躍した歌川国芳という絵師がいました。国芳は類まれなるデザイン力とユニークな発想の持ち主で、美人画や妖怪画など幅広いジャンルの作品を数多く生み出しました。そんな彼が最も好きだったのが"猫"。猫が死んだ時は寺に葬り仏壇まで作ったそうです。そんな歌川国芳が描いた、ユーモアと愛に溢れた"猫浮世絵"の数々をご紹介します!
2015-11-08 14:29:07
【写真あり】現代にも通用する幕末イケメンをランキングしてみた【33位~1位】
いまから約150年前の幕末。土方歳三や龍馬らが生きていた時代にもやっぱりイケメンはいた。メジャーどころからマイナーな人物まで写真付きで完全ランキング化!
2014-02-24 02:46:20
【これが130年前!?】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい【月岡芳年】
幕末から明治にかけて活躍した月岡芳年(読み:つきおかよしとし)。彼が晩年に描いた連作 『月百姿』。歴史の有名なシーンと月を絡めたりした作品なのですが、その構図センスと自由自在な表現力はまるで古さを感じさせません。
2013-07-02 08:18:32
【写真あり】もはや漫画。27歳で亡くなった高杉晋作の生涯が恰好良すぎる【幕末】
幕末の英雄・高杉晋作。意外に知られてないその生涯をまとめてみたのですが、あまりに格好よすぎてまるでリアリティがありません。
2013-06-09 14:54:58
【写真で比較】大河ドラマ『八重の桜』のキャストを実物と較べてみた
遂に放送開始された2013年大河ドラマ『八重の桜』。発表されているキャストが斬新だったので慌ててまとめてみました。
2013-01-06 21:11:10
【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】
波の絵で、世界でも非常に有名な葛飾北斎。日本人にとってもあまりに見慣れたあれ以外の北斎作品もまた凄い。特に老人になってからの作品は圧倒されます。あまり知られていない、“波の絵じゃない”北斎の傑作を紹介します。(年齢は数えではなく、現代一般的な満で紹介します)
2012-12-23 09:09:37
【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】
浮世絵といえば、東洲斎写楽や葛飾北斎を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、その後幕末から明治にかけて、いま見ても新しい浮世絵作品がたくさん生まれました。今回はそんなクールな浮世絵作品を紹介します。
2012-12-08 15:29:51
映画『るろうに剣心』続編のキャストを、どこよりも早く予想してみた【志々雄編/十本刀】
幕末明治映画として快進撃を続ける『るろ剣』こと『るろうに剣心』。はやくも続編の期待が高まっています。続編となれば、作中もっとも人気の高い志々雄真実と十本刀が出てくるでしょうから、いちはやくそのキャストを予想してみました。
2012-09-15 08:41:00

あわせて読みたい 戦国・江戸関連記事

【画像あり】好奇心の塊・平賀源内のフリーダム過ぎる生涯とは【発明も芸術も】
江戸関連の記事「エレキテルの人」でおなじみの平賀源内。“天才”とも”奇才”とも評される源内の意外と知られていない波乱万丈の生涯をまとめてみました。
2016/08/13 17:00:00
江戸時代には3種類のお金があった!? 今とは違う意外なお金事情とは【円にも換算】
江戸関連の記事“円”が導入される前の時代、人々はどのようなお金を使っていたのでしょうか?また、当時の食べ物や給料などを円に換算してみました。
2016/08/12 20:40:00
【画像あり】江戸時代の見世物小屋は謎の生物、巨大細工や曲芸など何でもありだった!
江戸関連の記事「見世物小屋」をご存じでしょうか?現代ではアングラなイメージのある見世物ですが、江戸時代には老若男女が楽しむ娯楽の王様でした。謎の生き物から驚きの細工ものまで、江戸時代の見世物をまとめました。
2016/08/11 21:00:00
【画像あり】世界が驚愕した屁合戦絵巻をはじめ、江戸時代の屁事情を徹底紹介【おなら代理人も】
江戸関連の記事江戸時代には、おなら身代わり人や、屁の音で歌舞伎の演目を演じきるおならパフォーマーなど訳のわからない人たちがいた。江戸時代の屁事情はいろんな意味でスゴイことになっていました。
2016/08/10 19:10:00
昔の人は虫歯になったらどうしてた?江戸時代の虫歯治療法が壮絶だった
江戸関連の記事現代では虫歯の治療、予防対策などの向上により虫歯は減少傾向にあるそうです。それでも、放置しておくと最悪の事態を招くこともあるという恐ろしい虫歯。今回は江戸時代の虫歯治療などをまとめてみました。
2016/08/09 16:30:00
義賊・鼠小僧は実在した!2億円以上盗んだ大盗賊の生涯をまとめてみた【お墓も紹介】
江戸関連の記事悪どい大名や商人の屋敷に盗みに入り、盗んだ金は貧乏人に分け与え”義賊”として庶民から喝采を浴びた大泥棒――歌舞伎や講談でおなじみの人気者・鼠小僧ですが、果たしてその正体は?
2016/08/08 19:30:00
【映画で話題】参勤交代の目的や費用とは?学校で教えてくれない参勤交代の裏側
江戸関連の記事大ヒット映画『超高速!参勤交代』の続編が公開され、浅田次郎の人気小説『一路』もNHKでドラマ化されるなど、今、「参勤交代」がちょっとしたブーム!知れば知るほど興味深い参勤交代についてまとめました。
2016/08/07 17:30:00
七夕はそもそも秋のイベント!? 江戸時代の七夕について由来や食べ物、飾りをまとめてみた
江戸関連の記事現在も定番の七夕イベントは江戸時代にもありました。現代にもつながるところもありますが、今ではあまりやらなくなったこともあります。江戸時代の七夕についてまとめました。
2016/07/05 11:10:00
江戸時代のベストセラー21作品をまとめたらカオスだった【今だと物議をかもす本も】
江戸関連の記事江戸時代の出版業界は大盛況!今も愛読される作品から現代だと物議をかもしそうな作品まで様々誕生しました。江戸時代のベストセラー&ロングセラーを21作品ご紹介します。
2016/07/03 13:00:00
2016年上半期もっとも読まれた江戸人気記事は?下着を着けない時代の生理事情など ベスト10
江戸関連の記事2016年上半期もっとも読まれた江戸記事は?10位から1位までランキングします!
2016/06/28 21:30:00
【教科書には載らない】江戸時代の名人・達人13人が道を極めすぎて格好良い 後編
江戸関連の記事江戸時代にはその道に通じた天才たちが大勢いました。卓越したテクニックと熱意で道を極めた13人の名人達人たちをご紹介。今回は後編です。
2016/06/27 20:30:00
【教科書には載らない】江戸時代の名人・達人13人が道を極めすぎて格好良い 前編
江戸関連の記事葛飾北斎、宮本武蔵、松尾芭蕉……江戸時代にはその道に通じた天才たちが大勢いました。今回は、卓越したテクニックと熱意で道を極めた13人の名人達人たちをご紹介。まずは前編です。
2016/06/26 18:00:00

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
【おすすめ】350名以上!東洲斎写楽や松尾芭蕉、徳川吉宗など江戸の人物を一挙紹介
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
★いまココ★ 幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

Warning: Creating default object from empty value in /var/www/bakumatsu/app/webroot/blog/wp-includes/comment-template.php on line 920
コメント

コメント

  1. Pingback: 江戸時代における美人の条件とは?有名美人画でわかる265年の移り変わり | 江戸ガイド

  2. Pingback: 安い傘で5,000円!? 現代と違う江戸時代の雨具を画像つきでまとめてみた | 江戸ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL