【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】

浮世絵といえば、東洲斎写楽や葛飾北斎を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、その後幕末から明治にかけて、いま見ても新しい浮世絵作品がたくさん生まれました。今回はそんなクールな浮世絵作品を紹介します。

巨大な骸骨の妖怪

相馬の古内裏(幕末の浮世絵師・歌川国芳の画)

相馬の古内裏(1845年ごろ) 歌川国芳

非常に有名な1枚。描かれているのは、平将門が討ち取られたあと、その娘とされる滝夜叉姫が呼び出した骸骨の妖怪です。滝夜叉姫はこの妖怪で父亡き後、その遺志を果たそうとしました。※滝夜叉姫は伝説の人です。

作者は奇才・歌川国芳(うたがわくによし)。まずは彼の作品から紹介します。


とどめの一撃

甲越勇将伝 武田家廿四将 三討死之内 諸角豊後守昌清(幕末の浮世絵師・歌川国芳の画)

甲越勇将伝 武田家廿四将 三討死之内 諸角豊後守昌清(1847年ごろ) 歌川国芳

ビカーッて漫画みたいになっています。150年前にすでにこんな表現が使われていたことに驚き。

スポンサーリンク




対決

和漢準源氏 乙女 天羅国斑足王悪狐華陽夫人顕(幕末の浮世絵師・歌川国芳の画)

和漢準源氏 乙女 天羅国斑足王悪狐華陽夫人顕 歌川国芳

国芳晩年のシリーズの1枚。武者絵と妖怪画を得意とした国芳らしいダイナミックなタッチですね。


海老VS鳥

禽獣図会 大鵬 海老(幕末の浮世絵師・歌川国芳の画)

禽獣図会 大鵬 海老 歌川国芳

神獣を題材にしたシリーズ『禽獣図会』(1839~41)の一枚。荒波をバックにした真っ赤な海老が飛び出さんばかりの大迫力!


VS鯉

西塔鬼若丸(幕末の浮世絵師・歌川国芳の画)

西塔鬼若丸 歌川国芳

武蔵坊弁慶の若いとき。鬼若丸こと弁慶が巨大な鯉を退治したという有名なエピソード。鯉の迫力と、それを押さえつける鬼若丸の力強さ。


浮き草で挑む金魚(無謀

金魚づくし 百物語(幕末の浮世絵師・歌川国芳の画)

金魚づくし 百物語(1839年頃) 歌川国芳

国芳のユーモアセンスを存分に楽しめる『金魚づくし』シリーズ全8枚のうちの一枚。普通、百物語といえば100話目が終わって100本目のろうそくが消えると化け物が現れるのですが、金魚の世界では化け物ならぬ化け猫が現れたもよう。腰を抜かす金魚、逃げようとする金魚、果敢にも浮き草の刀で立ち向かおうとする金魚…と、金魚たちのリアクションが素晴らしすぎます。


お稽古するネコ

猫のけいこ(幕末の浮世絵師・歌川国芳の画)

猫のけいこ(1841年) 歌川国芳

江戸時代後期に男性たちの間で流行したお稽古事「浄瑠璃」を猫で描いた団扇絵。なんと、女のネコ師匠とネコ弟子2匹の着物の柄が猫の大好物となっている。国芳、芸が細か過ぎ。ちなみに説明すると、ネコ師匠の着物の柄は、鈴に小判、猫の足跡、目刺し。手前のネコ弟子はフカヒレ、奥のネコ弟子はタコの柄。


猫文字するネコ

猫の当字 なまず(幕末の浮世絵師・歌川国芳の画)

猫の当字 なまず(1841~1843年ごろ) 歌川国芳

またまたネコ。国芳は大の猫好きでした。シリーズ『猫の当て字』のうちの一枚。「なまづ」という字を人文字ならぬ猫文字で表現。猫の表情が豊かでとってもかわいい。かなり無理な姿勢をしている猫もいるが、それもまたおもしろい。

スポンサーリンク

幕末のおもしろトリビアを配信中

ブログ村 幕末ランキングへ幕末ブログランキングへ

幕末ブログ 最新記事

【あさが来た】2015年 もっとも人気だった幕末人物は? 303人中ベスト10を発表【花燃ゆ】
2015年は朝ドラと大河ドラマがともに幕末を取り上げました。日本最大の幕末サイト『幕末ガイド』に登録された303名のうち、アクセス順にベスト10を紹介します。
2015-12-31 13:42:00
2015年 幕末の人気記事ランキング! 1位は納得のあの人物
2015年の幕末記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?10位から1位までランキングで紹介します!
2015-12-20 19:47:11
【猫好き浮世絵師】天才・歌川国芳が描いたネコたちがおもしろ可愛い【猫づくし】
いまから150年以上前、江戸時代末期に活躍した歌川国芳という絵師がいました。国芳は類まれなるデザイン力とユニークな発想の持ち主で、美人画や妖怪画など幅広いジャンルの作品を数多く生み出しました。そんな彼が最も好きだったのが"猫"。猫が死んだ時は寺に葬り仏壇まで作ったそうです。そんな歌川国芳が描いた、ユーモアと愛に溢れた"猫浮世絵"の数々をご紹介します!
2015-11-08 14:29:07
【写真あり】現代に通用する明治時代の美人をランキングしてみた!【22位~1位】
いまから約100年前の明治時代。調べてみると、現代にも通用する美人さんがやっぱりいた。幕末専門ブログですが今回は番外編。メジャーな人からマイナーな人まで写真つきでランキング化!
2014-04-26 19:58:25
【写真あり】現代にも通用する幕末イケメンをランキングしてみた【33位~1位】
いまから約150年前の幕末。土方歳三や龍馬らが生きていた時代にもやっぱりイケメンはいた。メジャーどころからマイナーな人物まで写真付きで完全ランキング化!
2014-02-24 02:46:20
【これが130年前!?】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい【月岡芳年】
幕末から明治にかけて活躍した月岡芳年(読み:つきおかよしとし)。彼が晩年に描いた連作 『月百姿』。歴史の有名なシーンと月を絡めたりした作品なのですが、その構図センスと自由自在な表現力はまるで古さを感じさせません。
2013-07-02 08:18:32
【写真あり】もはや漫画。27歳で亡くなった高杉晋作の生涯が恰好良すぎる【幕末】
幕末の英雄・高杉晋作。意外に知られてないその生涯をまとめてみたのですが、あまりに格好よすぎてまるでリアリティがありません。
2013-06-09 14:54:58
【写真で比較】大河ドラマ『八重の桜』のキャストを実物と較べてみた
遂に放送開始された2013年大河ドラマ『八重の桜』。発表されているキャストが斬新だったので慌ててまとめてみました。
2013-01-06 21:11:10
【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】
波の絵で、世界でも非常に有名な葛飾北斎。日本人にとってもあまりに見慣れたあれ以外の北斎作品もまた凄い。特に老人になってからの作品は圧倒されます。あまり知られていない、“波の絵じゃない”北斎の傑作を紹介します。(年齢は数えではなく、現代一般的な満で紹介します)
2012-12-23 09:09:37
映画『るろうに剣心』続編のキャストを、どこよりも早く予想してみた【志々雄編/十本刀】
幕末明治映画として快進撃を続ける『るろ剣』こと『るろうに剣心』。はやくも続編の期待が高まっています。続編となれば、作中もっとも人気の高い志々雄真実と十本刀が出てくるでしょうから、いちはやくそのキャストを予想してみました。
2012-09-15 08:41:00

あわせて読みたい 戦国・江戸関連記事

【画像あり】江戸時代にもクリスマス!? 日本初のサンタは侍の格好だった!
江戸関連の記事クリスマスって戦後ぐらいに日本でも広まった?と思いきや、意外にその歴史は長かった。キリスト教が弾圧された江戸時代に、どうやってクリスマスを祝われていたのでしょうか?
2016/12/06 11:00:00
ゆるカワ地獄が面白い 200年前の奇才絵師・耳鳥斎の厳選32作品を紹介
江戸関連の記事近頃、江戸時代の“ゆるカワ”作品がアツい注目を集めています。以前ご紹介した北尾政美(きたおまさよし)もそのひとり。そして、今回ご紹介する耳鳥斎(読み:にちょうさい)も江戸時代が生んだ“ゆるカワ”絵師として展覧会や図録がジワジワ人気を集めています。そんな耳鳥斎の楽しい作品をご紹介。
2016/11/22 14:40:00
宝くじのルーツ、江戸時代の禁止ギャンブル「富くじ」とは【1等いくら?】
江戸関連の記事ギャンブルをやらない人でも身近な賭博が宝くじ。億万長者を夢見て宝くじを買ったことのある人も多いのでは? ということで今回は宝くじのルーツ、江戸時代の富くじをご紹介。
2016/11/18 15:45:00
桜吹雪の刺青や名裁きは作り話?それでも遠山の金さんのモデルがヒーローだった理由
江戸関連の記事決め台詞「この桜吹雪に見覚えがねぇとは言わせねぇぜ!」で悪役たちに啖呵をきるシーンでおなじみ、時代劇ドラマのヒーロー「遠山の金さん」。大岡越前とともに“江戸時代を代表する名奉行”として知られる金さんの嘘と真実をまとめました。
2016/11/19 10:00:00
ペットショップに飼育書、ペットのお墓まで!?江戸時代のペット事情が現代と変わらない
江戸関連の記事犬に猫、金魚や小鳥に爬虫類まで――さまざまなペットを飼っている家庭が増え、ペットはもはや家族の一員となっています。ペットブームが起きたのは近年になってからと思いきや、じつは江戸時代にもペットは大人気。今回は江戸のペット事情をまとめました。
2016/11/14 15:00:00
松尾芭蕉の相手は13歳年下のイケメン?江戸時代の有名人たちの恋愛事情をまとめた
江戸関連の記事松尾芭蕉や小林一茶など江戸時代の有名文化人というと、色恋には無関心な“ストイックな人”というイメージがありますが、彼らとて人の子。恋をして、愛する人を想い涙することもありました。今回は有名文化人たちの恋模様をご紹介します。
2016/11/05 19:30:00
【画像多数】 富士山を描いた江戸時代の絵画が絶景すぎる【31作品】
江戸関連の記事古来、日本を象徴する霊峰として有名な富士山。江戸時代にも多くの芸術家たちが富士山の姿を描きましたが、今回はそのなかから厳選した31枚をご紹介します。
2016/11/03 19:40:00
【女性用ふんどしも!?】江戸時代の下着「ふんどし」が興味深い【戦前までは現役】
江戸関連の記事「ふんどし」というと“男性用の伝統的下着”というイメージがありますが、じつは戦前までは現役バリバリ。そして、女性用のふんどしもあった!? 江戸っ子たちの下半身を包んだふんどしについてまとめました。
2016/11/02 19:30:00
暴れん坊将軍 吉宗のライバル・徳川宗春の生き方がド派手すぎる
江戸関連の記事時代劇ドラマのヒーローであり、“幕府中興の祖”として有名な8代将軍・徳川吉宗。その吉宗の最大である尾張名古屋の愛すべきド派手お殿様、徳川宗春についてまとめました。
2016/11/01 14:35:00
【画像あり】江戸時代の妖怪絵巻がゆるカワ過ぎてほっこりする【厳選5作品】
江戸関連の記事近年の妖怪ブームで注目を集める妖怪界。妖怪をテーマにした展覧会は大人気。今回は数ある妖怪絵巻のなかでもとってもユニークでカワイイ5作品を紹介。
2016/09/17 21:30:00
子どもも喫煙OKだった! 江戸時代の驚きのタバコ事情とは【銘柄やタバコ入れも】
江戸関連の記事日本で喫煙の風習が広まった400年前。喫煙ルールや銘柄、値段は現在と全く異なっていました。そして、嫌煙家VS愛煙家のバトルは当時からあったのです!
2016/09/16 12:30:00
【画像あり】お月見は2回が正式!?江戸時代の月見が今とずいぶん違う【由来は?】
江戸関連の記事秋のイベントといえばハロウィン!ではなく、日本人なら月見も忘れちゃいけない。意外と知られていない月見の由来についてまとめてみました。
2016/09/15 12:30:00

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
【おすすめ】350名以上!東洲斎写楽や松尾芭蕉、徳川吉宗など江戸の人物を一挙紹介
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
★いまココ★ 幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

Warning: Creating default object from empty value in /var/www/bakumatsu/app/webroot/blog/wp-includes/comment-template.php on line 920
コメント

コメント

  1. これはすごい.いつも思うんだけど,我々は,日本の文化とか歴史をもうちょっと勉強するべきだよね.

  2. 【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】 | 幕末ガイド 浮世絵といえば、東洲斎写楽や葛飾北斎を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、その後幕末から明治にかけて、いま見ても新し

  3. 国芳と応為いいよねー。国芳は八犬伝の芳流閣のシーンで、犬塚信乃と犬飼見八が睨み合ってる絵が最高にカッコいいよ。このまとめには入ってないけど。

  4. 日本の「漫画文化」の基礎はこの「浮世絵」からではないだろうか?この「独創的」な描画技術や表現方法が海外で高い評価を受けたのが何よりの証拠。

  5. 江戸の浮世絵と違うね。現代的というか・・。これはこれで魅力的です。歌舞伎や能など海外でウケるのは、古き良き中に新しさを感じるからかも?

  6. 浮世絵かっこいい。/ 【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】 | 幕末ガイド

  7. クソかっけぇ:【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】 | 幕末ガイド

  8. 日本の漫画表現は浮世絵をちゃんと継承してる。QT:【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】 | 幕末ガイド

  9. 現代の日本人は自分たちが故意に過去と切り離されている事実を知らなさすぎる
    でも文芸絵画その他美術の世界を見ると、実はちゃんと日本人遺伝子が遠い過去から
    受け継がれてることが分かるから素晴らしい
    鳥獣戯画の時代と今と、日本人の根底に流れている基本精神は何も変わっていないんだよねえ

  10. いまちょうど横浜美術館で、『はじまりは国芳 ― 江戸スピリットのゆくえ』展をやっている。http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/2012/kuniyoshi/index.html

  11. 「巻頭カラー!大増◯◯P」感がする…っていうか、まんがの表紙や扉絵のルーツに思える。すごいなあ/そういえば西洋画って躍動感があるもの少ないな。リアルさ追求すると失われるのかしら。

  12. 今の人が考えることなんて疾うの昔に誰かが考えた事だったりしますよね。温故知新 / 【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】 | 幕末ガイド

  13. これは素晴らしい。でも、浮世絵が明治でオワコンになってしまったのも事実。学校で歴史として浮世絵を学んでも描き方は教わらない。/人間が集まって顔を作るやつは「探偵!ナイトスクープ」で実演してたな。

  14. ■"甲越勇将伝 武田家廿四将 三討死之内 諸角豊後守昌清(1847年ごろ) 歌川国芳" ■"ビカーッて漫画みたいになっています。150年前にすでにこんな表現が使われていたことに驚き。"

  15. Pingback: 近況と気になった記事7選 12/2~12/8 2012 | Hibilog | 世界一周と日常と考察ブログ

  16. Pingback: 20121209に見たサイト | 4yen.net

  17. Pingback: 2012-12-10のニュース | Re: spam news

  18. 一時期浮世絵関係の資料を集めていたら、amazonで春画の本を購入したせいか、しばらくはその手の宣伝メールが続いて閉口しことがある。 >【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】 | 幕末

  19. おみごと………日本の江戸時代は世界一の優雅な鎖国時代でした。今とは、月と鼈の差です。
               懐かしい…です。薩摩藩と長州藩の薩長同盟が日本をだめにしたのです。
                                 (黄金フクロウの洞察)

  20. Pingback: 着る毛布、別名「ダメ人間製造機」が人気 Amazonでもベストセラーに 他 | ふらリズム

  21. こういうのを「クール・ジャパン」って言うんじゃないか?当時はハイカルチャーから白い目で見られていたところも含め。

  22. Pingback: 12月2週 浮世絵がピザ否定投票のくねくね句読点 | 週刊まとめてニュース

  23. Pingback: 着る毛布、別名「ダメ人間製造機」が人気 Amazonでもベストセラーに 他 | ふらリズム

  24. Pingback: demitaspot blog

  25. Pingback: 天然の眼 - BliBlo

  26. Pingback: filter80 blog

  27. Pingback: 新しい名刺YasuoIimura.com | YasuoIimura.com

  28. [January 01, 2013 at 12:41AM] [] 【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】 | 幕末ガイド

  29. ホンマにすごい。幕末からスタンドが、あった?みたいな。 RT @o2441: 【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】 | 幕末ガイド  http://t.co/GeNH6Qrq

  30. ホンマにすごい。幕末からスタンドが、あった?みたいな。 RT @o2441: 【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】 | 幕末ガイド  http://t.co/GeNH6Qrq

  31. 【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】 | 幕末ガイド  http://t.co/FEtd7yLC

  32. ホンマにすごい。幕末からスタンドが、あった?みたいな。 RT @o2441: 【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】 | 幕末ガイド  http://t.co/GeNH6Qrq

  33. 【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】 | 幕末ガイド  http://t.co/FEtd7yLC

  34. 【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】 | 幕末ガイド  http://t.co/FEtd7yLC

  35. 【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】 | 幕末ガイド  http://t.co/FEtd7yLC

  36. 【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】 | 幕末ガイド  http://t.co/FEtd7yLC

  37. 【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】 | 幕末ガイド  http://t.co/FEtd7yLC

  38. 【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】 | 幕末ガイド  http://t.co/FEtd7yLC

  39. 【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】 | 幕末ガイド  http://t.co/FEtd7yLC

  40. Pingback: サイトーのぼやき<14> | 1分で楽々わかる「アートの掟」

  41. Pingback: ヨーロッパの画家達が日本の浮世絵を見てビビったらしいけど | nwknews.com

  42. 歌川国芳の相馬の古内裏(骸骨画)、大好きなのですが
    近頃話題のLINEスタンプに盗用と見受けられるものがありショックでした
    スタンプ名は“お江戸ですたんぷ”
    運営側の審査基準はどうなっているのか… 極めて遺憾です。
    https://store.line.me/stickershop/product/1025484/ja

  43. Pingback: 浮世絵にみる浮世絵師の変遷 

  44. Pingback: Cats Make For Wonderful Japanese Art | Kotaku Australia

  45. Pingback: NIPPON NEW CULTURES | 銀の翼で飛べ (インドネシア大学院留学中)

  46. Pingback: 浮世絵だけじゃない!江戸時代の傑作絵画が想像以上で驚がくする|厳選42枚 | 江戸ガイド

  47. Pingback: Kuniyoshi: Doting Cat lover's Humorous Cat Paintings - Johnny Times

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL