【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】

波の絵で、世界でも非常に有名な葛飾北斎。日本人にとってもあまりに見慣れたあれ以外の北斎作品もまた凄い。特に老人になってからの作品は圧倒されます。あまり知られていない、“波の絵じゃない”北斎の傑作を紹介します。(年齢は数えではなく、現代一般的な満で紹介します)

色彩感覚ずば抜けてる

八方睨大鳳凰図(葛飾北斎の画)

八方睨み鳳凰図 下絵(1848年) 葛飾北斎 87歳ごろ

長野県にある岩松院の天井に描かれた天井画。そのサイズはなんと畳21枚分。この大作を86歳から87歳までの1年かけて仕上げたというからすごい。とにかく迫力が半端ない!ビビッドな色味、鳳凰の目力も尋常じゃない。まさに魂が込められているような力強さがびしびしと伝わってくる。ちなみに天井画は今も当時の色彩と光沢を保っているという。

 



海外が驚愕した“北斎ブルー”

甲州石班沢(葛飾北斎の画)

甲州石班沢(1831〜35年/『冨嶽三十六景』より) 葛飾北斎 70歳〜74歳ごろ

藍摺絵(藍色の濃淡のみで仕上げた画)の傑作。「いろんな表情の富士山を描くよ!」というコンセプトシリーズ『冨嶽三十六景』のひとつ。ベロ藍(プルシャンブルー)とよばれる色がなんとも美しい。当時、海外の芸術家たちを驚愕させたこの色使いは、“Hokusai and Blue Revolution(青の革命)”とも呼ばれているそうで。
ちなみにこれ構図も面白くて、岩と猟師の持っている網で富士山と同じ三角形を描いています。

 



星の下で舞う鬼

文昌星図(葛飾北斎の画)

文昌星図(1843年) 葛飾北斎 82歳ごろ

筆を持った鬼は、もしかして北斎自身だったのかもしれません。

 



田植えが幻想的にみえる不思議

田植図(葛飾北斎の画)

田植図(1843年) 葛飾北斎 82歳ごろ

北斎晩年の作品。田植えをする人々のかぶる笠の白い丸が印象的。西洋画的な雰囲気も感じられます。

 



晩年に描いた虎

雪中虎図(葛飾北斎の画)

雪中虎図(1849年) 葛飾北斎 88歳ごろ

満88歳で没した北斎が死の数ヶ月前に描いたという作品。虎の質感や肢体が独特の雰囲気で見る者をひきつけます。なんか普通じゃない感じを受けますね。

 

スポンサーリンク




斬新すぎる滝の描き方

木曽路ノ奥阿弥陀ケ滝(葛飾北斎の画)

木曽路ノ奥阿弥陀ケ滝(1833年/諸国滝廻り』より) 葛飾北斎 72歳ごろ

こちらは全国で有名な滝を描いたシリーズの1枚。流れ落ちる水の表情をどう描くかに主眼が置かれているそう。その企み通りすごい描き方です。流れ落ちる直前の水と落ちていく水がまったく別物のよう。こんな発想、どこからくるんでしょうか。

 



妙に格好いい「端午の節句の縁起もの」

鍾馗騎獅図(葛飾北斎の画)

鍾馗騎獅図(1844年) 葛飾北斎 83歳ごろ

魔を追い払う神「鍾馗(しょうき)」が、魔除けの動物獅子に乗ってるんだから、その効果は半端ないです。北斎自らの長命・厄払いの願いを込めたなんて話も。しかし、魔除けというよりも、積極的に打ち払いにいかんとするこの迫力。80歳を超えて、なおこの画が描けるのが凄い。



動きのある美人画

手踊図(葛飾北斎の画)

手踊図(1818~29年) 葛飾北斎 57〜68歳ごろ

一瞬を切り取る名人・北斎の真骨頂。美人画も普通じゃありません。

 



通称、赤富士

凱風快晴(葛飾北斎の画)

凱風快晴(1831〜35年/『冨嶽三十六景』より) 葛飾北斎 70〜74歳ごろ

『波の画』と並び、海外でも非常に有名な作品。実は初期版ではここまでの赤ではないのですが、それは美術館で実際に観るときのお楽しみかもしれません。

 



もう一丁、富士山。

富士と笛吹童図(葛飾北斎の画)

富士と笛吹童図(1839年ごろ) 葛飾北斎 78歳ごろ

凄まじい構成力。ただ、それよりもなんなんでしょう、この漂う寂しさは。日本人の琴線をびしびし刺激する画です。

 



武者のとっくみ合い

渡辺の源吾綱 猪の熊入道雷雲(葛飾北斎の画)

渡辺の源吾綱 猪の熊入道雷雲(1833〜35年/『山本屋版武者絵』シリーズより) 葛飾北斎 72〜74歳ごろ

風景画で有名な北斎ですが武者絵もこのとおり素晴らしいです。ギュウギュウととっくみあう2人の男のポーズがすごいですね。特にやられている方の指。

 



北斎流お化け

お岩さん(葛飾北斎の画)
小はだ小平二(葛飾北斎の画)

「お岩さん」(上)、「小はだ小平二」(下)(1831~32年/『百物語』より) 葛飾北斎 70〜71歳ごろ

当初は100枚のシリーズものだったらしいが現在確認されているのは5点のみ。どれも怖いのはもちろんながらまるでポスターのようなデザイン性の高い構図がすごい!

 



発想がぶっ飛んでる

蛸と海女(葛飾北斎の画)

蛸と海女(1820年ごろ) 葛飾北斎 59歳ごろ

北斎は春画(性風俗画)も数多く手がけています。ホントになんでも描くな、この人。その際のペンネームがまた面白い。その名も「鉄棒ぬらぬら」。こちらは北斎の春画のなかでも特に有名な1枚。200年近く前にこの発想力。

 



歴史的ロングセラー

北斎漫画1(葛飾北斎の画)
北斎漫画2(葛飾北斎の画)

北斎漫画(1814年〜) 葛飾北斎 53歳ごろ〜

北斎は風景画からエロまで何でも描きました。彼はいつからか「森羅万象」を描くといわれるようになりますが、こちらはその集大成。この漫画とは「漫(そぞ)ろな画」=気の向くままに描いた画という意味で、まさに絵の百科事典。全15編。人々のさまざまな姿をはじめ動植物、風景、道具、妖怪などなんでもあり。太った人ばかりを描いたものは思わず笑ってしまうほのぼの感にあふれています。北斎の死後、時代が明治に移ってもなお続編が刊行され続けました。

 

スポンサーリンク




デフォルメの凄さ

くだんうしがふち(葛飾北斎の画)

くだんうしがふち(1804〜07年) 葛飾北斎 43〜46歳ごろ

中年期の作品だけど、ぜひ紹介したいです。西洋画の技法の研究にも余念がなかった北斎はこんな西洋画風の作品も残していました。

 



鳥さん、逃げてー!

蛇と小鳥(葛飾北斎の画)

蛇と小鳥(1833~1839年ごろ/『肉筆画帖』より) 葛飾北斎 72〜78歳ごろ

説明不要の一瞬を描いた作品。あいかわらずの構図の凄さ。一節によると、天保大飢饉で版元たちも餓死寸前だったときに、この『肉筆画帖』シリーズを描いたところ大ヒット。それにより、飢えをしのいだとか。

 



鮭さんも逃げてっ!

鮭と鼠(葛飾北斎の画)

鮭と鼠(1833~1839年ごろ/『肉筆画帖』より) 葛飾北斎 72〜78歳ごろ

今度は鮭。シリーズ『肉筆画帖』のうちの一枚。

 



いまだ世界を魅了するグレートウェーブ

神奈川沖浪裏(葛飾北斎の画)

神奈川沖浪裏(1831〜35年/『冨嶽三十六景』より) 葛飾北斎 70〜74歳ごろ

おそらく歴史上もっとも有名な日本画。海外では「グレートウェーブ」という名称で愛されています。葛飾北斎が遺した数多くの傑作のひとつです。

 



北斎「イベントやるから来てね!」

大達磨揮毫の予告黒摺引き札(葛飾北斎の画)

大達磨揮毫の予告黒摺引き札(1817年) 葛飾北斎 56歳ごろ

1817年、北斎は名古屋に滞在中、本願寺別院で120畳敷きの巨大な紙に即興で達磨を描き名古屋の人の度肝を抜きました。これはそのイベントを予告するチラシ。ちなみに巨大達磨の絵そのものは残念ながら戦災でなくなってしまい、今ではこのチラシだけが残っています。北斎という人はエンターティナーでもあったようです。

 



あいかわらず鳳凰の迫力がすごい

鳳凰図屏風(葛飾北斎の画)
鳳凰図屏風 全体(葛飾北斎の画)

鳳凰図屏風(1835年) 葛飾北斎 74歳ごろ

天井絵とは別の画ですが、こちらも圧倒的な迫力。これが180年近い前の作品ということに言葉が出ません。ぜひ拡大してみてください。(上の画像をクリック)

 



ただのスイカなのに妙に妖しい

西瓜図(葛飾北斎の画)

西瓜図(1839年) 葛飾北斎 78歳ごろ

スイカのしっとりかつ赤々とした断面と、らせん状の剥かれた皮。じっとみていると、ただのスイカなのですが様々想像力がかき立てられます。

 



なんともオシャレ

中版花鳥図 鶺鴒と藤(葛飾北斎の画)

中版花鳥図 鶺鴒と藤(1834年) 葛飾北斎 73歳ごろ

鋭い観察眼を持つ北斎は花鳥図も得意としており海外での評価も非常に高いです。この「鶺鴒と藤」もいいですね~。なんかシャレてます。お菓子のパッケージとかにも使えそうです。

 



空海VS疫神

弘法大師修法図(葛飾北斎の画)

弘法大師修法図(1844〜47年ごろ) 葛飾北斎 83〜86歳ごろ

弘法大師と真言宗の開祖・空海が疫神を調伏しています。とんでもない迫力。西新井大師の寺宝です。

 

スポンサーリンク




月と虎

月みる虎図(葛飾北斎の画)

月みる虎図(1844年ごろ) 葛飾北斎 83歳ごろ

月を見上げる虎の表情がなんともいえません。うっとりしてるようでもあり、何かを寂しく想っているようでもあります。

 



着物の柄と色使い

遊女図(葛飾北斎の画)

遊女図(1810〜19年ごろ) 葛飾北斎 49〜58歳ごろ

中年期の作品ですが番外編として紹介。幾重にもかさなる着物の柄と色使いがなんとも華やか。

 



親子合作

唐獅子図(浮世絵師・葛飾北斎・応為の画)

唐獅子図(1844年) 葛飾北斎 83歳ごろ

この鮮やかで力強い浮世絵。真ん中の獅子が葛飾北斎の作、周りの花を描いたのはその娘であり絵師である葛飾応為(かつしかおうい)。天才絵師2人による親子合作です。

 



昇り龍

富士越龍図(葛飾北斎の画)

富士越龍図(1849年) 葛飾北斎 88歳ごろ

北斎が死の3ヶ月ほど前に描いたといわれこの作品が絶筆ともいわれています。天に昇る龍は死が近づくのを悟った北斎自身なのかも。

 




北斎はこんなことを記したことがあります。
「70歳までに描いたものは本当に取るに足らぬものばかりである。(そのような私であるが、)73歳になってさまざまな生き物や草木の生まれと造りをいくらかは知ることができた。ゆえに、86歳になればますます腕は上達し、90歳ともなると奥義を極め、100歳に至っては正に神妙の域に達するであろうか。(そして、)100歳を超えて描く一点は一つの命を得たかのように生きたものとなろう。」

北斎は数え年90歳になって、この世を去ります。彼の言葉を借りれば、奥義に極めた年齢。
しかし、彼の最後の言葉は次のようなものでした。

「天我をして五年の命を保たしめば 真正の画工となるを得(う)べし 」

(もうあと5年長生きできたら、本当の画工になることができたものを)

最後に。
葛飾北斎の自画像を紹介します。

 

葛飾北斎自画像

鬼気迫る様です。それもそのはず。北斎は、晩年自らをこう号していました。

 

 

 

 

「画狂老人卍」(がきょうろうじん まんじ)

 

 

現状につねに満足せず、引っ越し93回、改名すること30回。
生涯現役として描いた絵は3万点。
「世界第一の画工になる」と本気で宣言し、
80歳を越えても、「猫一匹も描けない。意のままにならない」と、悔し泣きをした老人。
それが葛飾北斎でした。

北斎の辞世の句です。

「人魂で 行く気散(きさん)じや 夏野原」

(人魂になって、夏の原っぱにでも気晴らしに出かけようか)

幕末のおもしろトリビアを配信中

ブログ村 幕末ランキングへ幕末ブログランキングへ

幕末ブログ 最新記事

【あさが来た】2015年 もっとも人気だった幕末人物は? 303人中ベスト10を発表【花燃ゆ】
2015年は朝ドラと大河ドラマがともに幕末を取り上げました。日本最大の幕末サイト『幕末ガイド』に登録された303名のうち、アクセス順にベスト10を紹介します。
2015-12-31 13:42:00
2015年 幕末の人気記事ランキング! 1位は納得のあの人物
2015年の幕末記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?10位から1位までランキングで紹介します!
2015-12-20 19:47:11
【猫好き浮世絵師】天才・歌川国芳が描いたネコたちがおもしろ可愛い【猫づくし】
いまから150年以上前、江戸時代末期に活躍した歌川国芳という絵師がいました。国芳は類まれなるデザイン力とユニークな発想の持ち主で、美人画や妖怪画など幅広いジャンルの作品を数多く生み出しました。そんな彼が最も好きだったのが"猫"。猫が死んだ時は寺に葬り仏壇まで作ったそうです。そんな歌川国芳が描いた、ユーモアと愛に溢れた"猫浮世絵"の数々をご紹介します!
2015-11-08 14:29:07
【写真あり】現代に通用する明治時代の美人をランキングしてみた!【22位~1位】
いまから約100年前の明治時代。調べてみると、現代にも通用する美人さんがやっぱりいた。幕末専門ブログですが今回は番外編。メジャーな人からマイナーな人まで写真つきでランキング化!
2014-04-26 19:58:25
【写真あり】現代にも通用する幕末イケメンをランキングしてみた【33位~1位】
いまから約150年前の幕末。土方歳三や龍馬らが生きていた時代にもやっぱりイケメンはいた。メジャーどころからマイナーな人物まで写真付きで完全ランキング化!
2014-02-24 02:46:20
【これが130年前!?】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい【月岡芳年】
幕末から明治にかけて活躍した月岡芳年(読み:つきおかよしとし)。彼が晩年に描いた連作 『月百姿』。歴史の有名なシーンと月を絡めたりした作品なのですが、その構図センスと自由自在な表現力はまるで古さを感じさせません。
2013-07-02 08:18:32
【写真あり】もはや漫画。27歳で亡くなった高杉晋作の生涯が恰好良すぎる【幕末】
幕末の英雄・高杉晋作。意外に知られてないその生涯をまとめてみたのですが、あまりに格好よすぎてまるでリアリティがありません。
2013-06-09 14:54:58
【写真で比較】大河ドラマ『八重の桜』のキャストを実物と較べてみた
遂に放送開始された2013年大河ドラマ『八重の桜』。発表されているキャストが斬新だったので慌ててまとめてみました。
2013-01-06 21:11:10
【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】
浮世絵といえば、東洲斎写楽や葛飾北斎を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、その後幕末から明治にかけて、いま見ても新しい浮世絵作品がたくさん生まれました。今回はそんなクールな浮世絵作品を紹介します。
2012-12-08 15:29:51
映画『るろうに剣心』続編のキャストを、どこよりも早く予想してみた【志々雄編/十本刀】
幕末明治映画として快進撃を続ける『るろ剣』こと『るろうに剣心』。はやくも続編の期待が高まっています。続編となれば、作中もっとも人気の高い志々雄真実と十本刀が出てくるでしょうから、いちはやくそのキャストを予想してみました。
2012-09-15 08:41:00

あわせて読みたい 戦国・江戸関連記事

授業料は野菜払い!? 江戸の高い教育水準を支えた庶民の学校「寺子屋」が柔軟すぎる
江戸関連の記事幕末に訪日した外国人は日本人の識字率の高さと驚いたそうです。江戸時代の教育水準を支えた「寺子屋」の柔軟な教育方針についてまとめました。
2016/03/30 21:00:00
着替えが1日5回!? 将軍の妻は入浴からトイレまで人にやってもらっていた
江戸関連の記事男子禁制で謎に包まれた『大奥』。明治時代になり、働いていた人の証言で少しずつ明らかになった大奥での生活。今回は将軍の妻の1日を時間割で紹介します。
2016/03/28 13:10:00
四畳半に4人家族で暮らす!? 江戸の賃貸住宅「長屋」の暮らし【性生活は?】
江戸関連の記事江戸庶民の住まいといえば、落語や時代劇でおなじみの集合住宅「長屋」。プライバシー皆無だけど格安で意外に便利だった長屋の暮らしをまとめました。
2016/03/21 14:50:00
【画像あり】江戸時代の絵本・マンガ「黄表紙」があまりにシュールすぎる【厳選7作品】
江戸関連の記事ナンセンスギャグにパロディ、擬人化、ゆるキャラ……現代のマンガにも通じるアイデアが240年前にすでにあった。大人の絵本・マンガともいわれる「黄表紙」のなかから厳選7作品をご紹介!
2016/03/20 9:15:00
離婚は今より気軽だった! 江戸時代の意外すぎる離婚事情をまとめてみた【離婚率は?】
江戸関連の記事江戸時代の女性というと「三従(さんじゅう)」つまり、幼い時は親に従い、結婚したら夫に従い、老いては子に従わねばならぬ……いわゆる“三界に家なし”“貞女二夫にまみえず”みたいな不自由で弱い立場だったとイメージしていませんか?
2016/03/17 8:10:00
江戸時代に掛け布団はなかった!? 知っているようで知らない布団の歴史
江戸関連の記事時代劇を見ると、長屋の住民も現代と同じような四角い掛けふとん&敷きふとんで眠っていますが、実際はどうだったんでしょうか?江戸時代の布団についてまとめました。
2016/03/14 20:20:00
江戸の人気記事ランキング! 学校で教えない奇人12人など、ベスト10【2016年2月後半】
江戸関連の記事2016年2月後半の江戸記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?10位から1位までランキングします!
2016/03/01 8:15:00
世界が驚いた! 江戸時代の有名浮世絵師の傑作27枚を紹介【海外で人気】
江戸関連の記事江戸時代の浮世絵界をリードした4人のスター浮世絵師を一覧で紹介。斬新な構図、鮮やかな色彩、シンプルかつ繊細な描写は、ゴッホやモネら西欧の画家たちにも大きな影響を与えました。
2016/02/29 8:00:00
24時間ずっと監視される!? 将軍の生活はあまりに不自由でプライベートがなさ過ぎた
江戸関連の記事江戸時代の支配者「将軍」。寝床の近くにまで監視役がついて回るあまりに窮屈な生活とは?また、わずかな息抜きである将軍たちの意外な趣味もあわせて紹介します。
2016/02/27 14:00:00
江戸時代の火消しは破壊が仕事!? 現代の消防士と違いすぎるその実態とは?
江戸関連の記事「め組」で有名な江戸時代の火消し。その火消し方法や使った道具、衣装などはどれも興味ぶかいものばかり。火事が多かった江戸時代における消化の歴史を振り返ります。
2016/02/26 2:20:00
肉は薬だった!? 肉食がタブーとされた江戸時代にも、肉は意外と食べられていた!
江戸関連の記事「肉食はタブー、禁止」というイメージがある江戸時代ですが、実は豊富な肉料理が存在しました。いまではあまり食べない意外なお肉や、肉料理屋の面白い言い訳など、江戸の肉食事情をまとめました。
2016/02/23 11:40:00
梅毒に感染も。江戸時代における遊女の一生が過酷すぎる【画像あり】
江戸関連の記事「遊女三千」といわれた吉原。華やかな衣装に身をつつんだ遊女たちの生涯は苦難の連続でした。労働環境、借金、避妊、梅毒など。過酷な遊女の一生を画像つきで紹介します。
2016/02/22 12:30:00

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
【おすすめ】350名以上!東洲斎写楽や松尾芭蕉、徳川吉宗など江戸の人物を一挙紹介
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
★いまココ★ 幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

Warning: Creating default object from empty value in /var/www/bakumatsu/app/webroot/blog/wp-includes/comment-template.php on line 920
コメント

コメント

  1. 一つ一つの作品にワクワクさせる面白さがあるのがすごい.漫画と触手と厨二ネームの元祖だったとは時代を先取りすぎる.

  2. 葛飾北斎 、かっこいいのでは!? / 【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】 | 幕末ガイド

  3. Pingback: 警察署がアリクイを屋外に放置して凍死させる。。画像・動画・ニュース集 | Jaralun

  4. 見応えがある。/【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】 | 幕末ガイド

  5. [December 31, 2012 at 09:15AM] [] 【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】 | 幕æ

  6. 【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】 | 幕末ガイド

  7. かこええ…!"80歳を越えても、「猫一匹も描けない。意のままにならない」と、悔し泣きをした老人。"【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】 | 幕末ガイド http://t.co/IAK8iiW3

  8. 【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】 | 幕末ガイド http://t.co/WMK7iaCg この時代も触手があったのね。日本は最先端を駆け抜けてる

  9. 北斎好き。欲しい。でも無理。好きなのに、初めて観たのがいくつもある。カラフルで、ダイナミックで、本当にすごい。

  10. 晩年の北斎の絵は娘のお栄(応為)との共作だった筈。実際はお栄が描いた部分が多いのではないか。お栄と北斎は50 歳の年齢差があったから北斎80代の時お栄はまだ30代。北斎の死後お栄は失踪してしまう。

  11. Pingback: TODAY'S

  12. Pingback: 【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈 | Twivivi

  13. 先日 浮世絵展で北斎の作品を見てきました。
    写楽も歌麿も広重もすごいと思いましたが、個人的には「北斎が最強!」という感想を持ちました。
    デッサン力、構図の妙、対象への思いの強さ・・・もう、本当に凄いです。
    本物を観る機会があって、幸せでした。

    すごく興味深いブログで素晴らしい♪
    南方熊楠も取り上げてください。非常に傑出した日本人ですもの♪きっと皆さん気に入りますよ~。

  14. 浮世絵展見てきました。
    とても素晴らしいレポートですね。
    とても勉強になりました。
    ありがとうございます。

  15. Pingback: 天才浮世絵師・葛飾北斎の知られざる奇人私生活 生涯引っ越し93回って!?【その日、歴史が動いた】 | 戦国ixa攻略拾得

  16. 今晩のTOKYOMXの開局特番は見ごたえがあった。#tokyomx →【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる|幕末ガイド @bakumatsu_gさんから

  17. 【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】|幕末ガイド @bakumatsu_gさんから

  18. 確かにこれはすごい!|【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】|幕末ガイド @bakumatsu_gさんから

  19. 波の絵で、世界でも非常に有名な葛飾北斎。日本人にとってもあまりに見慣れたあれ以外の北斎作品もまた凄い。特に老人になってからの作品は圧倒されます。あまり知られていない、“波の絵じゃない”北斎の傑作を紹 Ta

  20. Pingback: NIPPON NEW CULTURES | 銀の翼で飛べ (インドネシア大学院留学中)

  21. Pingback: The Land Hokusai Loved: 13 recommended spots in Obuse, Nagano | tsunagu Japan

  22. Pingback: 有名浮世絵師たちが描いた春画が、性と笑いを融合していて傑作すぎる | 江戸ガイド

  23. Pingback: 葛飾北齋喜歡之地:長野縣小布施町的13個推薦景點 | tsunagu Japan

  24. Pingback: 江戸時代のトイレは紙があった?現代とは違う驚きのトイレ事情をまとめた | 江戸ガイド

  25. Pingback: 江戸時代の平均寿命はなぜ極端に短いのか?その意外な理由と気になる死因とは | 江戸ガイド

  26. Pingback: 浮世絵だけじゃない!江戸時代の傑作絵画が想像以上で驚がくする|厳選42枚 | 江戸ガイド

  27. 【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】|幕末ガイド @bakumatsu_gさんから

  28. 描きも描いたり!そして多くが残されたことに感謝だなあ。北斎本人にとっては、これから描くものだけが問題で、描き上げた作品などどうでもよかったのだろうけれど。あーあたしも長生きせにゃ(そういう問題では

  29. Pingback: 世界が驚いた! 江戸時代の有名浮世絵師の傑作27枚を紹介【海外で人気】 | 江戸ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL